HPユーザーによるENVY Phoenix 810-180jp購入ガイド。世界でトップシェアを誇るHP調査!
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

ENVY Phoenix 810-180jp~構成例: Core i7-4770K + GeForce GTX 770

Haswell設計(インテルZ87 Express チップセット)のプラットフォームである、ENVY Phoenix 810-180jpをレビューします。ここで紹介する実機では、 Core i7-4770K とNVIDIA GeForce GTX 770を搭載しています。(2014年5月のレビュー)

ENVY Phoenix 810-180jp購入ガイドフロントパネル・カバーを開くと前面端子があり、ENVY Phoenix 810-180jpでは「メモリカードスロットとUSB2.0端子 × 4基」装備しています。カバーに「世界シェアNo.1!MADE IN TOKYO 」のシールが貼付されているのでENVY Phoenix 810-180jpは東京・昭島工場による生産です。そのため、カスタマイズ注文でも基本5営業日で製品をユーザーにお届けできるというメリットがあります。(海外生産だと10営業日というのが一般的)

Beats Audioテクノロジー
天井のメディアトレイ部には、USB3.0端子 × 2基、マイク端子、ヘッドセット端子を装備。オーディオではBeats Audioテクノロジー(デジタル・シグナル・プロセッシング)を採用しており、独自のチューニングが施されています。

ENVY Phoenix 810-180jpのオンボード端子
バックパネルのオンボード端子には、7.1ch対応アナログ音声端子、USB3.0 × 2基、USB2.0 × 2基、SP/DIF端子、ギガビットイーサーLAN端子を装備しています。オンボードのモニタ出力にDVI端子 × 2つを装備していますが、グラフィックカードを搭載しているため使用しません。使わないようにキャップで封印されています。

GeForce GTX 770
今回搭載しているNVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)のモニタ出力には、DVI×2、、HDMI端子×1、DisplayPort×1を装備。2スロット分を占有しています。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー実機:ENVY Phoenix 810-180jpのパフォーマンス

今回は以下の構成になっており、ベンチマークテストを実施しました。搭載しているCPUとGPUは選べるパーツの中で最上位のものです。

Core i7-4820K-ENVY Phoenix 810-190jp

レビューしたENVY Phoenix 810-180jpの構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i7-4770K プロセッサー
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転) × 2台 + 128GB SSD

搭載したSSDとHDDのパフォーマンス

128GB SSD-ENVY Phoenix 810-180jp

CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

処理時間

30秒 スコア⇒29286

当サイト調べによる比較参考データ(デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 24秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + GeForce GTX 660 ⇒ 34秒
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770⇒ 38秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 51秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 571.09
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

当サイト調べによる比較参考データ(過去デスクトップPC)
1280×720 ウィンドウ表示
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 533.75
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4820K + GeForce GTX 760(192-bit) ⇒ 456.69
  • (2013年)Win8 64bit + Core i7-4770 + GeForce GTX 660 ⇒ 436.37
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + Radeon HD 7870 ⇒ 440.47
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770 ⇒ 223.37
  • (2010年)Win7 64bit + Phenom II X6 1055T + Radeon HD 5870 ⇒ 270.16
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 460 ⇒ 292.13
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 200.33

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 452.93
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 253.9
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作
そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1920×1080 フルスクリーン表示

SCORE = 11733
RANK S ⇒ とても快適な動作が見込める。
FF14のできるパソコンとは
負荷レベル:ヘビー

ファイナルファンタジーXIV

2010年9月に発売したPC版ファイナル・ファンタジーの2作目。登場当時としては先を見越した設定となっており、求められるパソコン性能のが非常に高いです。テストではヒューラン(男)で実施。

LOW(1280×720)

SCORE = 6858
(とても快適 )
消費電力
パソコンの消費電力
  • アイドル時の消費電力 ⇒ 50Wあたり
  • バイオハザード5 「ベンチマークテストA」実施中 ⇒ 245Wあたり

ゲーム用途に十分対応できるスペックです。

搭載している主要パーツ
Core i7-4770K とNVIDIA GeForce GTX 770 (2GB) のスペック。Core i7-4770Kは4コア8スレッド動作のCPUで、倍率ロックフリーの上級者向け。 GeForce GTX 770はGPUコアが1536基もあるハイエンド。

ENVY Phoenix 810-180jpのカスタマイズ選択例

2014年5/23調査時における選択可能パーツ。最新状況・詳細はHPサイトで要確認ください。選択肢がハイエンド志向になっているのが特徴的です。

CPUカスタマイズ
  • Core i7-4770
  • Core i7-4770K
グラフィックカスタマイズ
  • NVIDIA GeForce GTX 760( (1.5GB)
  • NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
メインメモリ
  • 8GB(4GB×2)PC3-12800-1600MHz
  • 16GB(8GB×2) PC3-12800-1600MHz
  • 32GB(8GB×4) PC3-12800-1600MHz
ストレージ、HDD-SSD
  • SSD(128/256GB)、1~3TB HDD 、 1TB HDD+ 16GB SSD
    ※RAID1、RAID5構成など多数
光学ドライブのカスタマイズ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)

拡張性のある筐体、メモリスロットは4基使える

ENVY Phoenix 810マザーボード
ENVY Phoenix 810-180jpの内部をみます。PCケースについてはENVY Phoenix 810シリーズ(コンテンツTOP)で紹介したように、光学ドライブ2基、HDDドライブ3基という、なかなかの拡張性を持っています。これらのドライブはネジや工具なしで換装できるという、高いメンテナンス性を誇ります。

Boeblingen Germany‎のHP電源
ENVY Phoenix 810-180jpでは600WのATX電源ユニットを搭載。デュアル・グラフィックに対応しないハイエンドとするならば、合格ラインでしょう。主力となる+12Vが4系統あり、それぞれ16A,18A,12A,10Aの出力(12Vの総出力は540W)です。Boeblingen Germany‎と記載されていますが、ドイツ製なんでしょうか。

810-190jpとは異なるマザーボード
ENVY Phoenix 810-180jpのマザーボードをチェックします。このENVY Phoenix 810-180jpはHaswell設計なので、Ivy Bridge-Eの810-190jpとは異なるマザーボードです。メモリスロットが2基しか使えない810-190jpとは違い、810-180jpでは4基使うことができます。810-190jpよりもスッキリとした印象です。

ENVY Phoenix 810-180jpのmSATAスロット
メモリスロットの横にmSATAスロットの空きが確認できます。

PCI Express x1が2スロット
NVIDIA GeForce GTX 770 (グラフィックカード)の搭載のため、2スロット分を占有しており、後はPCI Express x1が2スロット使える状態です。グラフィックカードの下に無線LANカードが搭載されており、そこにMini PCI Expressスロットがあることが判断できます。

ATX12V(4ピン)のENVY Phoenix 810-180jp製品
簡易水冷式CPUクーラーは、見た目で判断すると810-190jpと同じものと思われます。Core i7のエクストリームエディションが搭載できる810-190jpではCPU電源にEPS12V コネクタ(8ピン)を使っていましたが、810-180jpはATX12V(4ピン)です。

ENVY Phoenix 810-180jp購入ポイント

ENVY Phoenix 810シリーズ全体に言えることですが、光学ドライブ2基、HDDドライブ3基という拡張性に加え、工具レス&ネジフリーという点がオススメです。そしてENVY Phoenix 810-180jpでは、ミニタワーという限られたスペースでも、メモリスロット4基、mSATAスロットを持っています。ただ、EPS12V コネクタではなくATX12Vというところでは、810-190jpよりもオーバークロック用途で劣ると言えます。純粋に本格ゲームや動画編集を楽しむマシンとして、無難なチョイスと思われます。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP