HP Pavilion 510シリーズ購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

さらにコンパクトなエントリー・ミニタワー

HP Pavilion 510のレビュー

レビュー兄さんのPavilion 510

、【幅】 約 164mm / 【高さ】 約 322mm/ 【奥行き】 約 322mm のエントリー型ミニタワー。Pavilion 550シリーズとデザインがほとんど同じだが、さらにコンパクトな筐体になっている、前面中央のラインにスリム光学ドライブと端子を配置。Pavilion 510シリーズはミニタワーだが、大して拡張性はなくスリム型と同等レベル。ただし、幅があるため、標準サイズのグラフィックカードを搭載できるスペースを持つ。ストレージでは2.5インチと3.5インチの2基搭載の拡張性。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報は2017年1月10日レビュー時点。採用パーツの構成やベンダーに関しては、供給状況により仕様変更の場合がある。この実機に基づくレポートであり、購入された場合との一致性は保証していない。詳しくは上記HPサイトでご確認を。

Pavilion 510シリーズのパーツ構成

シリーズを通してPCケースのデザインは同じだが、カスタマイズ更新したり、新たなテクノロジーを採用して後継機のリニューアルモデルが登場する。各モデルの概要をチェックしてみよう。

Pavilion 510-p100jp(2016年冬~)

Skylake設計を採用したWindows 10 モデル。第6世代Core i3、i5、i7(いずれも低消費電力のTシリーズ)を搭載している。チップセットには「インテルH170 Express」を採用。グラフィックカードの搭載はなく、各CPUに統合されている内蔵グラフィックが使われる。PCI Express x16を1スロット装備しているので、自前でローエンド・グラフィックカードは搭載できる。
チップセット
  • インテル H170 Express チップセット
OS
  • Windows 10 Home (64bit)
CPU
  • Core i3-6100T (3.20GHz, キャッシュ3MB)
  • Core i5-6400T (2.20GHz-2.80GHz, キャッシュ6MB)
  • Core i7-6700T (2.80GHz-3.60GHz, キャッシュ8MB)
内蔵グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 530 (プロセッサーに内蔵
メモリ
  • 4GB(4GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
  • 8GB(8GB×1) PC4-17000 (2133MHz)
ストレージ
  • 1TB HDD (SATA、7200回転)
  • 2TB HDD (SATA、7200回転)
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)

※カスタマイズは2017年1月調査時点。供給状況により異なる場合がある。
パーツの組み合わせはモデルによって制限されている。

Pavilion 510シリーズのPCケースデザイン

Pavilion 510シリーズのPCケース・デザインを紹介する。被写体はPavilion 510-p100jpであり、装備する端子などは各モデルの仕様によって異なる。ここでは筐体のみに注目してほしい。Pavilion 550シリーズとデザインがほとんど同じだが、奥行きが56mm短く、高さが24mm低くなり、さらにコンパクトな筐体になっている、また、前面中央のライン(光学ドライブと端子群)が、シルバーペイントに変わっている。Pavilion 510はミニタワーだが、大して拡張性はなくスリム型とたいして変わらない。ただし、幅があるため、標準サイズのグラフィックカードを搭載できるスペースを持つ。

高い基本性能をそなえた23インチモニタとセッティングしたPavilion 510。※モニタ、キーボードとマウスは他社製

前面デザイン

Pavilion 510-p100jpのサイズ紹介サイズは、【幅】 約 164mm / 【高さ】 約 322mm/ 【奥行き】 約 322mm / 【質量】 約 5.3kg。

並んだテクスチャデザインパールホワイトのフロントカバーはプラスチックで、凹んだドットパターンが並んだテクスチャデザイン。クロム調のhpロゴを一番上に配置している。

ウルトラスリム型光学ドライブノート用のウルトラスリム型光学ドライブを縦置きで配置している。デスクトップ用の5.25インチドライブよりも読み込みが低速になるが、コンパクト優先の構造。

PAVILIONロゴ右下にPAVILIONロゴの印字。

背面デザイン

背面画像Pavilion 510の背面。

PCI Express 電源ユニットはATX電源規格なので、自作できる人なら市販の電源と換装が可能だが、むろんメーカー保証の対象外。電源の下には拡張スロット(標準サイズ)が2基あるが、仕様は搭載されるマザーボード次第である。
一般的なデスクトップPCでは、拡張スロットが一番下に配置されるが、Pavilion 510はマザーボードを反対向きに設置する「逆倒立式」なので、拡張スロットが上に配置される。HPいわく、逆倒立のほうが排熱に効率的とのこと。

ネジ下部に排気ファンが配置されている。

その他、側面デザイン

左右側面。322 × 322mmのほぼ正方形。右側面パネルのCPU付近に吸気口が設けられている。フロントカバー以外はスチール製。

フラットな天井面。フロントカバーの右上に電源ボタンを配置しており、起動時はマークが点灯する。

底面では4箇所にスタンドを配置。前方にゴム足、後方にプレス加工したスタンドとなっている。底面から見ると、フロントカバーに少し隙間があって、そこから吸気できるようだ。

Pavilion 510 筐体の内部

背面に手回しネジがあり、外すと右サイドパネルが後方に引ける。一般的なデスクトップPCでは左サイドパネルが開閉できるが、Pavilion 510はマザーボードが逆倒立配置なので、開けるサイドパネルも逆になる。

サイドパネルは一枚板で、端を折り返すことで強度を上げている。

Pavilion 510の筐体内部。マザーボードはPavilion 510-p100jpの場合なので、ここでは筐体のみに注目してほしい。前方に配置された縦一列のプレートはストレージのマウンタである。後方上部には、奥行き14cmのATX電源が取り付けられている。

ストレージのマウンタには、Aのネジ穴が3.5インチ用、Bのネジが2.5インチ用と刻まれている。

マウンタの上部が3.5インチHDD用となっている。3.5インチHDDは縦長になる配置となり、下の穴からコネクタを接続する構造となっている。

そしてマウンタの下部が2.5インチ・ストレージ用で、横長の位置で配置できる。

ウルトラスリム型光学ドライブの搭載。

後方の下部にPCファン(排気ファン)が取り付けられている。エアーフローは、ファンでPC内部の空気を排気することで自然吸気を促す負圧タイプ。

付属のキーボードとマウス

Slimline 260-p000jpの付属していたキーボード付属する有線キーボードは幅38cmほどのコンパクトタイプ。アイソレーション・キーボードを採用している。操作性としては17インチノートに近く、デスクトップ用のキーボードとしては狭さが否めない。Enterキーボードの左隣などが小さいキーになったり、テンキーとの境目がない、カーソルキーが同化しているなど、指摘する点は多い。チルトスタンドはなく、すでに勾配になった形状をしている。あくまでおまけの付属品として捉えるべきで、レビュー兄さんならお気に入りの市販品を使う。

キーボード比較デスクトップ用で一般的なサイズのものを2点並べてみた。付属キーボードはかなりコンパクトであるが、やはりキーピッチも短く、テンキーの間が狭まっているし、デスクトップ感覚での操作ではない。

17インチノートと同じくらいな効果17.3インチノートのXPS17-L701xと並べてみた様子。付属キーボードのほうが僅かに大きいが、似たようなサイズだ。カーソルキーは小さくないものの、隣のキーに触れやすく使いやすいとはいえない。

Slimline 260-p000jpのマウス同じく付属マウス。トップは光沢ブラックで指紋の付きがやや気になるか。2クリックとホイールの一般的なマウス。サイズも男性から見れば標準的。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP