世界でトップシェアを誇るHP(ヒューレット・パッカード)のパソコン製品を調査!HPユーザーによる購入ガイドサイト
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

日本HPの本社はこんな所!吹き抜け構造本社ビル

生産拠点を海外に置くPCメーカーが多い中、日本HPは国内に自社ビル、HP昭島工場があり、経済面で日本に大きく貢献している企業です。2013年11月に日本HPの大島本社ビルを見学してきたので紹介します。

猿江恩賜公園から横十間川を挟んだ向かい側、東京都江東区大島に日本HP(ヒューレットパッカード)の本社ビルがあります。日本に自社ビルを持つパソコンメーカーは、日本HPだけだと言います。市ヶ谷事業所など東京都内で分散していた事業所や営業所が、2011年5月にこの大島本社ビルに集約し効率化されました。これで各事業所が密に連絡を取り合える環境となったわけです。従業員約6500人を収容しているそうです。

日本HP(ヒューレットパッカード)大島本社ビル自社ビルは日本家屋のデザインを取り入れたらしいです。浸透性舗装の敷地、LEDライトの社内照明などエコロジーな最先端ビル。屋上緑化されており、水景施設、庭園もあります。スローガンは"HP WAY"であり、社員の多様性を尊重していると言われますが、どのような職場環境なのか調査します!

吹き抜けが印象的なエントランス

エントランスを通ると、ビルの吹き抜け構造に目を見張ります。ワンフロアーの面積が都内最大級らしいのですが、この吹き抜けを中心に各フロアの空調がなされています。吹き抜けの天井から自然光が取り込まれており、落ち着いた室内光です。また、エントランスエリアにはHP製品の展示が並んでいます。

hpエントランス吹き抜けの真下には、HP Japan 50th anniversaryの垂れ幕や横断幕があり、業績を上げた実際のHP社員がモデルとして写っています。しかも、環境にやさしいHP Latexインクで印刷されています。

日本HPは2013年で50周年となります。正確には、1963年に横河電機と米国HPの合弁会社として「横河HP」が誕生してから50年目です。現在の日本ヒューレット・パッカードという社名になったのは1995年のことです。
PC分野の参入は1969年、米国HPの100%子会社(日本法人)になったのは1999年、2002年にCOMPAQを吸収合併したことから世界シェアを誇るPCメーカに成長しています。

hpとスポンサー契約社内には、スポンサー契約している女子プロテニスプレーヤー、クルム伊達公子のユニホームとラケットを展示。そして所属契約の女子プロゴルファー 、有村智恵のゴルフクラブなどが展示されています。

1939年、ウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカードが米国カリフォルニア州パロアルトで創業したのがHPの始まり。木箱の中には、HPの創業地となったガレージの釘と板が展示されています。

EBCにおけるIT戦略

IT戦略自社1FにあるEBCとは「HP Executive Briefing Center」のことで、HPのIT戦略をリアルに体験できるブリーフィングセンター。製品展示はもちろんのこと、9面ディスプレイ、プレゼンテーションルーム、ワークショップ、マシンルームなどが置かれています。HPでは、「お客様に最適なITの実現による、ビジネス競争力向上を実現するためのレシピをお作りする空間」といってます。

Imaging & Printing ソリューションセンター

Imaging & Printing EBCの奥にあるのが、「デジタルデータを形に」を体感するがコンセプトのImaging & Printing ソリューションセンター。大型プリンタなど企業向けの製品や実際の印刷物が展示されています。ラッピング印刷などもあります。これまで印刷業者に注文していたが企業がHPプリンタを導入することで、コストダウン化に成功した例もあるそうです。

免震構造のサーバールーム

hpサーバールーム1Fのゲート近くにサーバールームがあり、HP社員でも入室が限定されるセキュリティが厳重なエリア。

ボールベアリング型床免震システム構造サーバールームは、ボールベアリング型床免震システム構造になっており、強化ガラス越しに構造を確認できます。実物のベアリングも展示されていました。支承部:ボールベアリング、減衰機構:オイルダンパ、復元力機構:コイルバネを採用した本格2次元免震という技術だそうです。また、非常用自家発電機も備えてあります。

免震構造床にも免震構造があり、実際にスタッフが床の一枚を持ち上げていました。サーバールームが揺れても、床の一部が浮きあがるため、揺れの力を逃がすことができます。HP本社ビルの開所が2011年5月16日だったので、東日本大震災(3月11日)を体験することはありませんでした。

大規模な社員食堂~半沢直樹のロケ地にも

最上階の8Fには、サッカー場(5600平米)の広さで約900席もある社員食堂があります。8Fから見る吹き抜け構造に気を取られつつも社員食堂を見学します。カフェ、ビュッフェ、丼、ラーメン、グリル、和食、エスニックなど様々な種類があり、社員食堂というよりもテーマパークの巨大フードコートというインパクトを受けます。

hp社員食堂セキュリティの事情で一般には開放されてない食堂ですが、グルメサイト主催での見学会があるほど有名みたいです。500円のワンコインメニューや、低カロリー・野菜120g以上・脂質/塩分控えめのヘルシーメニューなどユニークな献立が見られます。

猿江恩賜公園とhpビルカウンター席では、猿江恩賜公園の四季折々が楽しめ、この時期は紅葉シーズンでした。猿江恩賜公園は1972年まで江戸幕府から続く貯木場だったらしいですね。屋内といい、景色といい、開放的な職場環境です。

半沢直樹の座った席

カウンター席半沢直樹のロケ地にもなっており、このカウンター席は第6話のシーンで使われました。

半沢直樹がすわったテーブル席こちらも同じく第6話のシーンで使われたテーブル席。エキストラとして100名ほどの黒髪のHP社員が出演したそうです。

半沢直樹とは

2013年7~9月まで放送された人気ドラマ。関東では最終話42%という高視聴率。「倍返しだ!」は流行語大賞受賞。

カロリー計算やセルフキャッシュのシステム

セルフキャッシュ食器の裏側にICチップが埋め込んであり、カロリー計算や栄養価表示、nanacoカードの精算によるセルフキャッシュができます。IT企業ならではのシステムですね。

様々な食事スペース

食堂スペーススカイツリーの眺望が楽しめるオープンテラス、接客時によく使われるという高級料理を出す食堂、予約制のお座敷、天井にプロジェクタが設置された食堂スペースなど、大規模な食堂でした。

HPパソコンを購入検討していたなら、「どのような企業なのか」を知るためのよい情報となったのではないでしょうか。HPパソコンのレビューと合わせて購入検討してみてください。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP