HP EliteBook 820 G3購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

豊富な機能と米軍調達基準のボディ!12.5インチ・ビジネス モバイル

HP EliteBook 820 G3 レビュー

米軍調達基準のボディEliteBook 820 G3デザイン
EliteBook 820 G3画像 米軍調達基準をクリアした堅牢ボディの12.5インチモバイル。指紋や汚れが付きにくい多重コート塗装。出力にDisplay Port 端子、VGA端子を持ち、USB3.0端子 × 2基、USB Type-C端子、ギガビットLAN端子、スマートカードリーダーやSDカードリーダーなど、モバイルとは思えないくらいインターフェースが豊富。デュアルポイント(ポイントスティック+タッチパッド)、指紋認証センサー搭載など多機能仕様。HDDほかM.2のSSDも搭載可能。これだけの機能でもコストパフォーマンスが高いモデル。電源ケーブルではアースなしの細いケーブルを採用しており、取り回しがよくなっている。プラットフォームはSkylake設計Uシリーズ。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hp法人ノートの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※掲載情報は2016年7月20日レビュー時点。採用パーツの構成やベンダーに関しては、供給状況により仕様変更の場合がある。この実機に基づくレポートであり、購入された場合との一致性は保証していない。詳しくは上記HPサイトでご確認を。

EliteBook 820 G3の概要とテクノロジー

EliteBook 820 G3はSkylake設計で、低消費電力のUシリーズを採用している。最高ではCore i7-6600Uが搭載可能。内蔵グラフィックの仕様であり、インテル HD グラフィックス 520 が使われる。ストレージではHDDのほかに、M.2スロットのSSDが搭載できる。12.5インチノートとしては、装備する端子が多く、モニタ出力用には、VGA端子とDisplay Port 端子を備えている。

アーキテクチャ Skylake設計(低消費電力 Uシリーズ)
ディスプレイ
  • 12.5インチワイド(16:9)(1366 × 768)
CPU
  • Core i3-6100U プロセッサー (2.30GHz、キャッシュ 3MB)
  • Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz-2.80GHz、キャッシュ 3MB)
  • Core i7-6600Uプロセッサー(2.6-3.4GHz、キャッシュ4MB)
グラフィック
  • インテル HD グラフィックス 520
メモリ
  • 4GB (4GB × 1)SO-DIMM DDR4-2133MHz
  • 8GB (4GB × 2)SO-DIMM DDR4-2133MHz
  • 16GB (8GB × 2)SO-DIMM DDR4-2133MHz
ストレージ
  • 500GB HDD 7200rpm
  • 500GB HDD 7200rpm ※SED(自己暗号化機能付き)
  • 1TB HDD 5400rpm (HP 3Dドライブガード対応)
  • 128GB M.2 2280 SSD(SATA)
  • 256GB M.2 2280 SSD(SATA)
  • 512GB M.2 2280 SSD(SATA)
装備する主要端子 USB3.0端子 × 2基(1つだけパワーオフUSB充電対応)、USB Type-C端子、
ギガビットLAN端子、Display Port 端子、VGA端子、拡張コネクター、
スマートカードリーダー(PC/SC 2.0、ISO 7816準拠)
メディアカードリーダー(SD/SDHC/SDXC対応)
サイズ(公称値) 【幅】 約 310mm / 【厚み】 約19mm/ 【奥行き】 約 219mm / 【質量】 約 1.26g
備考
  • デュアルポイント(ポイントスティック+タッチパッド)
  • キーピッチ:18.0 × 18.0mm、キーストローク:1.5-1.7mm / 防滴キーボードを採用
  • 指紋認証センサー搭載
  • 指紋や汚れが付きにくい多重コート塗装
  • 45WスマートACアダプター
  • 約1000回の充放電サイクルを設計寿命とする「高耐久性」バッテリを搭載
  • HDD構成時 最大約9.5時間 (3セルバッテリ MobileMark 2014、Windows 10)
  • SSD構成時 最大約12.5時間 (3セルバッテリ MobileMark 2014、Windows 10)
  • 米軍調達基準 (MIL-STD-810G)をクリア
  • ※日本販売モデルではSIMスロットは利用できない
  • 光学ドライブなし
  • オプション:多彩なインタフェースを持つ専用ドッキングステーション対応
  • ダイレクト価格 ¥72,000(税抜)から~

パーツの組み合わせはモデルによって制限されている。供給時期により変更あり。

EliteBook 820 G3画像

今回レビューした、EliteBook 820 G3構成
(Skylake設計Uシリーズ)

  • Windows 7 Professional(64bit)(Windows 10 Pro からのダウングレード権)
  • 12.5インチワイド(16:9)(1366 × 768)
  • Core i7-6600Uプロセッサー(2.6-3.4GHz、キャッシュ4MB)
  • 8GB (4GB × 2)SO-DIMM DDR4-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 520
  • 256GB M.2 2280 SSD(SATA)

米軍調達基準 (MIL-STD-810G)をクリアしたボディ

HP EliteBook 820 G3 Notebook PC 製品詳細EliteBook 820 G3のサイズでは、【幅】 310mm / 【厚み】 18.9mm/ 【奥行き】 約 219mm。

前モデル(EliteBook 820 G2)とくらべて、10%分薄型になり2.1mm分の薄型化がされ厚みは18.9mmとなっている。公称値の質量は1.26kgだが、手元のEliteBook 820 G3実機では1.273kg。構成により若干異なる。そして、米軍調達基準 (MIL-STD-810G)をクリアした筐体。さらに115,000時間に及ぶ厳しい品質テストをクリアした堅牢性を持つ。ちなみに、AMD仕様のHP EliteBook 725 G3と同じ筐体だと思われる。

ACアダプタ

18.9mmの薄型デザインと、1.26kgの軽量を実現EliteBook 820 G3に付属する45WのACアダプタでは、幅を取らないL字型コネクタを採用。つなぐ電源ケーブルではアースなしの細いケーブルを採用しており、取り回しがよくなっている。持ち運びにも適している。

天板デザイン

米軍調達基準をクリアする圧倒的な耐久性のEliteBook 820 G3天板はシルバー(ASTEROID SILVER)のカラーリングを採用。内側のブラック(GRAVITY BLACK)との2トーンカラー。天板中央にはミラー調のhpロゴを配置。サラッとした手触りで、指紋や汚れが付きにくい多重コート塗装を施している。質感は材質の通り、ポリカーボネート(工業プラスチック)で、特にアルミ素材などは使われていない。

では、EliteBook 820 G3のインターフェースをチェックしてみよう!

前面

前面の左端には、ワイヤレス、電源、バッテリ、HDDの動作ライトを配置。

左右側面の装備端子

ドッキングステーションで充実の拡張性右側面では、「USB Type-C端子、Display Port 端子、ヘッドセット端子、USB3.0端子、メディアカードリーダー(SD/SDHC/SDXC) 、ギガビットイーサーLAN端子、.拡張コネクター 、電源コネクタ」を配置している。なお、SIMスロットが付いているが、日本販売モデルでは使用できない。多彩なインタフェースを持つ専用ドッキングステーションをオプション対応。

LAN端子は上下に拡張するギミックとなっており、その右隣のメディアカードスロットは底辺側に配置されている。メディアカードスロットは防塵用のダミーカードが挿入されている。場所的にかなり扱いづらいが、装備するインターフェースが豊富なので、ここは妥協するしかない。

左側面では、「セキュリティロック・スロット、排気口、VGA端子、USB3.0端子×1基、スマートカードリーダー」を配置している。
ここのUSB3.0端子はパワーオフUSB充電に対応しており、起動無しでUSB機器への充電が可能。

背面と底面

EliteBook 820 G3のヒンジデザイン背面には装備端子はない。ヒンジが潜り込むような状態で、ディスプレイが開閉するギミック。

EliteBook 820 G3の底面画像底面に通気口のスリット。

今回レビューしたEliteBook 820 G3の構成と、ベンチマークテスト

EliteBook 820 G3画像

今回レビューした、EliteBook 820 G3構成
(Skylake設計Uシリーズ)

  • Windows 7 Professional(64bit)(Windows 10 Pro からのダウングレード権)
  • 12.5インチワイド(16:9)(1366 × 768)
  • Core i7-6600Uプロセッサー(2.6-3.4GHz、キャッシュ4MB)
  • 8GB (4GB × 2)SO-DIMM DDR4-2133MHz
  • インテル HD グラフィックス 520
  • 256GB M.2 2280 SSD(SATA)

今回レビューしたEliteBook 820 G3では、Core i7-6600Uプロセッサーを搭載している。内蔵しているグラフィックはインテル HD グラフィックス520。

Core i7-6600Uのスペック

Core i7-6600UプロセッサーのスペックCore i7-6600Uは2コア実装で、HTテクノロジーによって4スレッド動作する。Uシリーズなので、TDP15Wと低消費電力。

ストレージ

LITEON L8H-256V2Gレビュー実機では、ストレージに256GB SSDを搭載しているが、ベンダーとその製品は「LITEON L8H-256V2G」だった。M.2スロット用のSSDである。SATA接続であるが、シーケンスQ32T1では562MB/sでており、HDDより明らかに速い。

ゲームのベンチマークテスト

Core i7-6600Uでゲーム、ドラクエなどグラフィック処理能力として、ストリートファイター4、ドラゴンクエストX 、ラストレムナントのベンチマークテストを実施。設定をデフォルトおよび標準品質、1280×720 ウィンドウ表示で測定すると、上記の通り。ラストレムナントほどの負荷だと、快適までは行かないがプレイはできそうだ。ライトなゲームだと快適な動作が見込めるので、さらに解像度や画質を上げることも可能である。

消費電力

満充電&ディスプレイ輝度最大時で、消費電力をチェック。アイドル時では8Wほど、レンダリングやゲーム・ベンチマークテストでは30W前後であり、消費電力は少ない。

12.5インチディスプレイ/非光沢・1366 × 768

12.5インチディスプレイで、アスペクト比はコンシューマ向けで一般的な16:9のワイド画面。非光沢なので目の負担が少ない。解像度は1366 × 768なので広領域ではないが、12.5インチ画面でのドットバイドット表示では、程よいアイコンと文字のサイズとなる。(無論、大小の感じ方に個人差はあるが)。視野角の様子からTNパネルであろう。ちょっとした斜め角度なら良好といえる。

EliteBook 820 G3の12.5インチディスプレイディスプレイベゼル上部中央には、Webカメラと内蔵マイクを搭載。

ベゼルの左端にはMade in Tokyoロゴがあり、国内で組み立てられたモデルである。また、Bang & Olufsenのロゴもある。EliteBook 820 G3では、デンマークの高級オーディオブランド「Bang & Olufsen」と開発したプレミアムスピーカーを搭載している。内蔵されたステレオマイクとデジタルプロセッシング技術により「ノイズキャンセル機能」を搭載。 低音再生とSkypeを利用したWeb会議などの環境に適したチューニングがされている。

ポイントスティックを搭載した、キーボード

モバイルで使いやすい、ポイントスティックを搭載。タッチパッドと合わせたデュアルポイントとなっている。防滴キーボードを採用している。右下には指紋認証センサー付きで高セキュリティ仕様。

Web会議も快適に。Bang & Olufsen のプレミアムスピーカーキーボードの上部に電源ボタンを配置。その横一列はスピーカ・グリルのデザインとなっている。

素早くオン・オフを切り替えることができます。タッチパッド。クリックボタンは上下2箇所配置されている。左上のライトをタップすると、タッチパッドの機能オンオフができる。

優れた操作性を実現するデュアルポイントキー配列の様子。部分的に小さいキーはあるが、主要キーではキーピッチ:18.0 × 18.0mm。たわみも少なく好印象。
カーソルキーが小さいが、独立配置になっているので誤接触はないだろう。

タッチパッドでマルチタッチジェスチャーを駆使キーストロークでは、1.5mmと1.7mmのキーが有る。モバイルノートにしてはそこそこの底打ち感はある。

EliteBook 820 G3レビューは以上。

詳しくはHPサイトにて

EliteBook 820 G3では最大12.5時間駆動※ビジネスノート
EliteBook 820 G3画像

豊富な機能と米軍調達基準ボディ!12.5インチ・ビジネス モバイル
HP EliteBook 820 G3

米軍調達基準をクリアした堅牢ボディの12.5インチモバイル。指紋や汚れが付きにくい多重コート塗装。出力にDisplay Port 端子、VGA端子を持ち、USB3.0端子 × 2基、USB Type-C端子、ギガビットLAN端子、スマートカードリーダーやSDカードリーダーなど、モバイルとは思えないくらいインターフェースが豊富。デュアルポイント(ポイントスティック+タッチパッド)、指紋認証センサー搭載など多機能仕様。HDDほかM.2のSSDも搭載可能。これだけの機能でもコストパフォーマンスが高いモデル。電源ケーブルではアースなしの細いケーブルを採用しており、取り回しがよくなっている。プラットフォームはSkylake設計Uシリーズ。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hp法人ノートの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP