世界でトップシェアを誇るHP(ヒューレット・パッカード)!Pavilion Slimline 400-220jp購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

Pavilion Slimline 400-220jp~構成例:Pentium G3220 + HDグラフィックス

Pavilion Slimline 400シリーズのうち、Haswell設計でH87 Express チップセットを採用したモデル、Pavilion Slimline 400-220jpをレビュー紹介します。Pavilion Slimline 400シリーズの基本情報は、上記のコンテンツTOPでご確認ください。

Pavilion Slimline 400-220jpでは第4世代Core i3、i5、i7が搭載できますが、手元のレビュー実機ではカスタマイズ最下位であるPentium G3220を搭載しています。ローエンドのグラフィックカードが搭載できますが、今回は非搭載の状況です。
よってグラフィック機能にはPentium G3220に内蔵する「インテル HD グラフィックス」が使われます。

前面端子の様子-Pavilion Slimline 400モデル
Pavilion Slimline 400-220jpが装備する前面端子は、「ヘッドフォン端子、USB3.0端子 × 2基、メディアカードスロット」です。メディアカードスロットでは「SD 、SDHC、SDXC 、MS、MSセレクト、MSプロ、MSマジックゲート」に対応しています。

「世界シェアNo.1!MADE IN TOKYO 」のシールが貼付されており、Pavilion Slimline 400-220jpは東京・昭島工場による組み立て製品です。東京生産のメリットは、次の3点。 その1: カスタマイズ注文でも5営業日で納品! その2: 輸送リスク削減で、故障発生率を低減。その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い 。また、今回はPentium G3220搭載なので、Pentiumのブランドシールが右下に貼付されています。

VGA端子とシングルリンクDVI-D 端子
背面のI/Oパネル(バックパネル)には、USB2.0端子×4基、USB3.0端子×2基、ギガビットイーサーLAN端子、オーディオ端子を装備しています。モニタ出力ではVGA端子とシングルリンクDVI-D 端子を装備しており、今回はグラフィックカードを搭載していないので、ここを使います。

Pavilion Slimline 400-220jp購入ガイド

レビューしたHP Pavilion Slimline 400-220jpの構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Pentium G3220(3.0GHz, キャッシュ3MB, 2コア/2スレッド)
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ-1600MHz
  • インテル HD グラフィックス
  • 1TB SATA HDD(7200回転)

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

Pavilion Slimline 400-220jpの構成と、ベンチマークテスト

Pentium G3220とそれに内蔵する インテル HD グラフィックスでは、 ストリートファイター4をHD解像度でプレイできるほどではないレベルです。 娯楽用であれば2D高精細コンテンツがメインとなるでしょう。CINEBENCH R10では、昔のCPU(Core 2 Duo)より速いものの同世代のCore i3よりも遅い結果となりました。
CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

レンダリング

処理時間⇒ 1分27秒

Pentium G620マシン(2011年)よりもやや速くなった様子。第1世代のCore i3-530マシン(2010年)よりは少々速くなったと思われます。

当サイト調べによる比較参考データ(過去デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 1分08秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + GeForce GT 620 ⇒ 44秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-2320 + HDグラフィックス 2000 ⇒ 48秒
  • (2011年)Win7 64bit + Pentium G620 + HDグラフィックス ⇒1分47秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒1分40秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i7-960 + Radeon HD 5870⇒ 46秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 39.23

RANK D ⇒ プレイできるが、処理が重くなることがある。

いずれも内蔵グラフィックでのCore i3-4130マシン、A10-6700マシンに劣る。Core i3-530 + RADEON HD 5450搭載マシンと同じ性能。

当サイト調べによる比較参考データ(過去ローエンド・デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 48.60
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 50.20
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + HD グラフィックス 4000 ⇒ 83.28
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + HDグラフィックス 2500 ⇒ 46.84
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + HD グラフィックス 2000 ⇒ 32.53
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒ 17.44
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + RADEON HD 5450 ⇒ 39.82
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-870 + GeForce GT220⇒ 42.41
ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 25.2(RANK C )
RANK C ⇒ 動作が重く、プレイに支障あり。

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 18.32
25 fps未 ~ゲームの進行が困難。

搭載パーツのカスタマイズ

OSカスタマイズ
  • Windows 8.1 (64bit)
  • Windows 8.1 Pro(64bit)
CPUカスタマイズ
  • Pentium G3220(3.0GHz, キャッシュ3MB, 2コア/2スレッド)
  • Core i3-4130 (3.40GHz, キャッシュ3MB, 2コア/4スレッド)
  • Core i5-4440 (3.10GHz-3.30GHz, キャッシュ6MB, 4コア/4スレッド)
  • Core i7-4770 (3.40GHz-3.90GHz, キャッシュ8MB, 4コア/8スレッド)
グラフィックカスタマイズ
  • インテル HD グラフィックス (Pentium G3220に内蔵)
  • インテル HD グラフィックス 4400 (Core i3-4130 プロセッサーに内蔵)
  • インテル HD グラフィックス 4600 (Core i5-4440、Core i7-4770 に内蔵)
  • NVIDIA GeForce GT 635(2GB)
メインメモリ
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800 (1600MHz)
  • 8GB(4GB×2)
  • 16GB(8GB×2)
ストレージ、HDD-SSD
  • 500GB HDD (SATA, 7200回転)
  • 1TB HDD (SATA, 7200回転)
  • 2TB HDD (SATA, 7200回転)
  • 3TB HDD (SATA, 7200回転)
光学ドライブのカスタマイズ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)

2014年6月11日調査時点におけるカスタマイズ例。搭載できるグラフィックカードはNVIDIA GeForce GT 635(2GB)のみであり、極端なグラフィックパフォーマンスアップは期待できないでしょう。

Core i5-4440、Core i7-4770 であれば、内蔵するグラフィックが「インテル HD グラフィックス 4600」であり、エントリークラスのグラフィックカードに匹敵します。ですから、Pentium G3220+GeForce GT 635の組み合わせより、「Core i7-4770+グラフィックカードなし」の方が費用対効果が高いと思われます。また、Core i7-4770 は上位CPUなので、エンコード作業が中心であれば強力なマシンとなるでしょう。

内部構造~スリム型にしては拡張スロットが豊富

Pavilion Slimline 400-220jpの内部構造
光学ドライブとHDDが各1台搭載できる筐体。前面に吸気ファンを搭載しています。

+12Vは2系統あり
電源ユニットは総出力270Wであり、エントリーレベル。主要な+12Vは2系統ありそれぞれ9A,16Aが最大。

VRMの装置数をフェーズ数
パッシブダクトの付いたCPUファン。ちなみにCooler Masterでした。CPU周りのVRM(電圧レギュレータモジュール)は3フェーズであり、エントリー機であることが確認できます。

VRMは電源ユニットから供給された電圧を「CPUに供給する電圧」に生成する装置。マザーボードへ供給された+12Vや+5V電流の一部が、VRMによってCPUの駆動電圧へと生成されます。 VRMの装置数をフェーズ数といい、複数の位相(フェーズ)のマルチフェーズ方式が採用されています。目安として3~4フェーズあれば標準。

PCI Express スロット
拡張スロットでは、PCI Express x16が1つ、PCI Express x1が3つ装備。PCI Expressスロットの側にはmSATAスロットを装備しています。

Pavilion Slimline 400のメモリスロット
メモリスロットは2基。光学ドライブとメモリの間にケーブルが挟まらないように、いじるときは注意が必要です。

ハーフサイズの無線LNAカードが搭載メモリスロットの隣にMini PCI Expressスロットがあり、オプションでハーフサイズの無線LNAカードが搭載されます。

Pavilion Slimline 400-220jpの購入ポイント

設置しやすいスリム型ですが、拡張スロットが4基もありいろいろと機能が追加できます。(ただし、ロー・プロファイルに限られる)。ローエンドのグラフィックカードしか搭載できず、電源容量も少ないため、本格ゲーム用には向きません。

搭載パーツのポイントとしては、Pentium G3220よりも上位のCore i5-4440、Core i7-4770を選び、内蔵するグラフィック性能を高くしたほうがいいでしょう(HD グラフィックス 4600)。それに上位のCPUを選んでおけばエンコード作業が速くなり、エントリーモデルとはいえ侮れないPCになります。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP