HP Pavilion Wave 600シリーズ購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

リフレクターにより360度サウンドが広がる!スピーカー内蔵デスクトップPC

HP Pavilion Wave 600 レビュー

Pavilion Wave 600の特徴と画像でレビューガイド
Pavilion Wave 600-000jpのレビュー記事

トライアングラー・フォームという、丸みを帯びた三角柱のコンパクト筐体。55mmビルト・イン・スピーカーを内蔵しており、リフレクターにより360度サウンドが広がる。織物の布地(ファブリック素材)を巻きつけてあり、リビングにもフィットする。シンメトリーなデザインなので前後を気にせず自由に配置できる。M.2 SSD(PCI Express接続)と3.5インチHDDのデュアルストレージ構成が可能で、コンパクトながら、意外とスペックは高い。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報は2016年10月15日レビュー時点。採用パーツの構成やベンダーに関しては、供給状況により仕様変更の場合がある。この実機に基づくレポートであり、購入された場合との一致性は保証していない。詳しくは上記HPサイトでご確認を。

Pavilion Wave 600シリーズの概要

シリーズを通してPCケースのデザインは同じだが、カスタマイズ更新したり、新たなテクノロジーを採用して後継機のリニューアルモデルが登場する。各モデルの概要をチェックしてみよう。

Pavilion Wave 600-000jp(2016年秋)

Skylake設計で、第6世代Core i3 / i5 / i7のTシリーズを採用(テスクトップ向けの低消費電力版CPU)。単体GPUとして、AMD Radeon R9 m470 グラフィックスの選択肢がある。M.2 SSD(PCI Express接続)と3.5インチHDDのデュアルストレージ構成が可能。コンパクトながら、意外とスペックは高い。HDMI端子、Display Port 端子を装備しているので、モニタへのデュアル出力が可能。

アーキテクチャ Skylake設計(低消費電力 Tシリーズ)
チップセット インテル H170
CPU
  • Core i3-6100T プロセッサー (3.20GHz)
  • Core i5-6400T プロセッサー (2.20GHz-2.80GHz)
  • Core i7-6700T プロセッサー (2.80GHz-3.60GHz)
グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 530
  • AMD Radeon R9 m470 グラフィックス
メモリ
  • 4GB(4GB × 1)PC4-17000 (2133MHz
  • 8GB(8GB × 1)PC4-17000 (2133MHz)
ストレージ
  • 1TB HDD (SATA、7200回転)
  • 128GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)+ 1TB HDD (SATA、7200回転)
  • 128GB M.2 SSD(PCIe Gen3x4 NVMe)+ 2TB HDD (SATA、7200回転)
装備する主要端子 USB3.0端子 × 3基、USB Type-C端子、HDMI端子、Display Port 端子
ギガビットLAN端子、SDカードリーダ(SD、SDHC、SDXC)
サイズ(公称値) 【幅】 約 174mm / 【高さ】 約259mm/ 【奥行き】 約 169mm / 【質量】 約 3.0 kg
備考
  • 55mmビルトインスピーカー (最大7W)
  • 150W ACアダプター または 180W ACアダプター(AMD Radeon R9 m470 搭載時)
  • ワイヤレスキーボード (コンパクトタイプ) & ワイヤレス光学マウス
  • 無線: IEEE 802.11a/b/g/n/ac 、 Bluetooth 4.2
  • 光学ドライブ非搭載

※カスタマイズは2016年10月調査時点。供給状況により異なる場合がある。
パーツの組み合わせはモデルによって制限されている。

Pavilion Wave 600のトライアングラー・フォーム デザイン

Pavilion Wave 600は、省スペースで設置できる。机の下に置かれていたデスクトップPCを、インテリアも兼ねて机上に置くコンセプトのようだ。ラグジュアリー・ノートのように「魅せる筐体」をデスクトップPCにも適用させたといえる。

Pavilion Wave 600をセットアップした様子23インチモニタとPavilion Wave 600をセットアップした様子。ファンレスではないので、ユーザーの近くにセットすると、風切音とHDDのゴロゴロ音は聞こえてくる。

セットアップの注意事項として、HDMIやDisplay Portのデジタル出力は音声信号も出力するので、モニタ側にサウンド設定される場合がある。そのため、Pavilion Wave 600の内蔵スピーカを利用する場合は、PC側で切り替える必要がある。

リビングルームでも違和感のないフィットする様なデザインファブリック素材表面の素材がプラスチックではなく、織物の布地(ファブリック素材)を巻きつけてあり、リビングにもフィットするデザイン。
デザイン性だけでなく、「音声伝送を広範囲に音が広げさせる効果」もあるとのこと。

Pavilion Wave 600は、音楽、動画、ストレージ等、様々なサービスがクラウドやストリーミングで提供Pavilion Wave 600はトライアングラー・フォームという、丸みを帯びた三角柱の形状をしている。どこが正面なのか背面なのかわからないデザインであり、配置の角度などで困ることはなさそうだ。

【幅】 約 174mm / 【奥行き】 約 169mm /【高さ】 約259mmと非常にコンパクト。メーカー公称の質量では約 3.0 kgとなっていたが、この実機では2.658kgであった。構成次第でもう少し重量は増すだろう。そして150W ACアダプターの場合は823gで、ハイエンド・ゲームノート並みの重量級。

前面

正面どころか、上下すら判断しにくいデザインであるが、一応、これが正面。リフレクターの部分が上となる。(リフレクターは一見、スタンドに見えてしまうが・・。)hpサイトによると、この正面側に排熱装置が縦置きに配置されているとのこと。底部から吸気され、上部へと排熱されるエアーフロー。中央に配置された55mmスピーカーコーンは上を向いている。

ファブリック素材正面の下に端子を配置している。B&Oサウンド・システムのロゴが印字されており、デンマークの老舗オーディオメーカー、Bang & Olufsen(バング&オルフセン)のサウンド・チューニング テクノロジーが採用されている。

Bang & Olufsenのサウンドシステムユーティリティソフトにて、好みのイコライジングを楽しむことができる。

左右側面

机の下にあった「デスクトップPC」を再び「デスクトップPC」左側面および、右側面の様子。左側面ではストレージが縦置きで配置、右側面ではマザーボードが縦置きで配置されている。

天面のリフレクター

Pavilion Wave 600は、「大きくて無骨、白か黒のプラスチックの直方体。」おにぎりのような天井面はスピーカのリフレクターであり、CDケースよりも若干大きめくらい。中央にミラー調のhpロゴを配置。なお、シールの貼付はこちらの都合上のもので、お気になさらず。

Pavilion Wave 600は、 360度全方向にわたりサウンドが広がる「パラボリックリフレクターによる360度の音の広がり」がセールスポイント。※パラボリックとは「放物線」という意味。
リフレクターの下には、55mm口径のスピーカーが内蔵されており、出力は最大7W。一般的なノートPCの出力より約3倍ほどあるので、内蔵スピーカとしては立派なクラス。リフレクターの裏側は黒光りしており、クロムメッキでもされているようだ。
このスピーカー口のスリットは排気口も兼ねているため、サウンドを確かめようと耳を近づけると温風がかすめる。

サウンドクオリティの感想だが、ロジクールのStereo Speakers Z120 Z120BW (1600円くらいのUSB駆動アクティブスピーカー)よりも若干劣るくらいかなという印象。似たようなものではあるが・・。出力を高くすると低音がこもるのも否めない。最大7W出力であるため、あくまで内蔵スピーカとして高出力と理解すべし。

ハイクオリティのスピーカーを求めて購入するのは本末転倒になってしまうが、配線の必要がない内蔵スピーカとしてなら、十分納得のできるクオリティだと思う。360度の音の広がりであるが、PCであるため必然的に壁際の配置となるだろう。実質、360度の恩恵は少ないかもしれないが、PCの向きを気にしなくて良いのはメリットだろう。

背面の装備端子

Pavilion Wave 600は、従来の伝統的なデスクトップPCの様なマザーボードや各コンポーネントの配置と排熱機構を根本的に見直して開発された製品背面では谷間部分に装備端子が縦に並ぶ。(マザーボードが縦置き配置)

Pavilion Wave 600は、1台の4K対応ディスプレイ(3840×2160)に出力もしくは、2台のWQHD対応ディスプレイ(2560×1440)に同時出力が可能一番上に電源ボタンがあり、以下、SDカードスロット~などインターフェースが並ぶ。電源コネクタは一番下に配置。

SDカードスロットおよび電源ボタン。

底面の吸気口

底面では少し段差があり、その周りの三辺に吸気口のスロットを配置している。

梱包の様子と、一部付属品紹介

安心してお使いいただくために入門書コンパクトタイプのワイヤレスキーボードと、ワイヤレスマウスを付属。初心者向けに冊子マニュアルのHPパソコンナビを同梱。

一般的なノートPCの約3倍のワット数を誇る出力と55mm口径のスピーカー今回のレビューでは150WのACアダプタとなっている。グラフィック搭載時は180Wのようだ。

Pavilion Wave 600のデザインは、インテリアとして飾れる風貌であるが、やはり外付け電源となっているため、大型のACアダプタの存在は目障りになってしまう。ジョイントする電源ケーブルも太く、取り回しは良くない。インテリア重視であれば、ACアダプタの置き場所はユーザーの工夫が必要になる。

新設計筐体 トライアングラーフォームヘビー級のACアダプタであるため、4箇所にスタンドゴムを配置している。

hpのワイヤレスキーボードコンパクト型のワイヤレスキーボード。テンキーとの境目がはっきりしておらず、カーソルキーも同化した配列なので、デスクトップ用としては違和感があり、慣れが必要になる。もとから勾配形状であり、中央上部に電池をセットする。

hpのワイヤレスマウスワイヤレスマウスはトップが黒光りのデザイン。トップカバーは磁石でくっつく機構で、内部に単三電池2本をセットする。クリックはかなり重い印象を受けた。

Pavilion Wave 600-000jpのレビュー記事

リフレクターにより360度サウンドが広がる!
55mm口径スピーカー内蔵デスクトップPC、HP Pavilion Wave 600

トライアングラー・フォームという、丸みを帯びた三角柱のコンパクト筐体。55mmビルト・イン・スピーカーを内蔵しており、リフレクターにより360度サウンドが広がる。織物の布地(ファブリック素材)を巻きつけてあり、リビングにもフィットする。シンメトリーなデザインなので前後を気にせず自由に配置できる。M.2 SSD(PCI Express接続)と3.5インチHDDのデュアルストレージ構成が可能で、コンパクトながら、意外とスペックは高い。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP