世界でトップシェアを誇るHP(ヒューレット・パッカード)のパソコン製品を調査!HPユーザーによる購入ガイドサイト
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP(ヒューレット・パッカード)について

1939年、ウィリアム・ヒューレットと、デビッド・パッカードが計測器メーカーを創業したのがHPの始まり。1963年に合弁会社として横河ヒューレット・パッカード(YHP)が設立されます。1999年に横河電機と合弁解消となりますが、 日本法人:日本ヒューレット・パッカードとして、米HP社が100%出資する子会社となりました。

HPの歴史

1934年 ウィリアム(ビル)・ヒューレットとデイブ・パッカードが、スタンフォード大学電気工学科を卒業
1938年 ウォルト・ディズニー・スタジオが8台の発振器(HP最初の製品、レジスタンス・キャパシタンスオーディオ発振器:200B)を購入。※映画「ファンタジア」の革新的な音響システムの開発およびテスト用
1939年 ウィリアム・ヒューレットと、デビッド・パッカードにより、計測器メーカーを創業。
(創業地:米国カリフォルニア州パロアルトで、現在も本社を置いている)
※HPという社名はコイン・トスでを決めた。
1943年 海軍研究所向けに、信号発生器およびレーダー妨害装置を開発。マイクロ波市場に参入。
1951年 高速周波数カウンタ(HP 524A)を開発
1956年 初のオシロスコープを生産(130A/150A)。
1957年 上場する
1958年 高品質グラフィック・レコーダ・メーカーのF. L. Moseley Companyを買収
※後のプリンタ事業への参入となる
1962年 フォーチュン誌の米国企業上位500社に初登場 ※460位
1963年 横河ヒューレット・パッカード(YHP)の設立
※横河電機と米HPとの合弁企業(出資:横河電機51%、米HP社49%)
1969年 コンピュータ事業への参入(ミニコンピュータ第1号を市場投入)
1971年 レーザー干渉計を製造(100万分の1インチまで測定可能)
1980年 HP初のパーソナル・コンピュータHP-85を発売
初のレーザー・プリンタを発売
1983年 HP初のタッチスクリーン型パーソナル・コンピュータHP-150を発売
1984年 高品質で低価格の個人用プリンタHP ThinkJetに、サーマル・インクジェット・テクノロジーを導入
※産業用の大型インクジェットはすでにあった
1994年 世界最高の明るさを持つLED(発光ダイオード)を開発
1995年 YHPから日本ヒューレット・パッカード(株)へ社名を変更
HP Pavilion PCによって、家庭用コンピュータ市場への進出
1996年 デイブ・パッカード死去
1998年 HP初のPDA(個人用情報端末)Jornadaが発売
1999年 日本法人:日本ヒューレット・パッカードの設立
※横河電機と合弁解消となり、米HP社が100%出資する子会社となる。
2000年 フォーチュン誌の米国企業上位500社で第13位
2001年 ビル・ヒューレットが死去
2002年 大手PCメーカーのCOMPAQを買収し、大規模な合併
※世界パソコンシェア2位となる(この頃はDELLが1位)
2004年 フォーチュン誌米国企業上位500社で第11位
2006年 世界パソコンシェアが1位となる(第3四半期におけるPC販売台数から)
2007年 世界第1位のIT企業となる
※日本を含む連結決算による総売上高で1,000億ドルを超えた。
個人向けデスクトップPCの東京生産開始
2009年 Electronic Data Systems(ITサービス企業)を合併
2010年 一体型デスクトップPCの東京生産開始
2011年 東京都江東区大島の自社ビル(都内最大級)へ集約および移転
ノートPCの東京生産開始
2006年7月~2011年6月出荷台数にて世界PCシェア1位

2002年に大手PCメーカーのCOMPAQを買収し、世界パソコンシェア2位となりますが、2006年にDELLを抜いて 世界パソコンシェアが1位となります。その後、個人向けPCの東京生産を進め、2006年7月~2011年6月出荷台数にて世界PCシェア1位を誇っています。

個人向けPCの東京生産東京生産。日本人の作業員による組み立てで安心。

世界の5台に1台はHPのパソコン2011年に行われたHPイベントの時のものですが、世界の5台に1台はHPのパソコンという世界的シェア。170カ国以上でビジネスを展開しているグローバル企業です。日本HPのポリシーは、「ユーザー視点での価値ある商品開発、安心のお届けとサポート」といったところ。

プリンターのトップシェア・メーカーでもある

HPプリンターは世界のトップシェア1984年に世界で初めて汎用インクジェットプリンターを発表したのはHPです。1991年にはカラー印刷、2001年には複合機、2003年には無線LANプリンタ、2009年にはWeb接続プリンタ、2010年にはネットプリンターを展開しています。

日本ではEPSONやCANONほどの知名度はありませんが、実はHPプリンターは世界のトップシェアなんです。インクジェットプリンターでは14年連続世界シェアNo.1です。(※1996~2009年世界インクジェット出荷台数) 。これまで累計4億台以上出荷しているそうです。

HP Directplusの4つのメリット

日本HPオンラインストアにも掲載されていますが、ここでは要約してHP Directplusの4つのメリットを述べます。

一人ひとりの要望に応えるカスタマイズ

HP製品を希望に合わせ、自由に仕様をカスタマイズ可能で、注文仕様生産対応製品を豊富にとりそろえています。

豊富な品揃え

PC製品のほか、インクジェットプリンタ、オールインワン・プリンタ、コンパクトフォト・プリンタまで多様に用意

スピーディかつ正確な納期

標準納期として、製品により正式受注後3営業日、5営業日、12営業日の短納期。正式受注後に正式な納品日を確認できます。

シンプルなマシン

使用を制限するようなマシンとならないよう、業界標準の部材、今後業界標準となってゆくであろう部材を厳選。ソフトウェアに関しても、基本的に必要最低限なソフトウェアのみをインストール。

無駄なソフトはない。HPのインストールアプリあるモデルの一例。抱き合わせ販売と思わせるような無駄なソフトはない。セキュリティソフト(マカフィ)がすでにインストールされているところは何とも言えませんが、世間一般的には必要なソフトと言うことで・・・。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP