Pavilion 550-240jp購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

Skylake設計のエントリーミニタワー!幅広いスペック対応で、ミドルユーザーも検討余地あり

HP Pavilion 550-240jpレビュー

Pavilion 550-240jp

今回レビューした、HP Pavilion 550-240jp

  • Windows 10 Home (64bit)
  • インテル Core i5-6400 (2.70GHz~3.30GHz, キャッシュ6MB)
  • 8GB(8GB×1) PC3L-12800 メモリ(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 512GB SSD (SATA)
  • 2016年4月15日調査
    予算参考:調査時点の最小構成価格: ¥64,800(税抜)~

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報は2016年4月15日レビュー時点。採用パーツの構成やベンダーに関しては、供給状況により仕様変更の場合がある。この実機に基づくレポートであり、購入された場合との一致性は保証していない。詳しくはHPサイトでご確認を。

Pavilion 550-040jpの構成例

2015年夏モデルよりデザインを一新したエントリーデスクトップのPavilion 550シリーズで、2016年の春モデルとなるPavilion 550-240jpをレビューする。プラットフォームはSkylake設計で、チップセットは H110 Expressが採用されている。Pavilion 550シリーズのPCケースデザインはPavilion 550シリーズのレビュー項目TOPにて詳しく紹介している。ちなみに550-230jpはハードが同じのWindows 7 Professional モデルである。

前面・背面の装備端子

Core i5-6400搭載搭載のPavilion 550-240jpデザインPavilion 550-240jpの前面インターフェースでは、縦配置にスリム型光学ドライブを搭載している。前面端子にヘッドセット端子、SDカードスロット、USB3.0端子×2基を配置している。

背面に配置するオンボード端子背面のオンボード端子では、5.1 チャンネルオーディオ対応のアナログ・オーディオ端子、USB3.0端子×2基、USB2.0端子×2基、ギガビットイーサーLAN端子を配置。このPavilion 550-240jpレビュー実機ではグラフィックカードなし(内蔵GPU)構成であるため、オンボードのモニタ出力を使うが、HDMI端子 × 2基を搭載している。グラフィックカード搭載時は使用しない。

Pavilion 550-240jpの搭載パーツ例

今回レビューする実機ではCore i5-6400搭載だが、上位のCore i7-6700および、下位にはCore i3-6100が搭載できる。グラフィックでは、内蔵仕様のインテル HD グラフィックス 530を始め、エントリーのGeForce GT 730、メインストリームのGeForce GTX 960があり、エントリーモデルにしては、ユーザーのニーズに合わせて幅広くカバーされている。

装備端子
CPU
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー (3.70GHz, キャッシュ3MB)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー (2.70GHz-3.30GHz, キャッシュ6MB)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー (3.40GHz-4.00GHz, キャッシュ8MB)
GPU
  • グラフィックカード非搭載 : 各搭載CPUに内蔵しているGPUを利用
  • NVIDIA GeForce GT 730 4GB (DDR3)
  • NVIDIA GeForce GTX 960 2GB (GDDR5)
メモリ
  • 4GB(4GB×1) / 8GB(8GB×1) / 16GB(8GB×2) PC3L-12800 (1600MHz)
ストレージ
  • 500GB / 1TB / 2TB / 3TB HDD(SATA, 7200回転)  ※HDDの増設可能
  • 256GB / 512GB SSD (SATA)  ※HDDの増設可能
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、ウルトラスリム)
備考
  • カラーは2色:ブリザードホワイト / サンセットレッド
    サイトにある掲載されているブルー/シルバーは日本未発売

80PLUS BRONZEの、300W ATX電源ユニットを搭載

80PLUS BRONZE搭載電源-hpパソコン上部後方に電源ユニットが配置されている。ATX規格であるため市販の電源と換装できるが、メーカー保証対象外の改造となるのであしからず。奥行きが14cmのATX電源ユニットであれば搭載できる。

PCI Express電源コネクタ6ピングラフィックカードの補助電源用に、PCI Express電源コネクタ6ピン が2コネクタ付いていた。これはGeForce GTX 960搭載時用のものだろう。今回はグラフィックカード無しの構成なので、使わない。

LITE-ON製であり、80PLUS BRONZE認証総容量は300W。メインとなる+12Vは2系統あり、最大はそれぞれ12A,16A。(144W、192W)。
この実機ではLITE-ON製であり、80PLUS BRONZE認証の電源ユニットである。

80PLUSの電源ユニットとは・・・・

電源ユニットは言うまでもなく電力を供給するパーツだ。それ以前にAC/DC変換器でもある。家庭用コンセントには100Vの交流電流(AC)が流れており、電源ユニットがパソコンで使う直流電流(DC)に変換する。ACからDCに変換するとき、「どれだけ無駄なく変換できたか」の指標が変換効率である。変換できなかった電力は熱となって消えるため、いくら大容量の電源ユニットでも、変換効率が悪いとDCで使える電力が減るため、大容量の意味が無い。

変換効率で優秀とされる基準は80%だが、研究機関の認証プログラムに申請してクリアした電源が「80PLUSの認証」を得られる。Standardを始め、優秀ランク順に~BRONZE ~SILVER ~GOLD ~PLATINUM とグレードがある。負荷率50%のときに電源ユニットはベストパフォーマンスを出すが、BRONZEの場合、負荷率50%時で変換効率85%をクリアしている。

グレード 負荷率20%(クリアすべく変換効率) 負荷率50% 負荷率100%
80PLUS Standard 80% 80% 80%
80PLUS BRONZE 82% 85% 82%
80PLUS SILVER 85% 88% 85%
80PLUS GOLD 87% 90% 87%
80PLUS PLATINUM 90% 92% 89%

Pavilion 550-240jp内部~マザーボード

hpパソコン-Pavilion 550-240jpマザーボードPC3L-12800 (DDR3L-1600MHz) のメモリスロットが2基。Skylake設計で可能となったDDR4ではない。
拡張スロットでは「PCI Express × 16、PCI Express × 1」が、各1スロット実装。ミニタワーとしては拡張性が低く、そのへんはエントリーデスクトップと言わざるをえない。

Pavilion 550-240jpの無線LANカードPCI Express × 1スロットの後ろにM.2 スロットがあり、オプションの無線LANカード(IEEE802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.0)を搭載している。

マザーのSATAコネクタとSATAケーブルSATAコネクタが3基あり、SATAケーブルはロック機構付きになっていた。

サムスンのSD-mz7ln512hchp今回の実機ではサムスン製の512GB SSDを搭載している。パフォーマンスでは、シーケンシャルリードでは500MB/s以上あり、SATA接続でもなかなか高速。シーケンシャルライトでも450~500MB/sと速い。

ベンチマークテスト(Core i5-6400搭載時 / グラボなし)

Core i5-6400搭載(インテル HD グラフィックス 530内蔵)にて、Pavilion 550-240jpのベンチマークテストを実施した。
構成は以下のとおりだが、選択するパーツによってパフォーマンスはだいぶ違ってくる。構成の一例として参考に。
Pavilion 550-240jp

今回レビューした、HP Pavilion 550-240jpの構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • インテル Core i5-6400 (2.70GHz~3.30GHz, キャッシュ6MB)
  • 8GB(8GB×1) PC3L-12800 メモリ(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 530
  • 512GB SSD (SATA)

Core i5-6400のスペックをチェック

Skylake設計core i5-6400のスペック表記Core i5-6400のスペック。プロセス14nmのSkylake設計。TDP65Wの通常版。4コアを実装しており、HTテクノロジーはないので4スレッドのまま。内蔵(統合)しているのは、インテル HD グラフィックス 530。

CINEBENCH R15で、CPUパフォーマンス比較

CINEBENCH R15によるcore i5-6400の性能と比較CINEBENCH R15のレンダリングでは、Core i5-6400のスコアが503。
Pavilion 550-240jpでは他に、Core i7-6700、Core i3-6100が搭載できるが、過去にそれらを搭載したPCをレビューしているので参考に比較しておこう。Core i7-6700は754、Core i3-6100は377。Core i7-6700だと、格段にパフォーマンスアップすることが推測できる。

グラフィックパフォーマンス

Core i5-6400搭載時のPavilion 550-240jpベンチマークテスト結果ドラゴンクエストX およびストリートファイター4のベンチマークテスト結果。1280×720 ウィンドウ表示で快適に遊べるパフォーマンスである。(グラフィックは標準品質/デフォルト)

ちなみに、姉妹サイトでは「Core i5-6400 + NVIDIA GeForce GT730 構成」のPCで、ベンチマークテストをしているが、ストリートファイター4のFPS(同条件)は105.67だった。GeForce GT730がなくても、このように84.19 FPSまで行っているので、あまりGeForce GT730を搭載するメリットはないと思われる。恩恵はモニタ出力の端子が追加されるくらいだろう。

NVIDIA GeForce GTX 960 を搭載すれば、飛躍的にグラフィックパフォーマンスが向上するため、ミドルユーザーやゲームユーザーにも選択の余地がある。

消費電力

Pavilion 550-240jpの消費電力を調べた今回の構成における消費電力をチェック。アイドル時(待機時)では13W、CINEBENCH R15のレンダリングでは47W、ゲームのベンチマークテスト中では30W前後。グラフィックカードを搭載していないと、高負荷時でもかなりの低消費電力。300W電源に対して16%程度の使用率。Pavilion 550-240jpのレビューは以上。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP