世界でトップシェアを誇るHP(ヒューレット・パッカード)!Pavilion Slimline 400-420jp購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

Pavilion Slimline 400-420jp!構成例: Core i3-4160 + GeForce GT 720

スリムタワーのPavilion Slimline 400-420jpをレビューします。Pavilion Slimline 400シリーズの冬モデルになります。
前モデル220jpや330jpと同様に、Haswell設計でH87 Express チップセットを採用しており、マザーボードにも違いがみられないため、単なるカスタマイズリニューアルとみていいでしょう。ただし、電源が270Wから220Wにスペックダウンしています。PCケースのデザインはシリーズを通して踏襲しており、上記リンクのコンテンツTOPで詳しく解説しています。

Pavilion Slimline 400-420jpのユーザーレビュー
Pavilion Slimline 400-420jp

レビューしたPavilion Slimline 400-420jpの構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i3-4160 プロセッサー 
  • 4GB(4GB×1) メモリ PC3-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 720 : 2GB(DDR3)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
※Pavilion Slimline 400-420jpレビュー は、2014年11月時点の調査

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

2014年11/13レビュー時点では¥49,800 (税抜)~から提供。最新情報は上記リンクにて。

概要とカスタマイズ

Pavilion Slimline 400-420jpは東京生産。以下、概要とカスタマイズについてまとめてみました。

HP昭島工場

MADE IN TOKYO(東京生産)のメリット

  • その1: カスタマイズ注文でも「5営業日納品」という早さ。
  • その2: 輸送距離が短く、輸送リスクを削減=故障発生率を低減。
  • その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い。
  • その4: 国内生産なので、雇用・税金など経済面で日本に大きく貢献。
注目ポイント!
  • Pentium ほか第4世代Core i3/Core i5/Core i7が搭載可能
  • 上位であるインテル Core i7-4790 プロセッサーが搭載できるため、汎用処理ではハイエンド機に大差ない性能。
  • NVIDIA GeForce GT 720 を搭載しておけば、ストリートファイター4がフルHD解像度 (1920 × 1080)でも快適にプレイできる性能。
  • 幅たったの10cmというスリムタワーで設置しやすい
その他、スペック概要
  • インテル H87 Express チップセット
  • 縦置き : 約112×409×324mm / 約6.5kg
  • USB3.0×2(前面)、USB3.0×2、USB2.0×4(背面)、メディアカードリーダー、ヘッドフォン出力、マイク入力、ライン入力、ライン出力、10/100/1000 Mbps オンボードネットワーク
  • PCI Express x16×1スロット(空1)、 PCI Express x1×3スロット(空3)、 PCI Express Mini Card×1スロット(空1)、 Mini SATA×1スロット(空1)
  • 220W電源
留意点
  • ミニタワーほどの拡張性はない
  • 搭載できるグラフィックカードはローエンドで、ロープロファイルに限られる
  • 前モデルの電源270Wから220Wへスペックダウンしているが、もともとローエンド構成モデルなので、シビアになる必要はない。
レビュー時点の搭載パーツ hpのカスタマイズ一覧
OSカスタマイズ例
  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
CPUカスタマイズ例
  • インテル Pentium プロセッサー G3250 ※インテル HD グラフィックス
  • インテル Core i3-4160 プロセッサー ※インテル HD グラフィックス 4400
  • インテル Core i5-4460 プロセッサー ※インテル HD グラフィックス 4600
  • インテル Core i7-4790 プロセッサー ※インテル HD グラフィックス 4600
GPUカスタマイズ例
  • CPUに内蔵する各グラフィック(インテル HD グラフィックス ~)
  • NVIDIA GeForce GT 720 : 2GB(DDR3)
メモリ・カスタマイズ例
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800 (1600MHz)
  • 8GB(4GB×2) PC3-12800 (1600MHz)
  • 16GB(8GB×2) PC3-12800 (1600MHz)
ストレージ
  • ハードドライブ (SATA, 7200回転)
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
  • 2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
  • 3TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
その他オプション
  • 【15倍W録画対応】地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー (専用リモコン付)
  • IEEE 802.11a/b/g/n 、 Bluetooth 4.0
2014年11月時点での予算 最小構成¥49,800 (税抜)~~から

装備端子

Pavilion Slimline 400-420jpの前面端子は、前モデルと同じく「ヘッドフォン端子、USB3.0端子 × 2基、メディアカードスロット」

背面のI/Oパネル(バックパネル)に装備する端子も前モデルと同じ。USB2.0端子×4基、USB3.0端子×2基、ギガビットイーサーLAN端子、2chオーディオ端子を装備。今回はグラフィックカードのNVIDIA GeForce GT 720 を搭載しているので、オンボードのVGAとDVI端子は封印されており、NVIDIA GeForce GT 720 に装備しているDVI端子かHDMI端子を使う。

Pavilion Slimline 400-420jp内部~拡張スロットは4基ある

Pavilion Slimline 400-420jp内部マザーボードには、前モデルと違いは感じられない。

Mini PCI Expressスロットメモリスロットは2基。メモリスロットの隣にMini PCI Expressスロット(無線LAN搭載時に使われる)。

SATAコネクタは4基パッシブダクトの付いたCPUファン。SATAコネクタは4基ありますが、Pavilion Slimline 400-320jpの拡張性では使うのは2基まで。

220Wまで下げられていました搭載電源では、前モデルでは最大出力270Wあったものの、Pavilion Slimline 400-420jpでは220Wまで下げられていました。ストリートファイター4のベンチマークテスト中でも50Wほどの消費電力だったので、ここはシビアに考えなくてもいいでしょう。+12Vは2系統あり、8A,16Aの出力。ローエンド機相応といったところで、ハイエンドグラフィックの搭載やOCするようなPCではないので、普通に使う分には問題ないでしょう。

NVIDIA GeForce GT 720今回、ロー・プロファイル(標準よりも細身のタイプ)のグラフィックカード、「NVIDIA GeForce GT 720」を搭載しており、残りのPCI Express x1が3基使えます。
グラフィックカードの側(PCI Express x16のすぐ隣)にmSATAスロットがありますが、サポートされているカスタマイズ内では使われません。自作経験者なら自前でSSDを搭載して、楽しめると思います。

ベンチマークテスト

今回レビューしているPavilion Slimline 400-420jpでは、Core i3-4160 プロセッサーやNVIDIA GeForce GT 720 : 2GB(DDR3)を搭載した構成となっています。これ構成におけるパフォーマンスを紹介します。

Pavilion Slimline 400-420jp-Core i3-4160Core i3-4160 プロセッサーは2コア実装4スレッド動作のCPU。NVIDIA GeForce GT 720 はシェーダ数が384基。バス幅やビデオメモリをみてもNVIDIA GeForce GT 635と大差がないようです。この構成であれば、バイオハザード5が1280×720 フルスクリーン表示 で快適に遊べるほどのパフォーマンスがあります。

Pavilion Slimline 400-420jp

レビューしたPavilion Slimline 400-420jpの構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i3-4160 プロセッサー 
  • 4GB(4GB×1) メモリ PC3-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 720 : 2GB(DDR3)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
※Pavilion Slimline 400-420jpレビュー は、2014年11月時点の調査
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 ベンチマークテスト

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

レンダリング

処理時間⇒ 58秒

以下、当サイト(姉妹サイトも含む)が過去レビュー機を通して調査したデータと比較してみます。Core i3-4160 プロセッサーとて、2009年のCore i7-860に匹敵するパフォーマンスと見てよさそうです。

当サイト調査の比較参考データ(デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 24秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4770K + GeForce GTX 770 ⇒ 30秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4820K + GeForce GTX 760(192-bit) ⇒ 37秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 29秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 1分08秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 1分27秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + GeForce GT 620 ⇒ 44秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-2320 + HDグラフィックス 2000 ⇒ 48秒
  • (2011年)Win7 64bit + Pentium G620 + HDグラフィックス ⇒1分47秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + GeForce GTX 660 ⇒ 34秒
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770⇒ 38秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒1分40秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i7-960 + Radeon HD 5870⇒ 46秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 51秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒

当サイト調査の比較参考データ(スタンダードノートPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4710MQ + GeForce GTX 860M ⇒35秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4702MQ + GeForce GT 750M ⇒39秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4500U + GeForce GT 740M ⇒1分19秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + AMD A6-5200 + Radeon HD 8400 ⇒ 2分14秒
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4 ベンチマークテスト

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

ローエンドのNVIDIA GeForce GT 720 とはいえ、HD グラフィックス 4400 よりも明らかに高いスコアをだしており、1920×1080 フルスクリーン表示でも快適に遊べます。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 109.40

RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 69.04
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

以下、当サイトが過去レビュー機を通して調査したデータと比較してみます。

1280×720 ウィンドウ表示  当サイト調べによる比較参考データ
(当時において、ローエンドGPUを搭載したデスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 113.59
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 48.60
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 50.20
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 39.23
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + HD グラフィックス 4000 ⇒ 83.28
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + HDグラフィックス 2500 ⇒ 46.84
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + HD グラフィックス 2000 ⇒ 32.53
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒ 17.44
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + RADEON HD 5450 ⇒ 39.82
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-870 + GeForce GT220⇒ 42.41
ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

フルHD解像度 (1920 × 1080)となると、快適とまでは行かないようです。

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 78.8
RANK A ⇒ 快適に動作します。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 42.2
RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 55.24
45 fps以上~65 fps未~標準設定ならストレスなし。高負荷なシーンでは動作が重くなる

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 フルスクリーン表示

SCORE = 3283
RANK B ⇒ 標準的な動作が見込める

FF14-新生エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

2013年8月に正式サービス開始したオンラインゲームMMORPG。不評だった旧版ファイナルファンタジーXIVを根本的に開発しなおし、大幅な変更が加えられた新バージョン。

1280×720 標準 (デスクPC)フルスクリーンモード

6558 とても快適

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10

Windows版が2013年9月に発売した「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のベンチマークテスト。登場するキャラクター達が活躍するストーリーが再生される。

1920×1080 標準品質 ウィンドウ

快適 6153】 快適な動作が見込めます

パソコンの消費電力

今回の構成における、消費電力をチェック

消費電力は変動を繰り返しますが、平均的なワット数を独断でチェックした場合

  • ストリートファイター4 ベンチマークテスト実施中 ⇒ 50Wあたり
  • CINEBENCH R10 ベンチマークテスト⇒ 72Wあたり
  • ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア⇒ 67Wあたり
  • バイオハザード5 「ベンチマークテストA」⇒ 70Wあたり

過去のHPデスクトップレビュー機と比較

Haswell世代で、過去のHPデスクトップレビュー機と比較してみます。CPUの違いが顕著に現れています。また、また内蔵GPUのインテル HD グラフィックス 4600 が結構いいパフォーマンスを出すので、NVIDIA GeForce GT 720の存在意義が微妙な感じです。(CPUの負担軽減の役割はありますが・・。)

製品画像 レビューした構成 CINEBENCH R10ベンチマークテスト ストリートファイター4・ベンチマーク
Pavilion Slimline 400-420jp

HP Pavilion Slimline 400-420jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i3-4160 プロセッサー 
  • 4GB(4GB×1) メモリ PC3-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 720 : 2GB(DDR3)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • 2014年11月時点の調査
58秒 109.40
NVIDIA GeForce GT 640 を搭載のENVY 700-260jp

HP ENVY 700-260jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-4770
  • 16GB(8GB×2)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GT 640 (4GB )
  • 2TB HDD× 2台 + 128GB SSD
  • 2014年5月調査
30秒 136.23
Pavilion 500-340jp

HP Pavilion 500-340jpの構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー (3.20GHz~)
  • 4GB (4GB × 1)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GT 640
  • 500GB HDD(7200回転)
  • 2014年7月調査
40秒 135.90
GeForce GT 635搭載

HP Pavilion Slimline 400-320jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i7-4790 プロセッサー
  • 8GB (4GB×2) PC3-12800メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GT 635(2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • 2014年7月調査
29秒 113.59
Pavilion 500-140jp購入ガイド

HP Pavilion 500-140jp

  • Windows 8(64bit)
  • インテル Core i5 -4440 (3.30GHz)
  • 8GB (4GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • 2014年2月調査
40秒 82.94
Pavilion 22-h140jp

HP Pavilion 22-h140jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 21.5インチワイドフルHD・タッチディスプレイ
  • Core i5-4590T プロセッサー
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
  • 2014年7月調査
48秒 53.34
EliteDesk 800 G1 DMの画像

HP EliteDesk 800 G1 DM/CT

  • Windows 7 Home Premium (32bit)
  • Core i5-4570T
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD SATA3.0(7,200rpm)
2014年10月調査
1分02秒 52.01
Pavilion 500-240jp画像写真

HP Pavilion 500-210jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • AMD Radeon HD 8670D
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
  • 2014年6月調査
1分08秒 50.20
Pavilion 500-240jp買っとくか

HP Pavilion 500-240jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i3-4130
  • 4GB(4GB×1)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • 2014年6月調査
1分03秒 48.60
Pavilion Slimline 400-220jp購入ガイド

HP Pavilion Slimline 400-220jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Pentium G3220
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • インテル HD グラフィックス
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • 2014年6月調査
1分27秒 39.23

Pavilion Slimline 400-420jpの購入ポイント

設置しやすいスリム型ですが、拡張スロットが4基もありいろいろと機能が追加できます。(ただし、ロー・プロファイルに限られる)。ローエンドモデルでありながら、インテル Core i7-4790 プロセッサーが選べるので、エンコード作業がメインであれば、ハイエンド機に迫るパフォーマンスが堪能できます。グラフィックに関しては控えめな電源やローエンドグラフィックカードであるため、本格ゲーム用にはやや不向きですが、ストリートファイター4やバイオハザード5あたりならよさそうです。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP