Slimline 450-020jp購入ガイド(2015年7月20日時点)
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

Celeronから、Core i3~ i5~ i7と幅広いCPUカスタマイズが可能なスリムPC!

HP Slimline 450-020jpレビュー

HP Slimline 450-020jp

今回レビューした構成: HP Slimline 450-020jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル Celeron G1840 (2.80GHz, キャッシュ2MB)
  • 4GB メモリ PC3-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 710 2GB DDR3
  • 500GB HDD (SATA, 7200回転)
  • 2015年7月20日調査
    予算参考:調査時点の最小構成価格: ¥49,800(税抜)~

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報はレビュー時点のものです。供給状況により仕様変更の場合があるので、詳しくはHPサイトをご覧ください。

Slimline 450-020jpの装備インターフェース

スリム型デスクトップPCのSlimline 450-020jpをレビューします。このモデルより、Pavilionブランドから離脱してSlimlineブランドになったようです。Pavilion Slimline ~だと長すぎたのでしょうかね。プラットフォームはHaswell設計で、チップセットはH87が採用されています。なお、PCケースデザインは、Slimline 450シリーズのレビュー項目TOPにてご確認ください。

HP Slimline 450-020jpレビュー解説満載Slimline 450-020jpでは、Celeron G1840のショボCPUを始め、Core i3-4170 / Core i5-4590T / Core i7-4790T と幅広いグレードのCPUが選択できます。上位であるCore i5やCore i7では、省電力タイプのTシリーズが採用されています。Slimline 450-020jpで搭載されている電源ユニットが180Wとかなり控えめだから考慮したのでしょうかね。また、省エネと高速起動を狙うなら、ストレージには512GB SSD (SATA)を選ぶといいです。

今回調査したSlimline 450-020jpでは、Celeron G1840を搭載しており、グラフィックカードにはNVIDIA GeForce GT 710を搭載した構成です。正直、これは個人的には選ばない構成です。低スペックのCeleron G1840と、大してグラフィックパフォーマンスの向上しないNVIDIA GeForce GT 710を搭載したところで、どれほどの旨味が出るのか微妙な構成です。

Core i5-4590T / Core i7-4790T を選択すれば、CPUパフォーマンスがCeleronよりずっと高いし、これに内蔵(統合)されている インテル HD グラフィックス 4600もローエンドGPUに匹敵する性能があります。Celeron なんて中途半端なものを選ばず、GeForce GT 710なんて中途半端なグラフィックカードを搭載せず、ここはスパッと上位のCore i5-4590T か、Core i7-4790T を選んで「グラフィックカードなし」にしたほうが、効率がいいと思います。(ただ、グラフィックカードを搭載すればビデオメモリが追加されるメリットはありますが、個人の判断次第です。)

Slimline 450-020jpの装備する端子Slimline 450-020jpの前面では、左端ライン上にインターフェースが集まっています。上部にスリム型の光学ドライブを搭載。下部にUSB2.0端子×2基、ヘッドセット端子、SDカードスロットを装備。・・USB3.0が前面にほしかったですね。

オンボード端子背面のオンボード端子では、USB3.0×2基、USB2.0×2 基、ギガビットイーサーLAN端子、ライン入力×1、ライン出力×1、マイク入力を装備。モニタ出力用に「HDMI端子、VGA端子」も装備していますが、今回の構成ではグラフィックカードを搭載しているため使用しません。ゆえに初心者が誤接続しないようにキャップがされています。

NVIDIA GeForce GT 710を搭載下部に拡張スロットと電源ユニットの排気口。PCケース上では拡張スロットが4基分ありますが、マザーボード上での省略があり実質2基分です。グラフィックカード用のPCI Express x16と、PCI Express x1が1基ずつです。搭載できる拡張カードはスリムタイプのロー・プロファイルに限られます。今回はNVIDIA GeForce GT 710を搭載しているので、シングルリンク DVI-D端子、HDMI端子が追加されます。

今回のSlimline 450-020jpに関わる装備端子については、以下で「うんちく兄さん」が解説してくれます。うざいと思ったらスキップしてください。

パソコン解説

USB2.0端子と、USB3.0端子の違い

USB2.0は High-Speed と呼ばれ、「理論値 480Mbps (60 MB/s)」の転送速度を持つ。この次世代であるUSB3.0は Super-Speed と呼ばれ、その約10倍である「理論値 5Gbps」の転送速度を持つ。

ただしこの数値はあくまで理論値であり、この通りの速度を出せるパソコンはない。実測値では USB3.0は2.0の3倍くらいのスピードだ。使うだけならどちらも互換性があるが、USB3.0の速度を発揮するためにはUSB3.0対応機器が必要。ちなみに、USB端子は電源供給できるが、USB 2.0端子から供給できる電流は500mA (供給電圧は5Vほど )にたいし、USB3.0では900mAもある。

モニタ出力:映像デジタル端子(DVI端子)

DVIはデジタル式の映像端子なので、出力においてデータの劣化がほとんどない。出力できるのは映像信号のみ。デュアル リンク対応であれば、解像度2560×1600のようなWUXGA/1920×1200を超える出力が可能。(PC側にも対応が必要)。シングルリンクでは出力できても1920×1200までと解像度に制限が入る。

細分化すると、DVI-D はデジタル専用、DVI-I はアナログ・デジタル兼用。DVI-I では変換コネクタを使用することでアナログ端子(VGA)のモニタとつなぐことができる。

モニタ出力:映像デジタル端子(HDMI端子)

DVIの次世代規格であり、1本のケーブルで「映像・音声・著作権保護の制御信号(DRM・HDCP等)」をデジタル転送できる。最新バージョンでは4K解像度の出力が可能。(PC側にも対応が必要)

ちなみに、HDMI端子とDisplay Port端子では性質が似ているが、HDMIは家庭家電用(液晶テレビやBDレコーダなど)、Display PortはDVIの正式な後継で「パソコン用」という業界上の線引がある。しかし、ユーザーサイドでは使うモニタ次第ということで良い。

ギガビットイーサーLAN端子(1000BASE-T)

インターネット接続や、PC同士でネットワーク接続する端子。通信速度が1Gbps(125MB/s)。家庭内サーバーなどネットワークを構築しているなら大容量データを転送するため、LAN端子(100BASE-TX)では低速であり、事実上、ギガビットイーサーLAN端子が必須である。

以上、うんちく兄さんの飛び入りガイドでした。

東京生産のシール

HP昭島工場で生産MADE IN TOKYOのシールが貼られているので、Slimline 450-020jpは東京都のHP昭島工場で生産されていることが分かります。

パソコン解説

MADE IN TOKYO(東京生産)のメリット

東京都昭島市のHP昭島工場で生産されている製品が、東京生産(MADE IN TOKYO)。HP製品のすべてではないが、多くのモデルが対象でありラベルで判断できる。 組み立てでは徹底したバーコード管理がされている。異なる部品の搭載、または搭載もれがあると、バーコード読み取りでエラーメッセージが表示され、次の工程に進めない。つまり、人為的生産ミスはほぼ無いらしい。

HP昭島工場-MADE IN TOKYO(東京生産)うんちく兄さんは、以前、HP昭島工場を見学してきたぞ。

  • その1: カスタマイズ注文でも「5営業日納品」という早さ。
  • その2: 輸送距離が短く、輸送リスクを削減=故障発生率を低減(1/4に低減させた実績あり)
  • その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い。
  • その4: 国内生産なので、雇用・税金など経済面で日本に大きく貢献。

Slimline 450-020jpの内部

Slimline 450-020jpのマザーボードPCケースの拡張性は、「Slimline 450シリーズのレビュー項目TOP」で紹介しているので、Slimline 450-020jpのマザーボードなどをチェックします。

180Wの搭載電源

80PLUS BRONZE電源ユニットの総容量は180Wとかなり控えめなスペック。+12Vも1系統であり、最大15Aまで。驚いたのはエントリーらしからぬ、80PLUS BRONZEの電源を採用していることです。これなら、効率よく電力を供給してくれることでしょう。

パソコン解説

80PLUSの電源ユニットとは・・・・

電源ユニットは言うまでもなく電力を供給するパーツだ。しかし、それ以前にAC/DC変換器でもある。家庭用コンセントには100Vの交流電流(AC)が流れており、パソコンで使う直流電流(DC)に変換するのだ。そしてACからDCに変換するとき、「どれだけ無駄なく変換できたか」の指標が変換効率だ。無駄にした分は熱となって消える。いくら大容量の電源ユニットでも、変換効率が悪いと意味が無いわけだ。

80PLUSの電源ユニット
変換効率で優秀とされる基準は80%だが、研究機関の認証プログラムに申請してクリアした電源に「80PLUSの認証」を得られる。通常はStandardだが、さらに優秀ランク順に~BRONZE ~SILVER ~GOLD ~PLATINUM が付く。 BRONZEの場合、負荷率50%時で変換効率85%をクリアしている。
メーカーパソコンで採用されていたら、かなりの良識待遇だと思うぞ!

ドライブチェック

3.5インチHDDが搭載前方の上部に光学ドライブおよびストレージがセットになったマウンタが取り付けられています。スリム型光学ドライブベイが1基、3.5/2.5インチ兼用ドライブベイが1基です。今回は3.5インチHDDが搭載されています。

Slimline 450-020jpのHDDパフォーマンス搭載されていたシーゲート製のHDDパフォーマンス。

Slimline 450-020jpのマザーボード

Pavilion 550-040jpと同じマザーボードマザーボードをじっと眺める・・・。見た目で判断すると、Pavilion 550-040jpと同じマザーボードですね。SATAコネクタの余り具合とか見ると、Pavilion 550-040jpの流用っぽい。

4GB PC3-12800搭載のSlimline 450-020jpメモリスロット(DDR3 SDRAM)が2基あり、今回のは4GB PC3-12800 (1600MHz)を1枚搭載。その隣にPCI Express Mini Card×1スロットがあり空きとなっていますが、オプションである無線LANカードが搭載できます。

USB3.0コネクタSATAコネクタが3基。Slimline 450-020jpの構成上、使われるのは2基。USB3.0コネクタ(水色のコネクタ)が余っていますが、何で前面端子に使ってくれないんでしょうか。現状、USB2.0端子が装備されています。

CPU周りにはVRMが3フェーズ自作ユーザーならご存知のCOOLER MASTERのCPUファン。CPU周りにはVRMが3フェーズなのでやはりエントリーモデルですね。オーバークロックをする機種ではないので問題はないし、エントリーモデルなら標準的な構成です。

パソコン解説

VRM(電圧レギュレータモジュール)とは

VRM (Voltage Regulator Module)というのは、電圧レギュレータモジュールのことであり、CPU用の電源安定化回路である。VRMは電源ユニットから供給された電圧を「CPUに供給する電圧」に生成する装置である。マザーボードへ供給された+12Vや+5V電流の一部が、VRMによってCPUの駆動電圧へと生成される。

このVRMの装置数をフェーズ数といい、複数の位相(フェーズ)のマルチフェーズ方式が採用されている。フェーズ数が多いほどコンデンサの負担が減り、安定した電流供給ができるが、多フェーズになるほどコストが上がってしまう。目安として3~4フェーズあれば標準。ミドルレンジ以上では8フェーズ以上がよく見られる。

 

ベンチマークテスト(Celeron G1840 + NVIDIA GeForce GT 710)

CINEBENCH R10 とストリートファイター4 ベンチマークテストにて、過去レビューモデルと比較してみます。このベンチの特徴は以下の通りです。

レンダリングテストのCINEBENCH R10

解説:CINEBENCH R10 ベンチマークテストとは

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

ライトなゲームのストリートファイター4

解説:ストリートファイター4 ベンチマークテストとは

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

主に、搭載するグラフィックのパフォーマンスに影響されます。ただし、CPUの影響もわりと受けるため、「グラフィックとCPUの組み合わせ」でパフォーマンスチェックしたほうがいいでしょう。なお、ここでは1280 × 720ウィンドウ表示におけるFPSで比較しています。

ベンチマーク結果の前にまず、スペックの確認。

Celeron G1840および、NVIDIA GeForce GT 710のスペック

NVIDIA GeForce GT 710のスペック。インテル Celeron G1840および、NVIDIA GeForce GT 710のスペック。

Celeron G1840は2コア実装2スレッド動作。TDP 53Wと結構低消費電力。NVIDIA GeForce GT 710では192基で、シェーダー数はあまり多くない。ビデオメモリは2GB DDR3を搭載しています。

近々にレビューしたHP Pavilion 550-040jp では、 Core i7-4790を搭載しており、 CINEBENCH R10では 30秒と圧倒的な速さです。しかもグラフィックカードなしなので、 Core i7-4790に内蔵する インテル HD グラフィックス 4600が動作していますが、ストリートファイター4では66.99 fpsと、今回のSlimline 450-020jpに近いパフォーマンスです。

これをみると、Celeron G1840 +NVIDIA GeForce GT 710って微妙なんですよね。個人的には「上位CPUを狙って、スパッとグラフィックカードなし」にしたほうがいいと思います。ゲームをやらないユーザーほど有効だと思われます。

製品画像 レビューした構成 CINEBENCH R10ベンチマークテスト ストリートファイター4・ベンチマーク
HP Slimline 450-020jp

今回レビューした構成: HP Slimline 450-020jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル Celeron G1840
  • 4GB メモリ PC3-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 710
  • 500GB HDD (SATA, 7200回転)
1分31秒 77.56

2015年7月調査

HP Pavilion 550-040jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i7-4790
  • 8GB(8GB×1) PC3-12800 (1600MHz)メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB HDD (SATA, 7200回転)
    + 512GB SSD (6Gbps対応)
30秒 66.99

※2015年2月調査

HP Pavilion 500-540jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル Core i3 -4160 プロセッサー
  • 8GB (8GB × 1)DDR3 SDRAM メモリ
  • AMD Radeon(TM) R7 240 2GB
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
58秒 141.03
NVIDIA GeForce GT 640 を搭載のENVY 700-260jp
2014年5月調査

HP ENVY 700-260jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • インテル Core i7-4770
  • 16GB(8GB×2)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GT 640 (4GB )
  • 2TB HDD× 2台 + 128GB SSD
30秒 136.23
Pavilion 500-340jp
2014年7月調査

HP Pavilion 500-340jpの構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー (3.20GHz~)
  • 4GB (4GB × 1)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GT 640
  • 500GB HDD(7200回転)
40秒 135.90
GeForce GT 635搭載
2014年7月調査

HP Pavilion Slimline 400-320jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i7-4790 プロセッサー
  • 8GB (4GB×2) PC3-12800メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GT 635(2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
29秒 113.59
Pavilion Slimline 400-420jp
2014年11月時点の調査

HP Pavilion Slimline 400-420jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i3-4160 プロセッサー 
  • 4GB(4GB×1) メモリ PC3-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 720 : 2GB(DDR3)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
58秒 109.40
Pavilion 500-430jpアイコン
2014年12月調査

HP Pavilion 500-430jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A8-7600 APU (3.10GHz-3.80GHz,)
  • 8GB(4GB×2) DDR3 SDRAM メモリ
  • AMD Radeon R7 グラフィックス
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
1分25秒 108.75
Pavilion 500-440jp購入ガイド
2014年11月調査

HP Pavilion 500-440jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル Core i5-4460 プロセッサー
  • 16GB (8GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
40秒 93.34
Pavilion 500-140jp購入ガイド
2014年2月調査

HP Pavilion 500-140jp

  • Windows 8(64bit)
  • インテル Core i5 -4440 (3.30GHz)
  • 8GB (4GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
40秒 82.94
EliteDesk 800 G1 DMの画像
2014年10月調査

HP EliteDesk 800 G1 DM/CT

  • Windows 7 Home Premium (32bit)
  • Core i5-4570T
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD SATA3.0(7,200rpm)
1分02秒 52.01
Pavilion 500-240jp画像写真
2014年6月調査

HP Pavilion 500-210jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • AMD Radeon HD 8670D
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
1分08秒 50.20
Pavilion 500-240jp買っとくか
2014年6月調査

HP Pavilion 500-240jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i3-4130
  • 4GB(4GB×1)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
1分03秒 48.60
Stream Mini 200-020jp写真と画像
※2015年3月時点の調査

HP Stream Mini 200-020jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル Celeron プロセッサー 2957U
  • 2GB (2GBx1) PC3L-12800 (1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス
  • 32GB SSD (M.2)
2分49秒 41.79
Pavilion Slimline 400-220jp購入ガイド
2014年6月調査

HP Pavilion Slimline 400-220jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Pentium G3220
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • インテル HD グラフィックス
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
1分27秒 39.23

カスタマイズではなかなか悩みますが、過去レビュー機との比較を参考にしてください。

Slimline 450-020jpでベンチマークテストついでにストリートファイター4のフルHD(1920 × 1080) フルスクリーン設定でチェック。結果は、50.24 FPSなので快適レベルには達しません。

その他、ベンチマークテスト

Slimline 450-020jpでベンチマークテスト今回の構成における、「ドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10、ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア」のベンチ結果。1280×720 解像度だと標準品質でも遊べるみたいです。

ちなみに、過去にレビューしたPavilion 500-440jpでは、Core i5-4460 プロセッサー(インテル HD グラフィックス 4600統合)搭載でしたがドラクエ・ベンチを測ったとき、同条件で「スコア:6488」でした。NVIDIA GeForce GT 710の搭載は無意味とはいいませんが、満足感で問うと微妙ですね。

ラストレムナント今回のSlimline 450-020jpでラストレムナント。1280×720 では45.88 fps。ぎりぎり普通動作まで達しています。

なお、過去にレビューしたPavilion 500-140jpでは、Core i5 -4440 プロセッサー(インテル HD グラフィックス 4600統合)搭載で41.26 fpssでした。やはり、NVIDIA GeForce GT 710搭載は「単体GPU、ビデオメモリ搭載」という面ではアドバンテージですが、インテル HD グラフィックス 4600と似たり寄ったりのパフォーマンスと思われます。

Slimline 450-020jpでバイオハザード6バイオハザード6のベンチでは、1280×720のフルスクリーンで「スコア2320」でした。実質、プレイは厳しいですね。

購入ポイント

Slimline 450-020jpの一番のメリットは省スペースの設置性。本格的なゲームや拡張にはあまり向かない機種です。ただ、CPUがローエンドからややハイエンドまで選べるため、CPUパフォーマンス重視のユーザーには選びやすいモデルです。個人的な意見ですが、この手のモデルは下手にグラフィックカードを搭載するよりも、CPUにコストを充てたほうが内蔵グラフィックも強化版であり、お得度が高いと思います。電源ユニットは180Wと控えめですが、80PLUS BRONZEの優等生電源ということに評価できます。

Slimline 450-020jpについて、詳しくはHP公式サイトにて要チェック!キャンペーン時期なども狙ってみてください。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpデスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

2015年のレビュー・ピックアップ