HP Pavilion 550シリーズ購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

従来の定番を覆し、スタイリッシなデザインとなった!人気エントリーミニタワー

Pavilion 550シリーズのレビューTOP

購入ガイドPavilion 550
Pavilion 550シリーズ

Pavilion 550シリーズは、コストパフォーマンスおよび、スリムPCよりも拡張性を持つエントリーミニタワー。フロントパネルのセンターラインにインターフェースを集約した、スタイリッシュデザイン。メタルコーティングのカラーが綺麗でインテリアにマッチする。光学ドライブにはスリム型を採用。3.5インチHDDベイを2基、標準サイズのグラボが搭載できる拡張性を持つ。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報はレビュー時点。供給状況により仕様変更の場合があるので、詳しくはHPサイトをご覧ください。設置風景にある周辺機器はHPとは関係のない市販品である。

Pavilion 550シリーズのパーツ構成概要

シリーズを通してPCケース・デザインは同じだが、カスタマイズ更新したり、新たなテクノロジーを採用してリニューアルモデルが登場する。テクノロジーの違いはよく確認すべきだが、デザインに関してはシリーズ共通と理解してよい。

Pavilion 550-040jp (2015年夏モデル)

Windows 8.1 モデルであり、第4世代Coreプロセッサーを搭載している(Haswell設計のインテル H87 チップセット採用)。カラーはブリザードホワイト。

Pavilion 550-020jp (2015年夏モデル)

AMD仕様であり、A10-7800 APUを搭載している。Windows 8.1 搭載モデル。インテル仕様よりもややコスパに優れている。

Pavilion 550-140jp (2015年秋冬モデル)

単なるPavilion 550-040jpのカスタマイズ・リニューアルで、ベースは共通(Haswell設計、インテル H87 採用)。新たにWindows 10モデルになっている。カラーではサンセットレッドが追加された。

Pavilion 550-240jp (2016年春モデル)

Windows 10 モデルであり、第6世代Coreプロセッサーを搭載している(Skylake設計のインテル H110 Express チップセット採用)。グラフィックカードにNVIDIA GeForce GTX 960 2GB (GDDR5)が選べるようになり、従来のモデルよりもグラフィック強化が可能となった。ゲームPCなど中級~上級者にも対応できる仕様となっている。メインメモリはDDR3L (PC3L-12800 )であり、Skylakeから対応可能となった次世代のDDR4規格ではない。

Pavilion 550-230jp (2016年春モデル)

ハードはPavilion 550-240jp と同じで、Windows 7 Professional モデル。(Windows 10 Pro からのダウングレード権を利用)

Pavilion 550シリーズのパーツ構成例

モデル

HP Pavilion 550-040jp の構成(2015年夏モデル)

チップセット
  • インテル H87 チップセット
OS
  • Windows 8.1 Update (64bit)
CPU
  • インテル Core i3-4170 プロセッサー (3.70GHz, キャッシュ3MB)
  • インテル Core i5-4590 プロセッサー (3.30GHz-3.70GHz, キャッシュ6MB)
  • インテル Core i7-4790 プロセッサー (3.60GHz-4.00GHz, キャッシュ8MB)
GPU
  • グラフィックカード非搭載 : 各搭載CPUに内蔵しているGPUを利用
  • AMD Radeon R7 240 グラフィックス
  • GeForce GTX 750 Ti のセット(本体とは別梱包で、ご自身で取り付け・設定するプラン)
メモリ
  • 4GB(4GB×1) / 8GB(8GB×1) / 16GB(8GB×2) PC3-12800 (1600MHz)
ストレージ
  • 500GB / 1TB / 2TB / 3TB HDD(SATA, 7200回転)  ※HDDの増設可能
  • 512GB SSD (SATA)  ※HDDの増設可能
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、ウルトラスリム)

※供給時期により、構成が更新される場合もあり。

モデル

HP Pavilion 550-020jp の構成(2015年夏モデル)

チップセット
  • AMD A78 FCH チップセット
OS
  • Windows 8.1 Update (64bit)
CPU
  • AMD A10-7800 APU (3.50GHz-3.90GHz, 4MB L2キャッシュ, 4コア)
GPU
  • AMD Radeon R7 グラフィックス (APU内蔵)
  • GeForce GTX 750 Ti 2GB S.A.C
他の固定構成
  • 8GB(8GB×1) PC3-12800 (1600MHz)
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
  • DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)

※供給時期により、構成が更新される場合もあり。

モデル

HP Pavilion 550-140jp の構成(2015年秋冬モデル)

チップセット
  • インテル H87 チップセット
OS
  • Windows 10 Home (64bit)
  • Windows 10 Pro (64bit)
CPU
  • インテル Core i3-4170 プロセッサー (3.70GHz, キャッシュ3MB)
  • インテル Core i5-4670 プロセッサー (3.40GHz-3.80GHz, キャッシュ6MB)
  • インテル Core i7-4790 プロセッサー (3.60GHz-4.00GHz, キャッシュ8MB)
GPU
  • グラフィックカード非搭載 : 各搭載CPUに内蔵しているGPUを利用
  • NVIDIA GeForce GT 730 4GB (DDR3)
備考
  • メモリ、ストレージ、光学ドライブは、Pavilion 550-040jpと同様
  • カラーは2色:ブリザードホワイト / サンセットレッド

※供給時期により、構成が更新される場合もあり。

モデル

HP Pavilion 550-240jp / 230jp (2016年春モデル)

チップセット
  • インテル H110 Express チップセット
OS ※HP Pavilion 550-240jp
  • Windows 10 Home (64bit)
  • Windows 10 Pro (64bit)
※HP Pavilion 550-230jp
  • Windows 7 Professional (64bit) (Windows 10 Pro からのダウングレード権を利用)
CPU
  • インテル Core i3-6100 プロセッサー (3.70GHz, キャッシュ3MB)
  • インテル Core i5-6400 プロセッサー (2.70GHz-3.30GHz, キャッシュ6MB)
  • インテル Core i7-6700 プロセッサー (3.40GHz-4.00GHz, キャッシュ8MB)
GPU
  • グラフィックカード非搭載 : 各搭載CPUに内蔵しているGPUを利用
  • NVIDIA GeForce GT 730 4GB (DDR3)
  • NVIDIA GeForce GTX 960 2GB (GDDR5)
メモリ
  • 4GB(4GB×1) / 8GB(8GB×1) / 16GB(8GB×2) PC3L-12800 (1600MHz)
ストレージ
  • 500GB / 1TB / 2TB / 3TB HDD(SATA, 7200回転)  ※HDDの増設可能
  • 256GB / 512GB SSD (SATA)  ※HDDの増設可能
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)
  • ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応、ウルトラスリム)
備考
  • カラーは2色:ブリザードホワイト / サンセットレッド
    サイトにある掲載されているブルー/シルバーは日本未発売

※供給時期により、構成が更新される場合もあり。

HP Pavilion 550シリーズのPCケースデザイン

まず、Pavilion 550のPCケース・デザインをチェックする。HPでは時期によってリニューアル・モデルが登場するが、シリーズを通して筐体デザイン(PCケース)自体は共通である。ここで掲載している写真はPavilion 550-040jpのモデルとなるが、デザイン自体の参考にしてほしい。なお、PCケースに搭載されるパーツやインターフェース、マザーボードの仕様などはモデルごとによって異なる場合があるので確認が必須である。

HP Pavilion 550シリーズPCケースデザイン前シリーズであるPavilion 500から大幅にデザインが変わった。永らくピアノブラックが定番だったが、2015年夏モデルよりPavilion 550が新登場となり、ホワイトとセンターラインが印象的なスタイリッシュ・デザインへと変更している。※2015秋冬モデルよりレッドが追加された。

このセンターラインに光学ドライブや端子などのインターフェースが集約されているので、見た目が非常にスッキリしている。インテリアとマッチするので、女性にも購入しやすくなったデザインだと言える。

Pavilion 550シリーズのケースサイズ

Pavilion 550シリーズのサイズと重量 幅:約 165mm 、高さ:約 364mm 、奥行き: 約 378mm 。 重量は構成にもよるが、目安として 6.2kg ほど。
一般的なエントリーミニタワーと比べると拡張性が低い分、奥行が短めであり設置しやすいのが特長。メーカー推奨ではないが、排気口のない左パネルを地面に接すれば、Pavilion 550の横置きが可能だろう。

梱包Pavilion 550-040jpの梱包風景。付属品は時期や注文により異なる。

スタイリッシュになった、フロントパネルデザイン

メタルコーティングのPavilion 550-040jpドットパターンの窪みが綺麗に並んだ前面パネルで、メタルコーティングにより、パール・ホワイトのような輝きがある。半光沢といった印象で、ツヤツヤ過ぎないところがナイス。比較的、指紋が付きにくい感じだ。前面パネルの上部中央にミラー調のhpロゴが配置されている。

サンセットレッドなお、Pavilion 550-140jp (2015年秋冬モデル) から、フロントパネルにサンセットレッドが追加された。

シャアザク赤と黒のツートンがシャアザクっぽい。

前面の装備インターフェース

光学ドライブのイジェクトボタン中央よりやや上の位置に光学ドライブのイジェクトボタンがある。ミニタワーとしては珍しく、ノートパソコンで使われるスリム型ドライブが採用されている。ドライブが縦配置になっており、「これ、ディスク落ちないの?」と心配になりそうだが、軸にカチッとはまっていれば大丈夫だ。ただ、はまる前に手を放したら落ちるので注意が必要。(そもそもスリムドライブは縦置き用ではないのが普通)

Pavilion 550-040jpが装備する前面端子中央より下方には、ヘッドセット端子、SDカードスロット、USB3.0端子×2基を装備。SDカードを挿入すると少し出っ張り気味になる。インターフェースがセンターラインに同化しているので見た目はスッキリしたものの、視認性が犠牲になっており、薄暗い場所だとちょっと目を凝らさなければいけない(かも)。なお、このセンターラインにはヘアライン加工がされておりメタル風のデザインだ。このラインの一番下には、Bang & Olufsen(バング&オルフセン)のロゴが印字されている。

チューニングのテクノロジはBang & Olufsenデンマークの老舗オーディオメーカーおよびブランドで、サウンド・チューニングのテクノロジーが採用されている。ユーティリティソフトにて、好みのイコライジングを楽しむことができる。※ユーティリティソフトのデザインは変更されている場合もある。

側面デザイン

Pavilion 550-040jpの電源ボタン前面パネルの天井面、右端に電源ボタンが配置されている。起動するとLEDでマークが点灯。

底面デザイン底面側では手前2箇所にゴム足が配置されている。見える場所ではないが、センターラインは底面まで伸びている。

HP昭島工場側面にMade in Tokyoのあるモデルは、東京都のHP昭島工場で生産されている。これはPavilion 550-040jpのものだが、その他のモデルではHPサイトで確認するといいだろう。

MADE IN TOKYO(東京生産)のメリット

東京都昭島市のHP昭島工場で生産されている製品が、東京生産(MADE IN TOKYO)。HP製品のすべてではないが、多くのモデルが対象でありラベルで判断できる。 組み立てでは徹底したバーコード管理がされている。異なる部品の搭載、または搭載もれがあると、バーコード読み取りでエラーメッセージが表示され、次の工程に進めない。つまり、人為的生産ミスはほぼ無いという。 (写真はレビュー兄さんが工場見学したときのもの)

HP昭島工場-MADE IN TOKYO(東京生産)
  • その1: カスタマイズ注文でも「5営業日納品」という早さ。
  • その2: 輸送距離が短く、輸送リスクを削減=故障発生率を低減(1/4に低減させた実績あり)
  • その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い。
  • その4: 国内生産なので、雇用・税金など経済面で日本に大きく貢献。

逆倒立設計により、一般的なミニタワーとは逆の構造

Pavilion 550シリーズの逆倒立設計Pavilion 550シリーズでは、HPの考えるエアーフローによってマザーボードの逆倒立設計が採用されている。そのため、拡張カードスロット(PCI Express スロット)が中央あたりに位置し、PCケースファンが下部に配置される。逆倒立設計のため、開閉するサイドパネルは右側面側となっている。下部にマザーボード直付のオンボード端子が配置されているが、これは各モデルごとで紹介する。

左サイドパネルには通気口はなく、右サイドパネルに3箇所の通気口。ストレージ2基分とCPU側の1基だ。エントリー構成のためかPCI Express スロット側には通気口はない。CPU側の通気口で充分なのでしょう。

Pavilion 550-サイドパネルサイドパネルは1枚板の端を折り返して強度を上げた簡易なもの。特別な剛性はないが、エントリーモデルであればだいたいこんなものだ。ペラペラした様子もないので特に気にはならない。

HPのマザーボード逆倒立設計(配置)とは・・・・

HPの逆倒立設計では、Micro ATX仕様のマザーボードを「天地逆」に配置している。一般的にはCPUはPCの中央辺りに配置されるが、逆倒立によって底部に配置される。これにより、CPUや電源ユニットなどが発する熱をPC内部にこもらせる事なく、 その発生源から排熱までのエアフローを最適化しているという。

hpの逆倒立設計HPパソコンでは逆倒立設計のため、開閉するサイドパネルが右側面パネルとなり、一般とは反対側のパネルとなる。また、一般的なパソコンではPCI Expressスロット(グラフィックカード等)が一番下にくるが、逆倒立では中央に配置される。

マザーボード配置例

hpの逆倒立とはPavilion 550-040jpのマザーボード配置例。逆倒立でどれほどの効果がでるのか不明だ。が、少なくても電源ユニットとCPUの距離を離すことができる点はメリットかも。※マザーボードは、Pavilion 550シリーズであってもモデルごとによって異なる。写真はPavilion 550-040jpの場合。

Pavilion 550-040jpのPCケースファン下部に配置されているPCケースファン(排気ファン)

拡張スロット

PCI Express スロット拡張カードスロット(PCI Express スロット)。PCケースの見た目は4スロット分だが、マザーボード側で省略されている場合があるので、使えるスロット数はマザーボード次第だ。これは各モデルごとで紹介する。固定金具とビス1本でまとめて拡張カードやブラケットが固定される構造となっている。

Pavilion 550シリーズのストレージベイ

Pavilion 550-ストレージベイ2基サイドパネルを開けたときの筐体。Pavilion 550シリーズのPCケースでは、前面側の縦一列にストレージベイ2基がある。

3.5インチHDDまずは下段側のストレージベイで、3.5インチHDDが立てた状態で固定される。

2.5インチ/3.5インチ兼用その上段側のストレージベイは、2.5インチ/3.5インチ兼用ベイとなっている。この写真の例では2.5インチのSSDが搭載されている。前モデルPavilion 500シリーズでは、3.5インチHDDが2台搭載でない構造だったので、これはよい改善点だ。。

光学ドライブベイ(スリム)を1基装備

avilion 550シリーズではデザイン性スリム型(ノート用)の光学ドライブが縦の位置で設置されている。本来であればデスクトップ用の光学ドライブのほうが読み込み速度が速くて高スペックだ。が、Pavilion 550シリーズではデザイン性を重視したようだ。。若干省エネという面ではメリットでしょう。

ATX電源ユニット

ATX規格背面の上部に電源ユニットが配置されている。これは自作PCでもおなじみのATX規格の電源であるため、メーカー保証対象外だが市販のATX電源と換装が可能だ。奥行きが14cmであれば収まる。搭載されている電源ユニットの詳細は各モデルごとのレビューページで紹介する。

Pavilion 550シリーズのPCケースにおける総評

構成やスペックにおける評価は各モデルごとで解説するが、ここではPavilion 550シリーズのPCケースにおける総評を述べる。まず大きな評価点としては、センターラインにインターフェースを集約してスタイリッシュデザインに仕上げたことが挙げられる。メタルコーティングのホワイトが爽やかなので、女性陣のユーザーも取り込めるのではないだろうか。

ミニタワーなので標準サイズのグラフィックカードが搭載でき、3.5インチHDDが2台まで搭載できる拡張性がメリットだ。ATX電源というのも換装という手段を選べる。しかし、光学ドライブはスタイリッシュを優先したためスリム型であり、デスクトップ用の内蔵光学ドライブよりもスペックがダウンする点がデメリット。(主に高速読み取りの面なので、普段使いには関係ない)

Pavilion 550シリーズのPCケースにおける総評-購入かいなかミニタワーのメリットとしては、拡張スロット数が挙げられるが、近年ではマザーボード側で削られてしまう構造がみられ、ミニタワーの筐体サイズが無駄になっている傾向がある。つまり、昔ほどのメリットはないようだ。エントリーモデルなら、「いっその事、スリム型パソコンにしたほうが設置性でよかった」なんてことにならないように留意したい。ひとつフォローを入れるなら、内部がスカスカなのでパーツの密集がなく、排熱面では有効的なのは確か。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

2015年のレビュー・ピックアップ