HP ENVY 750-080jp購入ガイド(2015年8月12日レビュー時点)
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

Core i7-4790K、GeForce GTX 980が搭載できる、スタイリッシュ!ハイエンド・ミニタワー

HP ENVY 750-080jpレビュー

レビュー HP ENVY 750-080jp

今回レビューした構成: HP ENVY 750-080jp

  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
  • インテル Core i7-4790K プロセッサー (4.00GHz-4.40GHz, キャッシュ8MB)
  • 16GB(8GB×2) PC3-12800 (1600MHz) メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 980 4GB (GDDR5)
  • 256GB SSD + 1TB HDD (SATA, 7200回転) × 2台
  • 2015年8月12日調査
    調査時点の最小構成価格:¥99,800(税抜)~

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2015年8月12日レビュー時点のものです。供給状況により仕様変更の場合があるので、詳しくはHPサイトをご覧ください。

ENVY 750-080jpの装備インターフェース

インテル Z97 Express チップセットを採用したENVY 750-080jpをレビューします。Z97 Express自体は第4世代と第5世代Coreプロセッサーに両対応したチップセットですが、ENVY 750-080jpでカスタマイズサポートされているのは、第4世代のみとなっています。

HP ENVY 750-080jpレビューCPUでは第4世代のCore i5およびCore i7が選択でき、グラフィックカードにはローエンドのGeForce GT 730から、メインストリームのGeForce GTX 960 、ハイエンドのGeForce GTX 980が搭載可能となっています。グラフィックカードのグレード枠に幅があるので、CPU処理メインで購入するなら、ローエンドGPUにして予算を抑える購入ができます。

※ENVY 750シリーズのPCケースデザインは【 HP ENVY 750シリーズのレビュー項目TOP 】 にて解説しています。

レビューしたENVY 750-080jpの構成は以下の通りです。倍率ロックフリーのCore i7-4790K を搭載していますが、マザーボードのVRM(電圧レギュレータモジュール)を見る限り、個人的には「オーバークロックを控えたいかな」と考えます。ただしHPサイトでは次のようなアナウンスしています。「超速クロックにおける動作の安定性、またオーバークロック時の耐性を高めるため、新たな技術も導入されました。」

今回のENVY 750-080jpレビューでは、グラフィックカードに最高カスタマイズであるGeForce GTX 980を搭載しています。上級者も納得の構成です。

2015年夏モデルから登場したHPのハイエンド・ミニターは、前機種のENVY 700シリーズから大幅にデザインが変更されました。フロントパネルにアルミニウム素材を用いて、センターラインを強調したスタイリッシュなデザインです。

装備インターフェース天井面の装備端子は、USB3.0端子×2基、USB2.0端子×2基、ヘッドセット端子、SDカードスロット。

ATX電源搭載背面では上部からATX電源、拡張スロット、排気ファン、オンボード端子の構造です。

オンボード端子オンボード端子では、オーディオには、7.1チャンネルオーディオ対応アナログ端子(サイド、 リア、センター/サブウーハー、フロントスピーカ用)、ライン入力+マイク入力、そして光デジタル端子(S/P DIF)を装備。

USB3.0端子×2基とUSB2.0端子×2基、ギガビットイーサーLAN端子を装備しています。オンボードのモニタ出力にHDMI端子、DVI端子がありますが、グラフィックカード面の端子を使うのでここはキャップで封印されています。

グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 980搭載しているグラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 980 4GB (GDDR5)には、「デュアルリンク DVI-I ×1 、HDMI ×1 、DisplayPort×3」のモニタ出力端子を実装しており、4画面出力に対応しています。なお、グラフィックカードに厚みがあるので2スロット分を占有しています。

東京生産

グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 980ちなみに、ENVY 750-080jpは安心の東京生産。側面にMADE IN TOKYOのシールが貼られています。

パソコン解説

MADE IN TOKYO(東京生産)のメリット

東京都昭島市のHP昭島工場で生産されている製品が、東京生産(MADE IN TOKYO)。HP製品のすべてではないが、多くのモデルが対象でありラベルで判断できる。 組み立てでは徹底したバーコード管理がされている。異なる部品の搭載、または搭載もれがあると、バーコード読み取りでエラーメッセージが表示され、次の工程に進めない。つまり、人為的生産ミスはほぼ無いらしい。

HP昭島工場-MADE IN TOKYO(東京生産)うんちく兄さんは、以前、HP昭島工場を見学してきたぞ。

  • その1: カスタマイズ注文でも「5営業日納品」という早さ。
  • その2: 輸送距離が短く、輸送リスクを削減=故障発生率を低減(1/4に低減させた実績あり)
  • その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い。
  • その4: 国内生産なので、雇用・税金など経済面で日本に大きく貢献。

ENVY 750-080jpの内部

ENVY 750-080jpの内部今回の構成におけるENVY 750-080jpの内部構造です。

逆倒立配置のENVY 750-080jpMicroATXマザーボードが逆倒立配置されており、CPUが一番下に置かれています。

500WのATX電源ユニット搭載!しかも80PLUS BRONZE認証

80PLUSの電源ユニットとは・・・・ENVY 750-080jpで採用総容量500WのATX電源が搭載されています。ちなみこの実機ではLITE-ON製でした。+12Vは4系統もあり合計のMAXは470Wです。ハイエンド機の電源として合格ラインでしょう。しかも変換効率のよい、80PLUS BRONZE電源を採用しています。

パソコン解説

80PLUSの電源ユニットとは・・・・

電源ユニットは言うまでもなく電力を供給するパーツだ。しかし、それ以前にAC/DC変換器でもある。家庭用コンセントには100Vの交流電流(AC)が流れており、パソコンで使う直流電流(DC)に変換するのだ。そしてACからDCに変換するとき、「どれだけ無駄なく変換できたか」の指標が変換効率だ。無駄にした分は熱となって消える。いくら大容量の電源ユニットでも、変換効率が悪いと意味が無いわけだ。

80PLUSの電源ユニット
変換効率で優秀とされる基準は80%だが、研究機関の認証プログラムに申請してクリアした電源に「80PLUSの認証」を得られる。通常はStandardだが、さらに優秀ランク順に~BRONZE ~SILVER ~GOLD ~PLATINUM が付く。 BRONZEの場合、負荷率50%時で変換効率85%をクリアしている。
メーカーパソコンで採用されていたら、かなりの良識待遇だと思うぞ!

グラフィックカード:GeForce GTX 980 と拡張スロット

GeForce GTX 980GeForce GTX 980 のグラフィックカードは長さ約30cm、1kg程あり、「グラフィックス・サポートバー」によって支えられています。補助電源には6ピンの2コネクタ接続。起動中は側面のGEFORCEロゴが光るのですが、パネルでカバーされるので見えません。

マザーボードからコネクタが省略GeForce GTX 980 の厚みで2スロット分を占有。残るスペースは2スロット分ですが、マザーボードからコネクタが省略されており、PCI Express x1を1スロットのみ使うことができます。なお、グラフィックカードの下にちょろっと見えるのは、無線LANカードです。

ストレージ~豊富に搭載!

ENVY 750-080jpの内部では3基のストレージベイがあります(フロント面にもう1基ありますが、未使用および未サポート)。今回の構成では、システム用に2.5インチSSD、データ用に1TB HDD × 2台搭載しています。

ENVY 750-080jpレビュー機ストレージ供給時期によりベンダーは異なると思いますが、このENVY 750-080jpレビュー機の場合のパフォーマンスをチェックしてみます。

SanDisk製ssdSSDにはSanDisk製が採用されていましたが、HDDとは桁違いの速さです。起動がメチャメチャ速いです。とにかくアプリ起動に関連するランダムアクセスが、HDDの比ではないです。

BarracudaHDDにはシーゲート製のBarracuda(ST1000DM003-IER162)が採用されていました。数年前のHDDよりも大分アクセス速度が速くなっていますね。

4基のメモリスロットとMini SATA スロット、CPU周り

注文ではMini SATAへのパーツ搭載サポートマザーボードの左側に、4基のメモリスロットとMini SATA ×1スロットがあります。注文ではMini SATAへのパーツ搭載サポートはないようです。

4フェーズVRM(電圧レギュレータモジュール)装置数が4フェーズ。ミドルレンジでも少ないほうでしょうか。個人的にはオーバークロックは避けますが、HPによると耐えうる設計になっているそうです。むろん、フェーズ数だけで推し量るのは安易ですけどね。

消費電力

ENVY 750-080jp

今回レビューした構成: HP ENVY 750-080jp

  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
  • インテル Core i7-4790K プロセッサー (4.00GHz-4.40GHz, キャッシュ8MB)
  • 16GB(8GB×2) PC3-12800 (1600MHz) メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 980 4GB (GDDR5)
  • 256GB SSD + 1TB HDD (SATA, 7200回転) × 2台

今回の構成における消費電力を測りました。

ベンチマークテストでは114Wアイドル時では39Wあたり。CPUがMAX稼働するCINEBENCH R10ベンチマークテストでは114Wあたり。ストリートファイター4やバイオハザード5動作時では200W近くあります。

ピーク時だと250WファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼアのベンチ中では210Wあたりで、ピーク時だと250W近くにもなります。それでも500W電源搭載なので不安はありません。しかも80PLUS BRONZEだし。

ベンチマークテスト(Core i7-4790K + NVIDIA GeForce GTX 980)

今回のレビュー機では、Core i7-4790K プロセッサー 、 NVIDIA GeForce GTX 980を搭載しています。この構成におけるパフォーマンスをチェックしてみます。

Core i7-4790K + NVIDIA GeForce GTX 980Haswell設計のCore i7-4790K プロセッサーは4コア実装、HTテクノロジーによって8スレッド動作します。TDPは88W。グラフィックカードのGeForce GTX 980では、シェーダー数が2048基。4GB GDDR5のビデオメモリを搭載しています。

ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 284.1
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作

そこそこ負荷のあるバイオハザード6

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1920×1080 フルスクリーン表示

SCORE = 17678
RANK S ⇒ とても快適な動作が見込める

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10

Windows版が2013年9月に発売した「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のベンチマークテスト。登場するキャラクター達が活躍するストーリーが再生される。

ドラゴンクエストXENVY 750-080jpにて

Pioneer Visual Material

BD以上の2D高精細コンテンツ:Pioneer Visual Material の再生

Pioneer Visual Material Movie01は「平均50Mbps、最大70Mbps/VBR」という通常のBDタイトルを超える転送レートの動画コンテンツです。 (※通常のBDタイトルの場合は等速36Mbps、最大Rate 40Mbpsで制限。)これがスムーズに再生できれば、2D高精細コンテンツに十分対応できると判断できます。読み込みが完了して安定したときに、処理時のCPU使用率を確かめます。

Pioneer Visual Material の再生ENVY 750-080jpにてCPU使用率わずか2%。ほぼアイドル時みたいで微動だにせず!16BGメモリ搭載となると、使用率は10%程度で済んでいます。

CINEBENCH R10とストリートファイター4にて、パフォーマンス比較

CINEBENCH R10とストリートファイター4にて、過去のhpハイエンドモデルとパフォーマンス比較してみましょう。

レンダリングテストのCINEBENCH R10

解説:CINEBENCH R10 ベンチマークテストとは

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

ライトなゲームのストリートファイター4

解説:ストリートファイター4 ベンチマークテストとは

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

主に、搭載するグラフィックのパフォーマンスに影響されます。ただし、CPUの影響もわりと受けるため、「グラフィックとCPUの組み合わせ」でパフォーマンスチェックしたほうがいいでしょう。なお、ここでは1280 × 720ウィンドウ表示におけるFPSで比較しています。

CPU、GPU、メモリともに同じ構成のENVY Phoenix 810-480jpとほぼ同じ結果だったので、Core i7-4790K + NVIDIA GeForce GTX 980のパフォーマンスは以下の通りと断定してよさそうです。ついでに過去のhpハイエンドモデルとパフォーマンス比較してみましょう。ちなみにストリートファイター4 ベンチマークテストでは、これまでのHPパソコンレビューの中でトップのスコアです。(2015年8月12日レビュー時点)

ENVY 750-080jpレビュー画像

ENVY 750-080jp

  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
  • インテル Core i7-4790K
  • 16GB(8GB×2) PC3-12800 (1600MHz) メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 980 4GB (GDDR5)
  • 256GB SSD + 1TB HDD × 2台
CINEBENCH R10ベンチマークテスト
28秒
ストリートファイター4・ベンチマーク 626.20
ENVY Phoenix 810-480jp
2015年2月の調査

ENVY Phoenix 810-480jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル Core i7-4790K プロセッサー
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 980 4GB (GDDR5)
  • 512GB SSD + 1TB SATA HDD× 2
  • ENVY Phoenix 810-480jpレビュー
28秒 621.45
Core i7-4820K-ENVY Phoenix 810-190jp
2014年5月調査

HP ENVY Phoenix 810-180jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i7-4770K
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
  • 1TB HDD× 2台 + 128GB SSD
  • ENVY Phoenix 810-180jpレビュー
30秒 571.09
Core i7-4820K-ENVY Phoenix 810-190jp
2014年3月調査

HP ENVY Phoenix 810-190jp

24秒 533.75
ENVY Phoenix 810-290jp画像
2014年7月調査

ENVY Phoenix 810-290jp

  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
  • Core i7-4960X Extreme Edition
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GTX 770 (2GB)
  • 1TB SATA HDD× 2台 + 128GB SSD
  • ENVY Phoenix 810-290jpレビュー
24秒 530.22
Core i7-4820K-ENVY Phoenix 810-190jp
2014年2月調査

HP ENVY Phoenix 810-190jp

37秒 456.69
Z87 Express
2014年2月調査

HP ENVY 700-260jp

37秒 431.55

ファイナルファンタジーXIV ベンチマークテスト

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼアおよび、 蒼天のイシュガルドでは、フルHD(1920 × 1080)最高品質フルスクリーンでチェックしましたが、いずれも「非常に快適」でした。

ENVY 750-080jp購入ポイント

これまでのミニタワーよりもスリムになって設置しやすくなりました。ハイエンド機とは想像できないくらいです。従来のコテコテしたゲーミングPCさはなく、アルミのフロントパネルなどインテリアになじむスタイリッシュなデザインに仕上がっています。ただ、光学ドライブがノート用なのでスペックの低いパーツとなっており、また拡張スロットの少なさは留意しなくてはなりません。

ENVY 750-080jp購入ポイント代わりにストレージベイを4基も有しています。搭載できるパーツもハイスペックです。まとめると、「処理能力・ストレージ・スタイリッシュデザイン」の3点に重点を置いたモデルだと思われます。詳しくはHP公式サイトへ!

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

2015年のレビュー更新