水冷式パソコン!HP ENVY Phoenix 810-290jpレビュー
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

ENVY Phoenix 810-290jpレビュー~Core i7-4960X EE+GeForce GTX 770

HPで最高峰PCのENVY Phoenix 810-290jpをレビューします。ENVY Phoenix 810シリーズの夏モデルにあたります。前モデルであるENVY Phoenix 810-190jpと同じく、Ivy Bridge-E設計(X79 Express チップセット)を採用しています。
Windows 8.1 Update (64bit)に対応するなどカスタマイズに変更がみられ、ユーザーからすれば「わざわざモデル名を変える必要があるのか」という印象です。ただレビュー実機をみるとATX電源が600Wから500Wにスペックダウンされていました。

このENVY Phoenix 810-290jpレビューでは、Core i7-4960X Extreme Edition と、NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)を搭載しています。この構成はENVY Phoenix 810-190jpのときと同じなので、目新しい情報はありませんのであしからず。
重複する内容が多いため割愛している部分はENVY Phoenix 810-190jpのレビューを参考にしてください。

ENVY Phoenix 810-190jpと同じです装備するオンボード端子もENVY Phoenix 810-190jpと同じです。天井ではUSB3.0×2基、マイク、ヘッドセット端子、前面端子ではメモリカードスロットとUSB2.0×4基、背面オンボード端子に7.1ch対応アナログ音声端子、USB3.0 × 2基、USB2.0 × 4基、SP/DIF端子、ギガビットイーサーLAN端子を装備しています。

搭載しているGeForce GTX 770 のモニタ端子は、デュアルリンク DVI-I端子×1、デュアルリンク DVI-D 端子×1、HDMI出力端子×1、DisplayPort×1。

ENVY Phoenix 810-290jp画像

レビューしたENVY Phoenix 810-290jpの構成

  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
  • Core i7-4960X Extreme Edition (3.6 GHz~4.0GHz)
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転) × 2台 + 128GB SSD

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

2014年7/29日時点でのレビュー情報になります。仕様変更等にはご注意ください。調査時点で¥139,800 (税抜)~から販売されています。詳しくは上記リンクのHPサイトへ

600Wから500Wへ容量ダウンした電源

ENVY Phoenix 810-290jpでは500WにダウンENVY Phoenix 810-190jpのATX電源では600Wでしたが、今回のENVY Phoenix 810-290jpでは500Wにダウン。、+12Vが4系統あり、それぞれ10A,18.5A,12A,12Aの出力。1系統の最大をみると18.5Aで、前モデルから+0.5A増えています。総出力を下げた代わりに1系統の最大出力を上げたのでしょうか?(+0.5Aだけですけど)

GeForce GTX 770搭載で500Wはギリギリな感じがしますが、総出力だけで判断するのはナンセンス。ちなみにベンチマーク中のピーク時では270Wの消費でした。ピーク時の使用で54%であれば、ざっくりみて問題無いと思います。

水冷式ゲーミングパソコンマザーボードはENVY Phoenix 810-190jpと同じと思われます。メモリスロットは4基あるものの、2基はラジエータの奥にあるため物理的に使用不可。

GeForce GTX 770 とチューナーカード搭載ENVY Phoenix 810-290jpは、「PCI Express x16×2スロット、 PCI Express x1×2スロット、PCI Express Mini Card ×1スロット」を持ちます。これはGeForce GTX 770 とチューナーカード搭載をした状態。PCI Express x16が1スロット空いています。

Phoenix 810にCore i7-4960X Extreme Edition搭載
搭載しているCore i7-4960X Extreme Editionは6コア実装12スレッド動作。GeForce GTX 770 は、シェーダー数が1536基もあるハイエンドGPU。

CINEBENCH R10のレンダリング
12スレッドのレンダリング風景には圧巻!CINEBENCH R10のレンダリングを24秒で完了

カスタマイズ例~CPUは倍率ロックフリー

レビュー時点でのカスタマイズをピックアップすると、CPUはすべて倍率ロックフリーのCPUで、メーカー保証対象外ですが、オーバークロック設定が可能です。グラフィックカードはGeForceGTX 760、GeForce GTX 770の2点。

ただ、GeForceGTX 760のビデオメモリが1.5GBとあるので、これはリテール品ではなくメモリバス幅192-bitにスペックダウンしたOEM版ではないかと推測されます。ENVY Phoenix 810-290jpは最高峰モデルであるため、コア層からすればちょっと文句言いたくなるですね。GeForce(R) GTX 770 ではリテール品と同じなので、コア層ならやはりGeForce(R) GTX 770を選ぶべきでしょう。

osはWindows
  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
CPUカスタマイズ
  • Core i7-4820K プロセッサー 3.70GHz-3.90GHz
  • Core i7-4930K プロセッサー 3.40GHz-3.90GHz
  • Core i7-4960X プロセッサー エクストリーム エディション 3.60GHz-4.00GHz
グラフィックカスタマイズ
  • NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 760 (1.5GB/ GDDR5)
  • NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 770 (2GB/ GDDR5)


レビューしたENVY Phoenix 810-290jpでベンチマークテスト

今回レビューしているENVY Phoenix 810-290jpでのベンチマークテストですが、OS以外は 前回レビューしたENVY Phoenix 810-190jp と同じ構成ですので最小限のテストにしました。結果はほとんど同じなので、 ENVY Phoenix 810-190jpのベンチマーク記事を参考にしてください。
ENVY Phoenix 810-290jp画像

レビューしたENVY Phoenix 810-290jpの構成

  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
  • Core i7-4960X Extreme Edition (3.6 GHz~4.0GHz)
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転) × 2台 + 128GB SSD
CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

レンダリング

処理時間⇒ 24秒

当サイト調べによる比較参考データ1

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4770K + GeForce GTX 770 ⇒ 30秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4820K + GeForce GTX 760(192-bit) ⇒ 37秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + GeForce GTX 660 ⇒ 34秒
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770⇒ 38秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 51秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒

当サイト調べによる比較参考データ2

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 29秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 1分08秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 1分27秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + GeForce GT 620 ⇒ 44秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-2320 + HDグラフィックス 2000 ⇒ 48秒
  • (2011年)Win7 64bit + Pentium G620 + HDグラフィックス ⇒1分47秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i7-960 + Radeon HD 5870⇒ 46秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒1分40秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 530.22

RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1280×720 ウィンドウ表示(全コア ×41倍のオーバークロック設定時)

AVERAGE FPS 593.36

過去にレビューしたHaswell設計(Core i7-4770K + GeForce GTX 770搭載 )モデルで 571.09という結果があったので、OCなしではそれよりも下の結果となった。Ivy Bridge-Eはスペックそのものが底上げされたとはいえ、基本設計はIvy Bridgeなので、Haswellの前世代というのが拭えない印象。

しかし、Core i7-4960X EEは6コア実装で、HTテクノロジーによって12スレッド動作するし、キャッシュメモリが15MBというモンスター級。これが生かせるような処理では、圧倒的なパフォーマンスがでるのかもしれない。

1280×720 ウィンドウ表示
当サイト調べによる比較参考データ(過去ハイエンドデスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4770K + GeForce GTX 770 ⇒ 571.09
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 533.75
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4820K + GeForce GTX 760(192-bit)⇒456.69
  • (2013年)Win8 64bit + Core i7-4770 + GeForce GTX 660 ⇒ 436.37
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + Radeon HD 7870 ⇒ 440.47
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770 ⇒ 223.37
  • (2010年)Win7 64bit + Phenom II X6 1055T + Radeon HD 5870 ⇒ 270.16
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 460 ⇒ 292.13
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 200.33

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 443.16
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 314.41
90 fps以上~グラフィックを最高にしても非常に快適。

1280×720 ウィンドウ表示(全コア ×41倍のオーバークロック設定時)

AVERAGE FPS 352.06

ENVY Phoenix 810-290jp購入ポイント

搭載できるCPUが全部倍率ロックフリーであるため、オーバークロック(OC)が楽しめます。しかしATX電源容量が前モデルから下げられたため、リスクが大きくなりました。そもそもOCは保証されませんので、レビュー兄さんとしてはこのENVY Phoenix 810-290jpではOCを推奨しません。しかし、自前で電源を換装する分にはベース機として購入対象になると思います。ENVY Phoenix 810-290jpは水冷式パソコンなので、OCはさておき、長時間のゲームに向いているモデルです。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP