HP Pavilion 500-430jp購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP Pavilion 500-430jp~構成例:AMD A8-7600 APU

HP Pavilion 500シリーズの冬モデルでAMD仕様の、Pavilion 500-430jpをレビューします。インテルHaswell設計のPavilion 500-440jpの対となる製品です。「インテル派ならPavilion 500-440jp、AMD派ならPavilion 500-430jp」という構造になりますが、マザーボードのインターフェース装備ではPavilion 500-430jpのほうが充実しています。

HP Pavilion 500-430jp/CT (AMD)PCケースデザインはPavilion 500シリーズを通して同じです。ミニタワーですが光学ドライブは1基のみ。
またAMD仕様としてはPavilion 500-210jpの後継機になりますが、AMD A75 FCH⇒AMD A78 FCH チップセットに変更され、カスタマイズ内容の刷新があります。また海外生産からMADE IN TOKYO(東京生産)に切り替えられており、フロントパネルにそのシールが貼付されています。(従来ではAMDモデルは海外生産というのが通常だった)。Pavilion 500-430jpの前面にはUSB3.0×2基、メディアカードリーダー、マイク&ヘッドフォン端子を装備しています。

Pavilion 500-430jpの装備する端子背面端子では「USB3.0×2基、USB2.0×4 基、ギガビットLAN端子」を装備。オンボードモニタ出力にVGA、DVI-D 端子を装備。今回のレビュー機ではグラフィックカードが非搭載の構成ですが、AMD Radeon R7 240搭載時はDVI-I端子、HDMI端子が実装されます。

さらにPavilion 500-440jp(インテル仕様)にはない、「デジタル音声出力端子 (光)、7.1チャンネルオーディオ対応アナログ端子」をオンボード装備しています。今回レビューしたPavilion 500-430jp実機では、AMD A8-7600 APUを搭載しており、グラフィックカードなしの構成です。ゆえに内蔵GPUのAMD Radeon R7 グラフィックスを活用しています。

Pavilion 500-430jpアイコン

今回レビューした構成:Pavilion 500-430jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A8-7600 APU (3.10GHz-3.80GHz,)
  • 8GB(4GB×2) DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon R7 グラフィックス
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
  • Pavilion 500-430jpレビュー 2014年12月調査
    予算参考:調査時点の最小構成価格:¥39,800 (税抜)~
HP昭島工場

MADE IN TOKYO(東京生産)のメリット

  • その1: カスタマイズ注文でも「5営業日納品」という早さ。
  • その2: 輸送距離が短く、輸送リスクを削減=故障発生率を低減。
  • その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い。
  • その4: 国内生産なので、雇用・税金など経済面で日本に大きく貢献。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

2014年12/4時点のレビューとなります。カスタマイズPCなので1例構成の紹介です。仕様変更、価格等情報はHPサイトにて。

まるわかり!Pavilion 500-430jpの購入ポイント

Pavilion 500-430jpの購入検討にあたり、選んでお得な注目ポイント、その他知っておくべきスペック、デメリットの留意点、カスタマイズ選択をまとめてみました。2014年12月調査時点のものですので、最終的にはHP公式サイトでご確認ください。

注目ポイント!
  • Pavilion 500-440jp(インテル仕様)にはない、「デジタル音声出力端子 (光)、7.1チャンネルオーディオ対応アナログ端子」をオンボード装備。
  • メモリスロットを4基装備(通常、エントリーモデルは2基の場合が多い)
その他、スペック概要
  • AMD A78 FCH チップセット
  • サイズ:縦置き : 約175mm × 390mm × 368mm / 約6.8kg
  • USB3.0×2 (前面)、USB3.0×2、USB2.0×4 (背面)、ギガビットLAN端子、メディアカードリーダー、デジタル音声出力端子 (光)、7.1チャンネルオーディオ対応アナログ端子など
  • PCI Express x16×1スロット、 PCI Express x1×3スロット、
    PCI Express Mini Card×1スロット
  • 内蔵グラフィックス選択時:VGA、DVI-D 端子
  • AMD Radeon R7 240 選択時:DVI-I端子、HDMI端子
  • 300W ATX電源
留意点
  • 補助電源のいるようなミドルレンジ以上のグラフィックカードは搭載できない
  • 光学ドライブは1基のみ
レビュー時点の搭載パーツ hpのカスタマイズ一覧
OSカスタマイズ例
  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Windows 8.1 Pro Update (64bit)
CPUカスタマイズ例
  • AMD A6-7400K APU(3.50GHz-3.90GHz)
  • AMD A8-7600 APU (3.10GHz-3.80GHz,)
  • AMD A10-7800 APU (3.50GHz-3.90GHz)
グラフィック
  • AMD Radeon R5 グラフィックス(A6-7400K APUに内蔵)
  • AMD Radeon R7 グラフィックス(A8-7600 APU並びにA10-7800 APUに内蔵)
  • AMD Radeon R7 240 /2GB(DDR3)
メモリ・カスタマイズ例
  • 4GB(4GB×1) / 8GB(4GB×2) / 16GB(8GB×2) / 32GB(8GB×4)
    PC3-12800 (1600MHz)
ストレージ・カスタマイズ例
  • 500GB / 1TB / 2TB / 3TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
光学ドライブ・カスタマイズ例
  • DVD-ROMドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
オプション
  • 【15倍W録画対応】地上・BS・110度CS対応ダブルチューナー (専用リモコン付)
  • 無線LANカード: IEEE802.11a/b/g/n 、 Bluetooth 4.0
  • 無線LANカード:IEEE802.11ac/a/b/g/n 、 Bluetooth 4.0

内部構造~電源とマザーボード

Pavilion 500シリーズPCケース自体はPavilion 500シリーズなので、ストレージベイは2基(2.5インチ用 + 3.5/2.5インチ兼用)。
ハイエンドグラフィックカードを収容できるスペースはあるので、高容量のATX電源に換装すれば改造可能な環境です。(メーカ保証されなくなりますが・・。)

総容量300WATX電源ユニットはエントリーらしく総容量300W。12V系統が2つあり、12Aと16Aです。当サイトのレポート内ではPavilion 500-440jp(インテル仕様)と同じ電源ユニットでした。また前モデルのPavilion 500-210jpも同じものでした。

AMD A78 FCH チップセット前モデルと比べて、AMD A75 FCH⇒AMD A78 FCH チップセットに変更されましたが、スロットやコネクタに変更はみられません。PCI Express x16×1スロット、 PCI Express x1×3スロット、 PCI Express Mini Card×1スロット(無線LANカード用)を装備しています。

Pavilion 500-440jp(インテル仕様)よりも豊富な面は次の通り。メモリスロットを4基装備、そしてSATAコネクタが6基もある(ケースの拡張性から使い道はないが・・)。CPU周りのVRM(電圧レギュレータモジュール)は6フェーズもあり、エントリーモデルとしては多めの実装。

公式サイトPavilion 500シリーズの後継と、HPデスクトップPCのキャンペーン最新情報!

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧とキャンペーン詳細はこちら icon

AMD A8-7600 APUのパフォーマンス

今回調査しているPavilion 500-430jp実機ではAMD A8-7600 APUを搭載しています。グラフィックカード非搭載なので、AMD A8-7600 APUに内蔵するAMD Radeon R7 グラフィックスが使われます。手元にある実機にてパフォーマンスを調べてみました。

Pavilion 500-430jpアイコン

今回レビューした構成:Pavilion 500-430jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A8-7600 APU (3.10GHz-3.80GHz,)
  • 8GB(4GB×2) DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
  • AMD Radeon R7 グラフィックス
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
500GB SATA
※搭載されていたHDDのパフォーマンス

AMD A8-7600 APUのスペ ック

AMD Radeon R7 グラフィックスAMD A8-7600 APUおよび、内蔵するAMD Radeon R7 グラフィックスのスペック詳細。CPUコアでは4コア実装しています。TDPは65W。

2D高精細コンテンツ~楽勝楽勝

メモリ使用率は22%「平均Rate 50Mbps、最大70Mbps/VBR」という通常のBDタイトルを超える転送レートの動画コンテンツ再生では、楽勝負荷。CPU使用率は10%以下です。メモリ使用率は22%であり、8GBメモリ搭載だと非常にゆとりがあります。

ストリートファイター4 ~内蔵GPUでフルHDのプレイが快適レベル!

ストリートファイター4(PC版)をPavilion 500-430jpでプレイ 2009年に登場したストリートファイター4(PC版)。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でした。しかし今回のPavilion 500-430jpは、グラフィックカードなしでもフルHD解像度 (1920 × 1080)が快適レベルに達しました。70.09 FPSを記録!!
※ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

ドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10

東京生産『ドラゴンクエストⅩ』推奨パソコン Windows版が2013年9月に発売した「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のベンチマークテスト。
HD解像度設定では、スコア:6799で評価が快適。

東京生産 『ドラゴンクエストⅩ』推奨パソコン HP Pavilion 500-430jp/CT (AMD) が¥42,800 (税抜)~ で販売されており、そのモデルはAMD A6-7400K APU(内蔵:AMD Radeon R5 グラフィックス )が搭載されています(スライムナイト級の認定を取得)。今回のレビュー機では十分性能をクリアしていることが分かります。

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

Pavilion 500-430jpでファイナルファンタジー2013年8月に正式サービス開始したオンラインゲームMMORPG。不評だった旧版ファイナルファンタジーXIVを根本的に開発しなおし、大幅な変更が加えられた新バージョン。 今回のPavilion 500-430jpでは⇒1280×720 標準品質(デスクトップPC)ウィンドウ:スコア5194(とても快適)

ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 68.8
RANK A ⇒ 快適に動作します。

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 51.02
45 fps以上~65 fps未~標準設定ならストレスなし。高負荷なシーンでは動作が重くなる。

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 フルスクリーン表示

SCORE = 2767
RANK C ⇒ プレイは可能だが、処理負荷によって動作が重くなる

パソコンの消費電力

今回の構成における、消費電力をチェック

消費電力は変動を繰り返しますが、平均的なワット数を独断でチェックした場合

  • アイドル時の消費電力 ⇒ 30Wあたり
  • CINEBENCH R10ベンチマークテスト実施中 ⇒ 91Wあたり
  • ストリートファイター4 ベンチマークテスト実施中 ⇒ 78Wあたり

バイオハザード5ほどのゲームでも、HD解像度であれば「 快適に動作する」とのこと。バイオハザード6になるとさすがに厳しい。内蔵グラフィックとはいえ、数年前のゲームであればHD解像度で結構遊べる場合があると思われます。

ベンチマーク比較~Pavilion 500 / Slimline 400シリーズにて

CINEBENCH R10 とストリートファイター4(1280×720 ウィンドウ表示)のベンチマークテストにて、過去のレビューPCと比較してみます。CINEBENCH R10では、レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。
またストリートファイター4ではゲームパフォーマンスとしてチェックします。

AMD A8-7600 APUを搭載した今回のPavilion 500-430jpでは、CINEBENCH R10 が処理時間1分25秒、ストリートファイター4(1280×720 ウィンドウ表示)が108.75 FPSでした。これまでレビューしたPavilion 500シリーズとPavilion Slimline 400シリーズとで比較してみましょう。

ゲームパフォーマンスでは「Core i3-4160 +NVIDIA GeForce GT 720 」のPCに近く、同世代のローエンド・グラフィックカードに匹敵すると思われます。内蔵グラフィックで比べると、インテル HD グラフィックス 4600よりもやや高いと思われます。ただし、CPUパフォーマンスではPentium G3220に近く、第4世代Core i3シリーズよりも低いと考えられます。

製品画像 レビューした構成 CINEBENCH R10ベンチマークテスト ストリートファイター4・ベンチマーク
Pavilion 500-430jpアイコン

HP Pavilion 500-430jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A8-7600 APU (3.10GHz-3.80GHz,)
  • 8GB(4GB×2) DDR3 SDRAM メモリ
  • AMD Radeon R7 グラフィックス
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
1分25秒 108.75
Pavilion 500-340jp

HP Pavilion 500-340jpの構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー (3.20GHz~)
  • 4GB (4GB × 1)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GT 640
  • 500GB HDD(7200回転)
40秒 135.90
GeForce GT 635搭載

HP Pavilion Slimline 400-320jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i7-4790 プロセッサー
  • 8GB (4GB×2) PC3-12800メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GT 635(2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
29秒 113.59
Pavilion Slimline 400-420jp

HP Pavilion Slimline 400-420jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i3-4160 プロセッサー 
  • 4GB(4GB×1) メモリ PC3-12800
  • NVIDIA GeForce GT 720 : 2GB(DDR3)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
58秒 109.40
Pavilion 500-440jp購入ガイド

HP Pavilion 500-440jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル Core i5-4460 プロセッサー
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
40秒 93.34
Pavilion 500-140jp購入ガイド

HP Pavilion 500-140jp

  • Windows 8(64bit)
  • インテル Core i5 -4440 (3.30GHz)
  • 8GB (4GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
40秒 82.94
Pavilion 500-240jp画像写真

HP Pavilion 500-210jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • AMD Radeon HD 8670D
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
1分08秒 50.20
Pavilion 500-240jp買っとくか

HP Pavilion 500-240jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i3-4130
  • 4GB(4GB×1)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
1分03秒 48.60
Pavilion Slimline 400-220jp購入ガイド

HP Pavilion Slimline 400-220jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Pentium G3220
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • インテル HD グラフィックス
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
1分27秒 39.23

備考:CINEBENCH R10ベンチ/ 当サイト調査の比較参考データ(デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 1分27秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒1分40秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒

ストリートファイター4 ベンチ/ 1280×720 ウィンドウ表示
当サイト調べによる比較参考データ(当時において、ローエンドGPU構成のデスクトップPC)

  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + HD グラフィックス 4000 ⇒ 83.28 FPS
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + HDグラフィックス 2500 ⇒ 46.84
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + HD グラフィックス 2000 ⇒ 32.53
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒ 17.44
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + RADEON HD 5450 ⇒ 39.82
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-870 + GeForce GT220⇒ 42.41

Pavilion 500-430jpのレビュー調査 まとめ

メモリスロットが4基ある、オンボードで光音声端子や7.1ch対応アナログ端子を持つなど、インテル仕様のPavilion 500シリーズよりもインターフェース面で有利です。AMD仕様ではこれまでほとんどが海外生産でしたが、Pavilion 500-430jpでは東京生産になっているところも注目できます。

Pavilion 500-430jpにはいくつかのカスタマイズとパーツの組み合わせがあるため、総括して結論を出せませんが、AMD A8-7600 APUを搭載した例でまとめます。CPUパフォーマンスでいうとインテル(4世代Core i3以上)に劣るようで、エンコード処理などがメインであればインテル仕様を選んだほうがいいでしょう。ただし、内蔵グラフィックではこちら(AMD Radeon R7 グラフィックス)のほうが強力みたいです。グラフィックカードを搭載するほどでもないけど、ちょっと負荷のあるゲームをやってみたいというなら選択の余地があります。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

ミニタワー型!HPエントリーデスクトップ!拡張性も重視ししつつ、2D高精細コンテンツやライトなゲーム用に

スリム型!HPエントリーデスクトップ!2D高精細コンテンツ用に

HPハイエンドデスクトップ(空冷式)!本格ゲームや本格的な動画編集に

水冷式!HPハイエンドデスクトップPC、長時間の本格ゲームや動画編集に

設置楽々、一体型パソコン