HP Slimline 260シリーズ購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

幅約10cmのスリムボディ!省スペース設置のエントリーデスクトップPC

HP Slimline 260のレビュー

レビュー兄さんのHP Slimline 260購入ガイド

幅が約10cmのスリムボディ。前モデルよりも奥行きが短くなり省スペースの設置性が向上したコンパクト・エントリーデスクトップ。フロントパネルは光沢ピアノブラックで、ドットテクスチャーのデザイン。PCI Express x16を1スロット装備しているが、デスクトップの拡張性はかなり低いシンプル構造。基本的には内蔵グラフィックがメインの低消費電力で、コストパフォーマンスのタイプ。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報は2016年9月15日レビュー時点。採用パーツの構成やベンダーに関しては、供給状況により仕様変更の場合がある。この実機に基づくレポートであり、購入された場合との一致性は保証していない。詳しくは上記HPサイトでご確認を。

Slimline 260のパーツ構成

シリーズを通してPCケースのデザインは同じだが、カスタマイズ更新したり、新たなテクノロジーを採用して後継機のリニューアルモデルが登場する。各モデルの概要をチェックしてみよう。

Slimline 260-p000jp(2016年夏~)

Skylake設計を採用したWindows 10 モデル。Celeron および、第6世代Core i3、i5(低消費電力のTシリーズ)を搭載している。チップセットには「インテルH170 Express」を採用。グラフィックカードの搭載はなく、各CPUに統合されている内蔵グラフィックが使われる。PCI Express x16を1スロット装備しているので、自前でローエンド・グラフィックカードは搭載できる。

チップセット

HP Slimline 260-p000jpの構成

  • インテル H170 Express チップセット
OS
  • Windows 10 Home (64bit)
CPU
  • Celeron プロセッサー G3900T(2.60GHz、 キャッシュ2MB)
  • Core i3-6100T プロセッサー (3.20GHz、 3MB)
  • Core i5-6400T プロセッサー (2.20GHz-2.80GHz、 キャッシュ6MB)
内蔵グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 510 (Celeron G3900Tに統合)
  • インテル HD グラフィックス 530 (Core i3-6100T、Core i5-6400Tに統合)
メモリ
  • 4GB(4GB × 1) PC4-17000 (2133MHz)
  • 12GB(4GB × 1 + 8GB × 1) PC4-17000 (2133MHz) (最大16GB)
ストレージ
  • 500GB HDD (SATA、7200回転)
  • 1TB HDD (SATA、7200回転)
光学ドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ(ウルトラスリム)

※カスタマイズは2016年9月調査時点。供給状況により異なる場合がある。
パーツの組み合わせはモデルによって制限されている。

HP Slimline 260のPCケースデザイン

Slimline 260シリーズでは前モデルといえるSlimline 450シリーズのデザインを踏襲しているが、奥行きが短くなりコンパクト化。省スペースの設置性が向上している。ただし、デスクトップならではの拡張性はかなり低いものとなっている。大まかには900gほどの軽量化もみられる。PCケース自体にはファンを搭載しておらず、CPUクーラーで兼用している。基本的には低消費電力モデルの構造と言える。

HP Slimline 260のデザインサイズは、【幅】 約 100mm / 【高さ】 約 277mm/ 【奥行き】 約 325mm / 【質量】 約 4kg。

配置例市販の23インチモニタとセットアップした、Slimline 260のある風景。ファンはCPUクーラーだけなので、比較的風切り音もおとなしめ。

ドットテクスチャーのフロントデザイン

HP Slimline 260の前面Slimline 260のフロントパネルは光沢のあるピアノブラックで、微妙に立体のドットテクスチャが緻密に配列したデザインになっている。縦に配置されたDVDスーパーマルチドライブがあり、その下には前面端子を装備。hpロゴはプリントとなっている。

光学ドライブDVDスーパーマルチドライブは、ノートパソコンでも使われるウルトラスリムのトレイ型。5.25インチ型の光学ドライブよりも読み込み速度は遅くなる。最近のデスクトップPCはこの傾向にある。

Slimline 260-p000jpの電源ボタンデザイン電源ボタンはフロントパネルの左上に配置。起動時、電源マークは白くLED点灯する。

Slimline 260のフロント側フロントパネルの内側は空洞のプラスチック。なお、Slimline 260のフロント側に無線LANのアンテナ線が延びている。スチール面にはこれといった通気口は開けられていない。

Slimline 260の通気孔チェック

側面デザインSlimline 260にはPCケースファンはなく、CPUクーラーの吸気で兼用化している。PCケースにある主な通気口は、天井面と左側面、背面に配置されている。

横置き左側面には通気口はなし。ここの面を底面とするなら、耐震マットなどスタンドとなるものを貼り付けて、横置きも可能だろう。

背面

背面では、装備端子、通気口、PCI Express x16が1スロット、そして底部に電源が配置されている。

手回しネジを外すと、サイドパネルを外せるので内部にアクセスできる。なお、セキュリティロック・スロットとパドロックホールでサイドパネルの開放をガードできる。

底面

Slimline 260の底面では前方に2箇所ゴム足を配置。後方ではプレスのエンボス加工によるスタンドとなる。

ドライブマウンタのチェック

これはSlimline 260-p000jpの内部。底面に電源ユニットを配置している。前モデルでは前面の下部に吸気ファンが配置されていたが、Slimline 260のPCケースにはない。ここではSlimline 260のドライブマウンタをチェックする。

DVDのスリムドライブは、レバーのロック解除で前方から引き出すことができる。

DVDのスリムドライブと3.5インチHDDの兼用マウンタとなっている。各一台までであり、増設はできない。

マウンタに取り付けられている3.5インチHDDの様子。

ドライブマウンタを外したときのケース内部。

付属のキーボードとマウス

Slimline 260-p000jpの付属していたキーボード付属する有線キーボードは幅38cmほどのコンパクトタイプ。アイソレーション・キーボードを採用している。操作性としては17インチノートに近く、デスクトップ用のキーボードとしては狭さが否めない。Enterキーボードの左隣などが小さいキーになったり、テンキーとの境目がない、カーソルキーが同化しているなど、指摘する点は多い。チルトスタンドはなく、すでに勾配になった形状をしている。あくまでおまけの付属品として捉えるべきで、レビュー兄さんならお気に入りの市販品を使う。

キーボード比較デスクトップ用で一般的なサイズのものを2点並べてみた。付属キーボードはかなりコンパクトであるが、やはりキーピッチも短く、テンキーの間が狭まっているし、デスクトップ感覚での操作ではない。

17インチノートと同じくらいな効果17.3インチノートのXPS17-L701xと並べてみた様子。付属キーボードのほうが僅かに大きいが、似たようなサイズだ。カーソルキーは小さくないものの、隣のキーに触れやすく使いやすいとはいえない。

Slimline 260-p000jpのマウス同じく付属マウス。トップは光沢ブラックで指紋の付きがやや気になるか。2クリックとホイールの一般的なマウス。サイズも男性から見れば標準的。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP