世界でトップシェアを誇るHP(ヒューレット・パッカード)のパソコン製品を調査!HP EliteDesk 800 G1 DM/CTレビュー
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

業界最小の超コンパクトデスクトップ(Haswell設計モデル)

HP EliteDesk 800 G1 DM/CT レビュー!業界最小の超コンパクトデスクトップ

EliteDesk 800 G1 DMの画像

レビューしたHP EliteDesk 800 G1 DM/CTの構成

  • Windows 7 Home Premium (32bit)
  • Core i5-4570T プロセッサー(2.90 GHz~3.60 GHz 4MB)
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD SATA3.0(7,200rpm)
※EliteDesk 800 G1 DM/CTレビュー は、2014年10月時点の調査

レビュー項目

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hp法人デスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2014年10月時点のレビュー。

モバイル・デスクトップという新ジャンルになりそうなEliteDesk 800 G1

業界最小の超コンパクトデスクトップPCのEliteDesk 800 G1 DM/CTをレビューします。容量約1.05L、質量約1.3kgという筐体でありながら、6基もUSB3.0ポートを装備。さらにVGA×1、DisplayPort×2基を装備しているため標準で3画面出力可能!
EliteDesk 800 G1 DM/CTはスチール製ボディでしっかりと造られており、横置き、縦置きが可能。モニタに固定するようなVESA規格のマウンタを活用した設置も可能です。80 PLUS「GOLD」認証の65W ACアダプターを使用しているところも注目です。

業界最小の超コンパクトデスクトップHP EliteDesk 800 G1 DM/CT レビュープラットフォームはインテル Q87 Expressチップセットを採用したHaswell設計であり、第4世代Core i3 / i5 / i7プロセッサー(低電圧版Tシリーズ)搭載できます。コスパ重視であれば、Celeron 、Pentium の選択肢もあります。ただし、EliteDesk 800 G1 DM/CTには単体GPUの採用はなく、CPUに内蔵するグラフィック(インテル HD グラフィックス)が使われるため、搭載するCPUのグレードによってグラフィックパフォーマンスが比例します。

光学ドライブ非搭載、PCI Express 拡張スロットがないというサイズ上の制限があるものの、サイズ:175mm × 177mm × 幅34mm というスーパーコンパクト。10インチクラスのミニノート並みの重量で、たったの約1.3kg。カバンに楽々入れることができ、むしろ体積ではノート以上のコンパクトさです。

モバイル・デスクトップ すでに自前のシステム環境が整った状態のまま、デスクトップPCをを持ち運べるという特異なスタイルで活用できます。外出先にモニタとキーボート&マウスがある場所であれば問題ないわけです。クオリティはともかく内蔵スピーカを搭載しているため、ノートパソコンと同様に外部スピーカは持参しなくてもOK。

タワースタンドタワースタンドで縦置きが可能。スタンドを差しこむだけのセッティングですが、緩すぎずキツすぎずで、ちょうどいいフィット性があります。

EliteDesk 800 G1 DM/CTは法人モデルもちろん、デスクトップPCなのでモバイルが前提ではありません(レビュー兄さんが勝手に提案しているだけです)。このように、机上に設置してもほとんど存在感を感じません。500mlペットボトルが2本置けるスペースがあれば大丈夫です。別途、ワイヤレスキーボード&マウスを活用すれば、パソコンデスクがささっと作業テーブルになります。

ファンレスではありませんが、ネットやビジネス用途ぐらいの負荷なら、軽い風切音程度です。

臨時的に接続するリビングPCとしても活用できますが、HDMi端子を装備していないのでちょっとそこは不便ですが、そもそもEliteDesk 800 G1 DM/CTは法人モデルでありHDMIを装備しないのは必定。希少ですがDisplayPortを持つ液晶テレビもありますし、「DisplayPort → HDMI 変換コネクタ」も市販されているのでリビングPCに使えないことはありません。

なお、HPでは個人であっても法人モデルを購入できるので、家庭用として購入検討してみてはいかがでしょう。今回レビューしたHP EliteDesk 800 G1 DM/CTの構成 は以下の通り。注目ポイントやその他のスペック概要をまとめておきました。

EliteDesk 800 G1 DMの画像

レビューしたHP EliteDesk 800 G1 DM/CTの構成

  • Windows 7 Home Premium (32bit)
  • Core i5-4570T プロセッサー(2.90 GHz~3.60 GHz 4MB)
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD SATA3.0(7,200rpm)
※EliteDesk 800 G1 DM/CTレビュー は、2014年10月時点の調査
注目ポイント!
  • Haswell設計/第4世代インテルCore i3 / i5 / i7(低電圧版Tシリーズ)搭載可能
  • 業界最小の超コンパクトデスクトップPC。容量約1.05L、質量約1.3kg
  • このサイズでも、6基もUSB3.0ポートを搭載する
  • 標準で3画面出力可能!(VGA×1、DisplayPort×2基を装備)
  • 80 PLUS「GOLD」認証の、65W ACアダプター(変換効率87%以上)標準付属
  • クオリティはともかく、内蔵スピーカを搭載している
  • SSD選択時は、通常消費電力8W以下の驚異的な省電力性
  • 横置き、また付属のタワースタンドで縦置きが可能
  • スチール製の筐体で堅固。
  • 汎用性のある2.5インチベイ、204Pin DDR3 SDRAM S.O.DIMMスロットを採用
  • VESAマウンタ対応モニタにくっつけて一体型設置が可能
    (別途、オプションの専用「モニターマウントキットが必要)
  • 東京生産の安心性および、カスタマイズでも納期が早い
その他、スペック概要
  • サイズ:175mm × 177mm × 幅34mm (タワースタンド非装着時)、約1.3kg
  • USB3.0×6基(前面 2、背面 4)、VGA×1、DisplayPort×2基、ギガビットイーサーLAN端子など装備
留意点
  • 光学ドライブ非搭載
  • 筐体サイズの制限で、拡張カードの増設はできない
  • HDMI端子はないので、リビングPCには向かない
チップセット インテル Q87 Expressチップセット
OSカスタマイズ例
  • Windows 7 Home Premium (32bit) または(64bit)
  • Windows 7 Professional (32bit)または(64bit)
    ※Windows 8.1 Proからのダウングレード権を使って入手可能
  • Windows 8.1 (64bit)または、Windows 8.1 Pro (64bit)
CPUカスタマイズ例
  • Celeron G1820T、Pentium G3220T(インテル HD グラフィックス)
  • Core i3-4130T(インテル HD グラフィックス 4400)
  • Core i5-4570T(インテル HD グラフィックス 4600)
  • Core i7-4765T(インテル HD グラフィックス 4600)
メモリ・カスタマイズ例
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800(1600MHz)
  • 8GB(4GB×2) (最大16GB)
ストレージ・カスタマイズ例
  • 500GB HDD SATA3.0(7,200rpm)
  • 128GB SSD SATA3.0
2014年10月時点での予算 最小構成¥50,000 (税抜)~から

※2014年10月時点。HP EliteDesk 800 G1 DM/CTの実機に基づいた調査です。HP公式サイトでご確認ください。

このサイズでも、6基もUSB3.0ポートを搭載する

EliteDesk 800 G1 DM/CTでは、前後合わせて6基もUSB3.0ポートを装備しています。背面には標準でVGA×1、DisplayPort×2基を装備しているので3画面出力(トリプルモニタ)が可能!前面の左端にスピーカーを内蔵しています。(サウンド・クオリティは言及するだけ野暮です。)電源ボタンは横置きの場合、右端になります。

6基もUSB3.0ポートを搭載するEliteDesk 800 G1 DM/CT有線のギガビットイーサーLAN端子も完備。またオプションで無線LANも搭載できます。(インテル 7260 802.11 a/b/g/n対応M.2カードの搭載)

パドロックホール、セキュリティロック手回しネジなので工具なしでサイドカバーを開けられます。パドロックホール、セキュリティロックホールもしっかり装備。

丈夫なスチールボディEliteDesk 800 G1 DM/CTの左右側面。一般的なデスクトップPCと同じく、丈夫なスチールボディです。HPによれば一般的な省スペースデスクトップPCと比較して、1/12の体積だそうです。

VESAマウント対応で、設置面積ゼロに

VESAマウント規格底面には2列のすべり止めスタンド。そこにVESAマウント規格に則った4箇所のネジ穴があります。オプションの専用「モニターマウントキット」を利用すれば、モニターと一体化できて、EliteDesk 800 G1 DM/CTの設置面積をゼロにすることができます。

Quick Releaseさらにオプションの「HP フラットパネルモニターQuick Release」を使用することで、テーブルの板下に取り付けることができます。

80 PLUS「GOLD」認証の電源!

80 PLUS「GOLD」認証メーカーPCとしては珍しく、80 PLUS「GOLD」認証の65W ACアダプターを標準付属しています。変換効率87%以上ということもあり、SSD選択時は通常消費電力8W以下の驚異的な省電力性。

変換効率とは

家庭用コンセントの交流(AC)を直流(DC)に変換して電源供給をしています。しかし、このAC/DC変換において電力が100%変換されているわけではありません。電源ユニットの駆動で電力消費され、変換できなかった電力は熱となって逃げてしまいます。 「家庭用コンセントの電力から何%分がパソコンに供給できたのか?」 これが変換効率です。 80 PLUSの認証は変換効率80%以上が証明されたものであり、さらに「GOLD」認証」では87%以上という高性能な電源です。コスト面からメーカーPCで採用するのは稀です。

EliteDesk 800 G1 DM/CTの内部を覗いてみる

EliteDesk 800 G1 DM/CTの内部背面の手回しネジを緩めて、スチール製のサイドカバーを前面にスライドすれば内部にアクセスできます。PCI Express拡張カードの搭載はできないので、主にストレージやメモリの換装で開けることになるでしょう。
左端のハンチング穴のところに小型スピーカが見えます。

ヒートシンクとファンが一体化今回は2.5インチHDDを搭載した状態です。CPU周りにはヒートシンクとファンが一体化したようなユニットが装着されています。

UEFI設定保存用そのユニットの端にUEFI設定保存用のボタン電池を搭載。

2.5インチ・ストレージベイと、メモリスロット

EliteDesk 800 G1 DM/CTのような独特なモデルは、オンボード対応だったり固有の構造だったりするものですが、EliteDesk 800 G1 DM/CTでは汎用性のある規格が採用されています。2.5インチベイよび、204Pin DDR3 SDRAM S.O.DIMMスロットの採用です。

SATAケーブルとSATA電源ケーブルHDDに接続されているSATAケーブルとSATA電源ケーブルの一体型。コネクタ部分は共通規格ですが、独自のケーブルですね。

CMOSスイッチこの通り拡張性はないです。CMOSスイッチが見えますね。

HDDではワッシャーの間に緩衝ゴムレバーを押さえてロック解除すると、工具なしで2.5インチHDDを取り外せます。HDDではワッシャーの間に緩衝ゴムがかませてあります。

DDR3 SDRAM S.O.DIMMスロットHDDの下には、204Pin DDR3 SDRAM S.O.DIMMスロットを2基装備。ありがたいことに、オンボードメモリではないんですよね。カスタマイズでは8GB(4GB×2)までですが、最大16GBまで認識するようなので、将来的な拡張性として重宝できます。まず、8GBメモリで足らないということはありえないですけどね。

東京生産の安心性および、カスタマイズでも納期が早い

EliteDesk 800 G1 DM/CTは昭島工場の生産です。MADE IN TOKYO(東京生産)のシールが貼付されています。

HP昭島工場

MADE IN TOKYO(東京生産)のメリット

  • その1: カスタマイズ注文でも「5営業日納品」という早さ。
  • その2: 輸送距離が短く、輸送リスクを削減=故障発生率を低減。
  • その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い。
  • その4: 国内生産なので、雇用・税金など経済面で日本に大きく貢献。

EliteDesk 800 G1 DM/CTのパフォーマンスチェック

今回の構成でのパフォーマンスを紹介します。カスタマイズ選択できるなかで最高グレードであるCore i5-4570T プロセッサーを搭載。TDP35Wの低電圧版のTシリーズ。内蔵グラフィックもエントリーCPUよりも上で、インテル HD グラフィックス 4600を内蔵しています。Core i5-4570T プロセッサーは2コア実装の4スレッド動作CPU。

EliteDesk 800 G1 DM/CTのCore i5-4570T Core i5-4570T プロセッサーおよび、内蔵するインテル HD グラフィックス 4600のスペック詳細。

EliteDesk 800 G1 DMの画像

レビューしたHP EliteDesk 800 G1 DM/CTの構成

  • Windows 7 Home Premium (32bit)
  • Core i5-4570T プロセッサー(2.90 GHz~3.60 GHz 4MB)
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD SATA3.0(7,200rpm)
※EliteDesk 800 G1 DM/CTレビュー は、2014年10月時点の調査
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 ベンチマークテスト

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

レンダリング

処理時間⇒ 1分02秒

以下、当サイト(姉妹サイトも含む)が過去レビュー機を通して調査したデータと比較してみます。Core i5-4570Tは低電圧版CPUということもあり、やはり通常版の第1~第4世代Core i7よりも性能が劣るは明らか。しかし、調査データ上では、第4世代Core i3-4130に近い性能がでていました。

当サイト調査の比較参考データ(デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 24秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4770K + GeForce GTX 770 ⇒ 30秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4820K + GeForce GTX 760(192-bit) ⇒ 37秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 29秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 1分08秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 1分27秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + GeForce GT 620 ⇒ 44秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-2320 + HDグラフィックス 2000 ⇒ 48秒
  • (2011年)Win7 64bit + Pentium G620 + HDグラフィックス ⇒1分47秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + GeForce GTX 660 ⇒ 34秒
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770⇒ 38秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒1分40秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i7-960 + Radeon HD 5870⇒ 46秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 51秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒

当サイト調査の比較参考データ(スタンダードノートPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4710MQ + GeForce GTX 860M ⇒35秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4702MQ + GeForce GT 750M ⇒39秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4500U + GeForce GT 740M ⇒1分19秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + AMD A6-5200 + Radeon HD 8400 ⇒ 2分14秒
  • (2013年)Win8 64bit + Core i5-4200U + GeForce GT 750M ⇒1分38秒
  • (2013年)Win8 64bit + Core i7-3517U + Radeon HD 8730M ⇒1分23秒
  • (2013年)Win8 64bit + Core i3-3227U + HD グラフィックス4000 ⇒2分00秒
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4 ベンチマークテスト

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 52.01

RANK B ⇒ 快適にプレイできる環境

内蔵グラフィック(インテル HD グラフィックス 4600)および低電圧版のTシリーズの組み合わせでここまでFPSが出ているのはなかなかのものです。
過去データで比較すると、RADEON HD 5450 やGeForce GT220のグラフィックカードを搭載したデスクトップ機よりも高いスコアです。

以下、当サイトが過去レビュー機を通して調査したデータと比較してみます。

当サイト調べによる比較参考データ
(当時において、ローエンドGPUを搭載または内蔵したデスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 113.59
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 48.60
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 50.20
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 39.23
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + HD グラフィックス 4000 ⇒ 83.28
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + HDグラフィックス 2500 ⇒ 46.84
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + HD グラフィックス 2000 ⇒ 32.53
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒ 17.44
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + RADEON HD 5450 ⇒ 39.82
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-870 + GeForce GT220⇒ 42.41

エントリー構成HPデスクトップ内で比較

当サイト「レビュー兄さんの人気パソコン調査」でレビューしてきた HPデスクトップと比較。 パフォーマンスとしてはCore i3-4130 を搭載したHP Pavilion 500-240jp とほぼ同じとみてよさそうですね。

製品画像 レビューした構成 CINEBENCH R10ベンチマークテスト ストリートファイター4・ベンチマーク
EliteDesk 800 G1 DMの画像

HP EliteDesk 800 G1 DM/CT

  • Windows 7 Home Premium (32bit)
  • Core i5-4570T
  • 4GB(4GB×1) PC3-12800(1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 500GB HDD SATA3.0(7,200rpm)
1分02秒 52.01
GeForce GT 635搭載

HP Pavilion Slimline 400-320jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i7-4790 プロセッサー
  • 8GB (4GB×2) PC3-12800メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GT 635(2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
29秒 113.59
Pavilion 500-140jp購入ガイド

HP Pavilion 500-140jp

  • Windows 8(64bit)
  • インテル Core i5 -4440 (3.30GHz)
  • 8GB (4GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
40秒 82.94
Pavilion 22-h140jp

HP Pavilion 22-h140jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 21.5インチワイドフルHD・タッチディスプレイ
  • Core i5-4590T プロセッサー
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
48秒 53.34
Pavilion 500-240jp画像写真

HP Pavilion 500-210jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • AMD Radeon HD 8670D
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
1分08秒 50.20
Pavilion 500-240jp買っとくか

HP Pavilion 500-240jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i3-4130
  • 4GB(4GB×1)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
1分03秒 48.60
Pavilion Slimline 400-220jp購入ガイド

HP Pavilion Slimline 400-220jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Pentium G3220
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • インテル HD グラフィックス
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
1分27秒 39.23

EliteDesk 800 G1 DM/CTのイチオシ購入ポイント

EliteDesk 800 G1 DM/CTの留意点は筐体サイズによる制限であり、光学ドライブ非搭載および拡張がないことです。また法人向けということでHDMI端子はないので、リビングPCにはやや不向きなところでしょうか。

最小構成¥50,000 (税抜)~からと安価であり、場所も取らないのでセカンドPCとしても最適。またレビュー兄さんが勝手に提案する「モバイル・デスクトップ」として興味をそそる機種です。法人販売ですが、家庭の個人ユーザーでも販売してくれるのでチェックしてみてください。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hp法人デスクトップPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

ミニタワーHPエントリーデスクトップ

スリム型!HPエントリーデスクトップ

HPハイエンドデスクトップ(空冷式)

水冷式!HPハイエンドデスクトップ

設置楽々、一体型パソコン

HP据え置きエントリーノート!

HPミドルレンジ以上のノート!

HPモバイルノート!お気軽に持ち運べるノート

HPタブレット&ハイブリッドPC

HPの法人モデル