世界でトップシェアを誇るHPパソコン調査!HP Pavilion 500-210jp~AMD仕様購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP Pavilion 500-210jp~AMD仕様(A10シリーズ搭載)モデル

HP Pavilion 500シリーズのうち、AMDのAPU(A10シリーズ)を搭載したモデル、Pavilion 500-210jpをレビューします。インテルモデル(140jp / 240jp)とは全く異なる設計ですので、装備端子など仕様に変化があります。むろん、OSはWindowsなので操作に違いはありませんが・・。2014年6月の調査時点では、HPデスクトップ人気ランキング3位というモデルです。

装備端子

Pavilion 500-210jp~AMD仕様

外観はインテルモデル(140jp / 240jp)と同じで、前面の装備端子も同じ。(USB3.0端子 × 2基、メディアカードスロットなど)。ただ、MADE IN TOKYOのシールが貼付されておらず、世界シェアNo.1シールのみなので、このPavilion 500-210jp(AMDモデル)は昭島工場の生産ではないようです。

Pavilion 500-210jp~AMD仕様
背面には「USB3.0×2、USB2.0×4、7.1チャンネルオーディオ対応アナログ端子、デジタル音声出力端子(光) 、ギガビットイーサーLAN端子」を装備しています。モニタ出力端子には「VGA端子、デュアルリンク DVI-D端子」を装備しています。インテルモデル(140jp / 240jp)にはない、「 デジタル音声出力端子と7.1ch対応アナログ端子」を装備しているところにメリットを感じます。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー機の構成

搭載パーツ構成を選ぶことができますが、今回調査する構成は以下のとおり。 チップセットにはAMD A75 FCHが採用されています。(2014年6月時点)。今回の構成では、AMD A10-6700 APUを搭載しています。APU 【 Accelerated Processing Unit 】とは CPUとGPUを一つの半導体チップにまとめた統合型プロセッサ。CPUとGPUがプロセッサ内部で交信できるため、高性能化しやすいし、低消費電力化につながります。※現在のインテルCPUでも同様のことをしています。

Pavilion 500-240jp画像写真

レビューしたHP Pavilion 500-210jpの構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ-1600MHz
  • AMD Radeon HD 8670D (A10-6700 APUに内蔵)
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

レンダリング

処理時間⇒ 1分08秒

Core i3-4130搭載PCに近い性能。XPやVista時代の上位CPU搭載PCよりもかなり速くなっている。さすがに第2世代3世代のCore i5より劣る。

当サイト調べによる比較参考データ(デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 1分27秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + GeForce GT 620 ⇒ 44秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-2320 + HDグラフィックス 2000 ⇒ 48秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i7-960 + Radeon HD 5870⇒ 46秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 50.20

RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境。

HD グラフィックス 4400 とほぼ同じくらいと見られます。昔のローエンドグラフィックのRADEON HD 5450よりも性能が高いと思われる。内蔵グラフィックにしては性能が高い。

当サイト調べによる比較参考データ(過去ローエンド・デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 48.60
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 39.23
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + HD グラフィックス 4000 ⇒ 83.28
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + HDグラフィックス 2500 ⇒ 46.84
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + HD グラフィックス 2000 ⇒ 32.53
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒ 17.44
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + RADEON HD 5450 ⇒ 39.82
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-870 + GeForce GT220⇒ 42.41
ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 30.5(RANK B)
RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 24.08
25 fps未 ~ゲームの進行が困難。

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 ウィンドウ表示

SCORE = 1477
RANK C ⇒ プレイは可能だが、処理負荷によって動作が重くなる

AMD A10-6700 スペック

Pavilion 500-210jp~AMD仕様今回はグラフィックカードを搭載していないので、AMD A10-6700 に統合されている、Radeon HD 8670Dが使われます。
AMD A10-6700 は4コア実装のクアッドコアであり、現在のエントリーモデルはマルチタスクにも強いです。3Dゲームのベンチマークテスト結果を見ての通り、ゲーム用には向かないスペックですが、2Dコンテンツを楽しむなら、かなりサクサクこなせます。

2D高精細コンテンツならサクサク余裕!AMD A10-6700の搭載

Pioneer Visual Material Movie01通常のBDタイトルでは「等速36Mbps、最大Rate 40Mbps」で制限されていますが、さらに高画質映像の「Pioneer Visual Material Movie01」を再生してみました。この映像は「平均Rate 50Mbps、最大70Mbps/VBR」という2Dコンテンツのなかではかなり負荷の高い映像です。

このPavilion 500-210jpでチェックしたところ、CPUの負荷率は6%あたり。かなり余裕で処理できていることがわかります。ただ、4GBメモリだと50%近くの使用になっているので、あれこれ同時起動する使い方なら8GBメモリ搭載したほうがいいでしょう。
いずれにしても本格ゲームをしないなら、Pavilion 500-210jpで十分といえます。

インテルモデル(140jp / 240jp)と同じく、300WのATX電源

Pavilion 500-210jpも300WのATX電源
ATX電源ユニットは総容量300Wであり、インテルモデル(140jp / 240jp)と仕様が同じ。(+12Vは2系統あり、それぞれ12Aと16Aの出力)。

ワットチェッカ-Pavilion 500-210jpにて
実機の構成で消費電力を調べたところ、アイドル時で37W前後、高画質映像の「Pioneer Visual Material Movie01」再生時では54Wあたり。ゲームのベンチマーク時では70Wあたりでした。グラフィックカードなしの構成で比較するなら、Core i3-4130 プロセッサー搭載時のPavilion 500-240jpよりも若干消費電力が高め。むろん、補助電源のいるグラフィックカードを搭載しないかぎりは容量不足の心配はないでしょう。

選択できるパーツ例~AMD A10-7800 APUなど

Pavilion 500-210jpでは、比較的カスタマイズ性が低く抑えられています。 しかし、AMD A10-7800 APU(内蔵:AMD Radeon R7)のラインアップがあり、今回の実機構成よりも性能を高めることができます。

OSカスタマイズ
  • Windows 8.1 (64bit)
  • Windows 8.1 (64bit) ※Windows 8.1 Update適用
CPUカスタマイズ
  • AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
  • AMD A10-7800 APU (クアッドコア)
グラフィックカスタマイズ
  • AMD Radeon HD 8670D (A10-6700 APUに内蔵)
  • AMD Radeon R7 (AMD A10-7800 APUに内蔵)
メインメモリ
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800-1600MHz
  • 8GB(8GB×1) PC3-12800-1600MHz
ストレージ、HDD-SSD
  • 500GB HDD (SATA, 7200回転)
光学ドライブのカスタマイズ
  • DVD スーパーマルチドライブ

2014年6月調査時点のものです。

マザーボード~エントリーにしてはお得感が高い

AMDマザーボード
むろん、インテルモデル(140jp / 240jp)とはマザーボードが異なります。

PCI Express
PCI Express × 16が1スロット、PCI Express × 1が3スロットというのは同じ。側にはmSATAスロットではなく、Mini PCI Expressスロットがあります。ただ、調査時点ではこのスロットに挿すハーフサイズ無線LNAカードの選択がありませんでした。

Pavilion 500-210jpを選ぶ好条件
メモリスロットはインテルモデル(140jp / 240jp)よりも多く、4基実装。ここはPavilion 500-210jpを選ぶ好条件となります。

CPU周りのVRM
なぜかSATAコネクタがやたらと多く、6基も実装していました。ただし大半が余ります。CPU周りのVRM(電圧レギュレータモジュール)は6フェーズもあり、エントリーモデルとしては多めの実装。

Pavilion 500-210jpの購入ポイント

インテルモデル(140jp / 240jp)にはない、「 デジタル音声出力端子と7.1ch対応アナログ端子」を装備していたり、マザーボードをみてもメモリスロットの多さなど、Pavilion 500シリーズの中でお得感の高いモデルだと思われます。インテル仕様に拘りがなければAMD仕様のPavilion 500-210jpがお勧めです。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP