HP Pavilion 500-340jp購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP Pavilion 500-340jp~構成例:Core i5-4460 + GeForce GT 640

HP Pavilion 500-340jpのをレビューします。Haswell設計でH87 Express チップセットを採用したモデルであり、前モデルの240jpと140jpと同じです。基本ベースはそのままで、カスタマイズリニューアルモデルと思えばいいでしょう。
Windows 8.1 Update (64bit)に対応したり、搭載できるCPUに新ファミリーが追加されています。

HP Pavilion 500-340jp購入標準装備する端子もこれまでと同じ。前面にUSB3.0端子×2基、カードスロットなどを装備。ちなみに開梱時ではフロントパネルに保護シールが貼られています。またMADE IN TOKYOのシールが貼付されており、Pavilion 500-340jpは東京生産。

USB3.0 ×2基、USB2.0 × 計4基背面のオンボード端子も同じ。USB3.0 ×2基、USB2.0 × 計4基、ギガビットイーサーLAN端子、2chアナログ音声端子装備。今回はグラフィックカードを搭載しているので、オンボードのモニタ出力は使いません。(封印されている)
ATX電源ユニットは総容量300Wであり、前モデルとスペックも同じです。(+12Vは2系統あり、それぞれ12Aと16Aの出力)

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

2014年7/28時点のレビューとなります。カスタマイズPCなので構成は1例です。レビュー時点では¥49,800 (税抜)~から販売されています。詳細は上記リンクまで。

カスタマイズ例

先述の通り、Windows 8.1 Update (64bit)に対応、搭載できるCPUの更新が見られます。前モデルと同様、Haswell設計、 H87 Express チップセット採用に変化はありません。
osはWindows
  • Windows 8.1 Update(64bit)
  • Windows 8.1 Pro Update(64bit )
CPUカスタマイズ
  • インテル Core i3-4130 (3.40GHz/2コア)
  • インテル Core i5-4460 (最大3.40GHz/4コア)
  • インテル Core i7-4790 (最大4.00GHz/4コア)
グラフィックカスタマイズ
  • HD グラフィックス 4400 (インテル Core i3-4130 プロセッサーに内蔵)
  • HD グラフィックス 4600 (インテル Core i5-4460 プロセッサーに内蔵)
  • HD グラフィックス 4600 (インテル Core i7-4790 プロセッサーに内蔵)
  • NVIDIA GeForce GT 640
メインメモリ
  • 4GB (4GBx1) PC3-12800 (1600MHz)
  • 8GB (4GBx2) PC3-12800 (1600MHz)
  • 16GB (8GBx2) PC3-12800 (1600MHz)
ストレージ、HDD-SSD
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 7200rpm)
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 7200rpm)
  • 2TB ハードドライブ (SATA, 7200rpm)
  • 3TB ハードドライブ (SATA, 7200rpm)
光学ドライブのカスタマイズ
  • DVD-ROMドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • ブルーレイROMドライブ
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)
PCI Express x1の拡張カード
  • 地デジチューナーなし
  • 【15倍W録】地デジ/BS/110度CSダブルチューナー (リモコン付)

GeForce GT 640を搭載した構成今回は、地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー とNVIDIA GeForce GT 640を搭載した構成です。カスタマイズPCですので、構成は自分でチョイスできます。

PCI Express x16にグラフィックカード
拡張スロット。PCI Express x16にグラフィックカード(GeForce GT 640)搭載。PCI Express x1にTVチューナー搭載。残りはPCI Express x1が2スロットあります。

Pavilion 500-340jpのマザーボードマザーボードも前モデルとの変化はなし。DDR3のメモリスロット × 2基、mSATAスロット 、Mini PCI Expressスロット(無線LANカード用) 、SATAコネクタ × 4基があります。

Core i5-4460スペックをみよ今回は「Core i5-4460+GeForce GT 640」の搭載で調査します。Core i5-4460は4コア実装、HTテクノロジーがないので、コア数通りの4スレッド動作。

Pavilion 500-340jpのパフォーマンス!ベンチマーク

Pavilion 500-340jp

レビューしたPavilion 500-340jpの構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー (3.20GHz~)
  • 4GB (4GB × 1)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 640
  • 500GB HDD(7200回転)
CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

レンダリング

処理時間⇒ 40秒

最新の第4世代Core i7に迫るパフォーマンスがあるようです。

当サイト調べによる比較参考データ

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 24秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4770K + GeForce GTX 770 ⇒ 30秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4820K + GeForce GTX 760(192-bit) ⇒ 37秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + GeForce GTX 660 ⇒ 34秒
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770⇒ 38秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 51秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒

当サイト調べによる比較参考データ2

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 29秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 1分08秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 1分27秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + GeForce GT 620 ⇒ 44秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-2320 + HDグラフィックス 2000 ⇒ 48秒
  • (2011年)Win7 64bit + Pentium G620 + HDグラフィックス ⇒1分47秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i7-960 + Radeon HD 5870⇒ 46秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒1分40秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 135.90

RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 90.21
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1280×720 ウィンドウ表示
当サイト調べによる比較参考データ(過去ローエンド・デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 113.59
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 48.60
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 50.20
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 39.23
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + HD グラフィックス 4000 ⇒ 83.28
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + HDグラフィックス 2500 ⇒ 46.84
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + HD グラフィックス 2000 ⇒ 32.53
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒ 17.44
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + RADEON HD 5450 ⇒ 39.82
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-870 + GeForce GT220⇒ 42.41
ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 57.1
RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 84.16
65 fps以上~90 fps未 ~グラフィックを高めにしても快適な動作。

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 フルスクリーン表示

SCORE = 3900
RANK B ⇒ 標準的な動作が見込める

消費電力
パソコンの消費電力

今回の構成における、消費電力をチェック

ストリートファイター4 ベンチマークテスト実施中 ⇒ ピークで97Wあたり

Pavilion 500-340jpの購入ポイント

今回はCore i5-4460 プロセッサー搭載でしたが、Core i7-4790が搭載できるので、さらにエンコード処理時間を短縮できます。グラフィックはGeForce GT 640が搭載できますが、ローエンドクラス。そこそこの負荷のゲームであればプレイはHD解像度に限られます。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP