HP 22-b000jp購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

広視野角IPSパネル搭載の、21.5インチ一体型。シンプルなスタイリッシュPC

HP 22-b000jp レビュー

HP 22-b000jpの構成 スノーホワイトの21.5インチ一体型。広視野角のIPSパネル搭載で、非光沢なので目に優しい。高解像度のフルHD(1920 × 1080)搭載。下部のスピーカーとスタンド部分は金属加工されており、重厚さのあるデザイン。つなぎ目の少ないユニボディ設計で強固な筐体。奥行き約18.7cmのコンパクト設置が可能。USB3.0端子×2基、USB2.0端子×2基、HDMI出力端子などを装備。左右側面に端子がないのはやや不便か。
プラットフォームは2つあり、低コスト・ロースペックのAirmont設計と、Skylake設計(低消費電力 Uシリーズ)のモデルがある。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報は2016年9月15日レビュー時点。採用パーツの構成やベンダーに関しては、供給状況により仕様変更の場合がある。この実機に基づくレポートであり、購入された場合との一致性は保証していない。詳しくは上記HPサイトでご確認を。

HP 22-b000jpの概要とテクノロジー

HP 22-b000jpではプラットフォームの異なるモデルが混在している。ベーシックモデルではAirmont設計であり低スペック仕様。ネットブックで培ってきた第4世代AtomにあたるPentium J3710 を搭載している。

エントリーモデルとスタンダードモデルでは、Skylake設計のUシリーズ仕様で、Core i3 / i5 のUシリーズを搭載する。無論、Airmont設計のベーシックモデルよりもパフォーマンスは高い。プラットフォームが異なるので、内蔵グラフィックも異なる。またメモリの規格も違っており、Airmont設計ではPC3L-12800 (1600MHz)、Skylake設計(Uシリーズ)ではPC4-17000 (2133MHz) となっている。

レビュー時点では、Airmont設計が最安値で¥56,800 (税抜)~、Skylake設計(Core i3-6100U)搭載モデルの最小構成で¥57,300 (税抜)~となっている。性能とコスパで考えると、Skylake設計のモデルのほうがお勧め。ただし、少しでも低消費電力で低発熱、低価格のモデルと言うなら、Airmont設計のモデルとなる。

アーキテクチャ Airmont設計-Braswell (第4世代Atom)
CPU
  • Pentium J3710 (1.60GHz-2.64GHz、 2MB )
内蔵グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 405 (Pentium J3710搭載時)
ストレージ
  • 500GB HDD(SATA 7200回転)
メモリ
  • 4GB (4GB × 1) PC3L-12800 (1600MHz) (最大8GB)

他は、以下のSkylake設計モデルと共通

アーキテクチャ Skylake設計(低消費電力 Uシリーズ)
ディスプレイ
  • 21.5インチワイド IPSディスプレイ (フルHD / 非光沢)
CPU
  • Core i3-6100U プロセッサー (2.30GHz、 3MBキャッシュ)
  • Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz-2.80GHz、 3MB)
内蔵グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 520
メモリ
  • 4GB (4GB × 1) PC4-17000 (2133MHz) (最大16GB)
  • 8GB (8GB × 1) PC4-17000 (2133MHz) (最大16GB)
ストレージ
  • 1TB HDD(SATA 7200回転)
装備する主要端子 USB3.0端子 × 2基、USB2.0端子 × 2基、HDMI 出力端子、
SDカードリーダ、ギガビットイーサーLAN端子
サイズ(公称値) 約 540mm (幅) x 402mm (高さ) x 187mm (奥行き)  ※通常使用時・傾斜角度100° 時
約 4.80kg
備考
  • スノーホワイト
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • 無線: IEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0
  • 65W 外付AC アダプター 付属

パーツの組み合わせはモデルによって制限されている。

今回レビューした、HP 22-b000jpの構成

今回レビューしたHP 22-b000jpは、 Core i3-6100U搭載のHP 22-b030jpというモデル。 Pentium J3710搭載のHP 22-b010jp はプラットフォームが違うので、デザイン上で若干異なる面があるかもしれない。
HP 22-b000jpの構成

今回レビューした、HP 22-b000jpの構成
(Skylake設計Uシリーズ)

  • Windows 10 (64bit)
  • 21.5インチワイド IPSディスプレイ (フルHD / 非光沢)
  • Core i3-6100U プロセッサー (2.30GHz、 3MBキャッシュ)
  • 4GB (4GB × 1) PC4-17000 (2133MHz)
  • インテル HD グラフィックス 520
  • 1TB HDD(SATA 7200回転)

広視野角IPSディスプレイ

HP 22-b000jpでは、21.5インチディスプレイで、広視野角のIPSパネルを採用している。解像度はフルHD(1920 × 1080)なので、表示できる領域も広い。また非光沢なので、ビジネスなど長時間使用でも目が疲れにくい。

HP 22-b000jp レビュー21.5インチの画面にフルHDなので、ドットバイドット表示でも、文字やアイコンはさほど小さくならない。
(ドットバイドットとは、1pxの情報を「ディスプレイの1ドットで表示させること」で、拡大縮小をしていない状態のこと。ドットバイドット表示以外は尻切れや滲みの原因となる。)

広視野角、高精彩なフルHD(1920×1080解像度)IPSディスプレイを採用。視野角チェック。奥の方は若干、陰になっているが、TNパネルのような気になる色度変移はなく、IPSならではのすっきり感がある。

インテリアに映える、スタイリッシュPCディスプレイベゼルにはWebカメラとデュアルマイクを内蔵、下部にhpロゴのプリント。下部では横一列のスピーカグリル・デザインとなっている。また、パンチング穴の1つが電源ライトとなっており、白く点灯する。あまり目立たないのが目的かもしれないが、最初に見つけたときは、「何か?」と不思議に思った。

HP 22-b000jpのユニボディデザイン

HP 22-b000jpのカラーリングは非光沢で真っ白なスノーホワイト。背面ではさざなみをイメージしたという筋目のテクスチャーデザインになっている。ユニボディなので、つなぎ目が少なく、ポリカーボネート(工業プラスチック)のボディにしては堅牢性がある。
VESAマウントには対応していないので、モニタアームの取り付けはできない。

視野角の広いIPS方式では、様々な角度でも快適に画面を閲覧上部には僅かな隙間があり、排気口となっている。負荷時には風切音がするので、ファンを内蔵していれうようだ。背面のhpロゴは少しだけ立体。

緩やかな曲線を描くスノーホワイトのユニボディHP 22-b000jpの右側面では、DVDスーパーマルチドライブを配置している。トレイ式なので配置の際は若干スペースが必要。

奥行き約18.7cmのコンパクト設計。左側面では装備する端子はない。音量ボタンなどもないので、Windows 10で調整することになる。USBメモリなど頻繁にアクセスするユーザーでは、背面しか端子がないので不便かもしれない。その際は延長ケーブルを使うのの手だろう。ディスプレイの傾け角度は写真の通り。あまり傾く方ではないが、通常の用途であれば支障はない。

背面の装備端子。USB2.0端子×2基、ギガビットイーサーLAN端子、電源コネクタ、USB3.0端子×2基、HDMI出力端子、ヘッドセット端子を配置。上にはセキュリティロック・スロットを配置。

HDMI出力端子(マルチ画面用)があるので、更に大きなディスプレイや、拡張として他のディスプレイに出力が可能。
もしもHDMI端子の入力だったら単なる液晶モニタとして使えるので、個人的にそっちのほうがニーズがあると思うのだが、これはユーザー次第だろう。

底面では電源ボタンとSDカードスロットを配置。どちらも視界に入らないので扱いはやや不便。電源ボタンも手探りとなるが、電源ボタンの位置がだいたい目安になる。ここは慣れるしかないかな、という印象。横長の隙間が吸気口となっている。

HP 22-b000jpのスタンド

第6世代インテル® Core™ プロセッサー※と大容量ストレージ四支点のスタンドとなっている。股下にはケーブル等を通すことができる。見た目では、スタンドがバインバイン跳ねそうに見えるが、スタンド自体はスチール製で強固なので安定している。

設置例と付属品

ディスプレイ下部のスピーカーおよび本体スタンド部分は金属加工のデザインを施すHP 22-b000jpの配置例。一体型なので、机が広々使える。市販でもなんでもワイヤレスキーボードを使えば、簡単にどかせられるので、アナログ作業とのコンビネーションにいい。

65WのACアダプタが付属。ジョイントする電源ケーブルはアース付きなので太め。PCへのケーブルは細めでプラグ先はL字型になっている。

付属している白いキーボードはコンパクトタイプで有線。幅は38センチほどで、狭さはテンキー付きのノートパソコンと似ている。比較として下にDELLの付属キーボードを置いてみた。付属キーボードくらいでこだわることはないのだが、せっかくのデスクトップPCなのに、キーボードを狭くする理由がイマイチ理解できない。

アイソレーションタイプ。Enterキーの左隣あたりのキーがいくつか小さくなっている。ファンクションキーの印字が小さくて読みにくい。

テンキー部分。境目もなく、カーソルキーも同化した配列。デスクトップ用として個人的にNGなキーボード。せっかくの一体型なので市販のワイヤレスキーボードの購入をおすすめする。

チルトスタンドはなく、はじめから勾配になっている。中央には半立体のhpロゴを配置。

付属のマウス。2クリックボタンとホイールの通常マウス。topが光沢なので、指紋の付きがやや気になるかも。マウスの中央を押してもカチカチとクリック音がなるため、ちょっと気になる。

HP 22-b000jp ベンチマークテスト(Core i3-6100U)

HP 22-b000jpの構成

今回レビューした、HP 22-b000jpの構成
(Skylake設計Uシリーズ)

  • Windows 10 (64bit)
  • 21.5インチワイド IPSディスプレイ (フルHD / 非光沢)
  • Core i3-6100U プロセッサー (2.30GHz、 3MBキャッシュ)
  • 4GB (4GB × 1) PC4-17000 (2133MHz)
  • インテル HD グラフィックス 520
  • 1TB HDD(SATA 7200回転)

この構成におけるHP 22-b000jpのベンチマークテストを実施。

Core i3-6100U Core i3-6100Uのスペック。TDP 15Wの低消費電力のUシリーズ。2コア実装でHTテクノロジーによって4スレッド動作する。これに内蔵するグラフィックは、インテル HD グラフィックス520。

Core i3-6100U レンダリングCINEBENCH R15のレンダリングでは、Core i3-6100Uのスコアが246。別のPCの例だが、Core i5-6200Uでは291あり、若干のパフォーマンスアップは期待できる。これくらいだと、体感速度では大きな差を感じられないだろう。
Pentium J3710 の検証はないが、同設計のPentium N3700が141しかないのを見ると、Core i3-6100Uよりだいぶ低処理能力と思われる。

ストリートファイター4およびドラゴンクエストXの ベンチマークテスト。画質デフォルト、1280×720 ウィンドウ表示で測ったところ、いずれも快適レベル。本格ゲームでもこれくらいの負荷のゲームであれば遊べる。

消費電力

HP 22-b000jpの消費電力はいかにいずれもディスプレイ輝度を最大で測っている。PCとディスプレイの合わせた消費電力をチェックした。
アイドル時では31Wほど。CINEBENCH R15のレンダリングでは44Wほど。 ストリートファイター4ベンチマークテスト中では50~55Wあたり、ドラゴンクエストX ベンチマークテスト中では47Wあたり。もともとウルトラブック向けのCPUを搭載しているだけあって、消費電力は低い。

3.5インチHDD

WD10EZEX パフォーマンスこのHP 22-b000jp実機では、HDDにウエスタンデジタル製が搭載されていた。品番から3.5インチHDDが搭載されている事がわかる。パフォーマンスはこの通り。

詳しくはHPサイトにて

HP 22-b000jpについてはhpで購入
HP 22-b000jpの構成

広視野角IPSパネル搭載の、21.5インチ一体型。
シンプルなスタイリッシュPC!HP 22-b000jp

スノーホワイトの21.5インチ一体型。広視野角のIPSパネル搭載で、非光沢なので目に優しい。高解像度のフルHD(1920 × 1080)搭載。下部のスピーカーとスタンド部分は金属加工されており、重厚さのあるデザイン。つなぎ目の少ないユニボディ設計で強固な筐体。奥行き約18.7cmのコンパクト設置が可能。USB3.0端子×2基、USB2.0端子×2基、HDMI出力端子などを装備。左右側面に端子がないのはやや不便か。
プラットフォームは2つあり、低コスト・ロースペックのAirmont設計と、Skylake設計(低消費電力 Uシリーズ)のモデルがある。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP