世界でトップシェアを誇るHP(ヒューレット・パッカード)のパソコン製品を調査!HP ENVY15-j100 レビュー
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP ENVY15-k000 レビュー!HPコントロールゾーン トラックパッド搭載

Haswell設計の15.6インチ・ミドルノートである、HP ENVY15-k000をレビューします。今回レビューする実機ではCore i7-4510U+ GeForce 840M を搭載います。GPUでは最大、NVIDIA GeForce GTX 850Mが搭載できるため、本格ゲームの入門機や動画編集用として活用したいミドルユーザーに向いています。

HP ENVY15-k000 レビューモダンシルバーとブラックのツートンカラーになったシンプルデザイン。主な特徴は以下の通り。

ENVY15-k000

レビューしたENVY15-k000の構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイドフルHDディスプレイ (1920×1080)
  • インテル Core i7-4510U プロセッサー
  • 16GB (8GB×2) DDR3L-1600MHz (最大16GB)
  • NVIDIA GeForce 840M(2GB)
  • 1TB ハイブリッド・ハードドライブ (8GBフラッシュメモリ内蔵)

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2014年9月時点。ENVY 15-k000の実機に基づいた調査です。購入された製品と完全一致している保証はありません。仕様変更などはHP公式サイトでご確認ください。

シルバーのスタイリッシュデザイン

ENVY15-k000のサイズなどENVY15-k000の本体サイズは、幅385×奥行き261×厚み26.5~30.5mm。重量は約2.4kgほどなので、据え置き用途がメイン。

hpロゴ。天板中央にhpロゴ。

角度ヒンジの様子。角度によって一部が飛び出るので軽く要注意。

HPコントロールゾーン トラックパッド搭載

ENVY15-k000のトラックパッド搭載Windows 8.1が快適に操作できるHPコントロールゾーン トラックパッド搭載。

タッチパッドの左右端が色違い(さらに梨地の表面処理)になっており、そのエリアがHPコントロールゾーンです。マルチタスク、チャームバー、アプリのスナップ、アプリを閉じるなどのタッチ操作が行えます。

操作一例。右からさっと左へ擦るとチャームバーが現れ、そのまま上下にスライドすると項目が選択できます。ただし、気になるのが一点。右クリック・左クリックでは、HPコントロールゾーンを避けないといけないので慣れるまではちょっと扱いにくいです。常に端をクリックするユーザーの場合、特に要注意です。

レビュー機の構成とベンチマークテストの結果

レビューしたENVY15-k000の構成は以下のとおりですが、ベンチマークテストでは、ストリートファイター4がフルHD解像度 (1920 × 1080)でも快適に遊べる性能でした。バイオハザード5くらいのミドル負荷になると、フルHD解像度では一部重くなるものの、遊べる性能があります。HD解像度であれば快適に遊べるタイトルがさらに増えてくるでしょう。

GeForce 840MENVY15-k000に搭載しているCore i7-4510Uおよび GeForce 840M のスペック。Core i7-4510Uは2コア実装でHTテクノロジーによって4スレッド動作するCPUです。15Wと非常に低消費電力。

GeForce 840Mは切り替え可能なグラフィックとなっており、低負荷の時には低消費電力のHDグラフィックス4400が使われます。自動切り替えですが、任意での切り替えが可能であり、普段、高スペックなグラフィックが必要ない方でも、「いざというときの高スペック保険」となります。

ENVY15-k000

レビューしたENVY15-k000の構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイドフルHDディスプレイ (1920×1080)
  • インテル Core i7-4510U プロセッサー
  • 16GB (8GB×2) DDR3L-1600MHz (最大16GB)
  • NVIDIA GeForce 840M(2GB)
  • 1TB ハイブリッド・ハードドライブ (8GBフラッシュメモリ内蔵)
CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

レンダリング

処理時間⇒ 1分17秒

当サイト調べによる比較参考データ(当時において上位CPU搭載デスクPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 24秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4770K + GeForce GTX 770 ⇒ 30秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4820K + GeForce GTX 760(192-bit) ⇒ 37秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒

比較参考データ2(当時において、中位以下のCPUを搭載したデスクPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 1分08秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 1分27秒
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 1分03秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + GeForce GT 620 ⇒ 44秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-2320 + HDグラフィックス 2000 ⇒ 48秒
  • (2011年)Win7 64bit + Pentium G620 + HDグラフィックス ⇒1分47秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒1分40秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 130.95

RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1280×720 ウィンドウ表示
当サイト調べによる比較参考データ(過去ノートPC)

  • (2013年)Win8.1 32bit + Atom Z3740D + HD グラフィックス ⇒ 24.57
  • (2013年)Win8.1 32bit + Atom Z3770 + HD グラフィックス ⇒ 25.09
  • (2013年)Win8.1 64bit + A4-1200 + Radeon HD 8180 ⇒ 24.85
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-2637M + HDグラフィックス3000 ⇒ 28.69
  • (2011年)Win7 64bit + Core i3-2310M + HDグラフィックス 3000 ⇒ 24.62
  • (2010年)Win7 64bit + Core i5-430M + HDグラフィックス ⇒ 16.33
  • (2007年)Vista 32bit + Core 2 Duo T7100 + GeForce 8600M GT ⇒ 24.62

1280×720 ウィンドウ表示
当サイト調べによる比較参考データ
(当時において、ローエンドGPUを搭載したデスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4790 + GeForce GT 635⇒ 113.59
  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i3-4130 + HD グラフィックス 4400 ⇒ 48.60
  • (2014年)Win8.1 64bit + A10-6700 + Radeon HD 8670D ⇒ 50.20
  • (2014年)Win8.1 64bit + Pentium G3220 + HD グラフィックス ⇒ 39.23
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + HD グラフィックス 4000 ⇒ 83.28
  • (2012年)Win7 64bit + Core i5-3450s + HDグラフィックス 2500 ⇒ 46.84
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + HD グラフィックス 2000 ⇒ 32.53
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + HDグラフィックス ⇒ 17.44
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-530 + RADEON HD 5450 ⇒ 39.82
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-870 + GeForce GT220⇒ 42.41

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 67.72
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 92.5
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 50.8
RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 フルスクリーン表示

SCORE = 3971
RANK B ⇒ 標準的な動作が見込める

FF14-新生エオルゼア

ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア

2013年8月に正式サービス開始したオンラインゲームMMORPG。不評だった旧版ファイナルファンタジーXIVを根本的に開発しなおし、大幅な変更が加えられた新バージョン。

1920×1080 高品質(ノートPC)フルスクリーンモード

2091 普通

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10

Windows版が2013年9月に発売した「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のベンチマークテスト。登場するキャラクター達が活躍するストーリーが再生される。

1920×1080 標準品質 ウィンドウ

快適 6029】 快適な動作が見込めます

ワットチェッカー
パソコンの消費電力

今回の構成における、消費電力をチェック

消費電力は変動を繰り返しますが、平均的なワット数を独断でチェックした場合

  • アイドル時の消費電力(ディスプレイ輝度最大) ⇒ 14Wあたり
  • ストリートファイター4 ベンチマークテスト実施中 ⇒ 35Wあたり
  • バイオハザード5 「ベンチマークテストA」実施中 ⇒ 43Wあたり
  • バイオハザード6実施中 ⇒ 41Wあたり

以上のグラフィックパフォーマンスよりも上を望むのであれば、NVIDIA GeForce GTX 850M (4GB)を選択しましょう。

過去のHPパソコンレビューと比較

ENVY15-k000

HP ENVY15-k000の構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイドフルHD (1920×1080)
  • インテル Core i7-4510U プロセッサー
  • 16GB (8GB×2) DDR3L-1600MHz
  • NVIDIA GeForce 840M(2GB)
  • 1TB ハイブリッド・HDD
1分17秒 130.95
製品画像 レビューした構成 CINEBENCH R10ベンチマークテスト ストリートファイター4・ベンチマーク
ENVY17-j100 Leap Motion SE 購入ガイド

HP ENVY17-j100 Leap Motion SE

  • Windows 8.1 Pro(64bit)
  • 17.3インチフルHD (1920×1080)
  • インテル Core i7-4702MQ
  • 8GB(8GB×1) PC3L-12800
  • NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
  • ENVY17-j100 Leap Motion SE レビュー
    2014年2月調査
39秒 155.79
ENVY 15-j100購入するならガイドを参考に

HP ENVY 15-j100

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 15.6インチワイド フルHD1920×1080)
  • Core i7-4702MQ
  • 4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
  • 1TB HDD+24GB SSD(mSATA)
  • ENVY 15-j100レビュー
    2014年6月調査
39秒 155.37
NVIDIA GeForce GT 640 を搭載のENVY 700-260jp

HP ENVY 700-260jp

30秒 136.23
Pavilion 500-340jp

HP Pavilion 500-340jpの構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i5-4460 プロセッサー (3.20GHz~)
  • 4GB (4GB × 1)DDR3 SDRAM メモリ
  • NVIDIA GeForce GT 640
  • 500GB HDD(7200回転)
  • HP Pavilion 500-340jpレビュー
    2014年7月調査
40秒 135.90
Pavilion 15-p000

HP Pavilion 15-p000の構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチ非光沢・ディスプレイ (1920×1080)
  • Core i7-4510U プロセッサー(2.00GHz)
  • 8GB(8GB×1) DDR3L-1600MHz
  • NVIDIA GeForce 840M(2GB)
  • 1TB ハイブリッド・ハードドライブ
  • HP Pavilion 15-p000レビュー
    2014年8月調査
1分13秒 130.20
HP ENVY17-j100

レビューしたHP ENVY17-j100の構成

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 17.3インチ非光沢ディスプレイ(1920×1080)
  • Core i7-4700MQ プロセッサー
  • 8GB(8GB×1) PC3L-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 740M
  • 2TB ハードドライブ (1TB×2)
  • HP ENVY17-j100レビュー
    2014年8月調査
35秒 124.36
GeForce GT 635搭載

HP Pavilion Slimline 400-320jp

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • Core i7-4790 プロセッサー
  • 8GB (4GB×2) PC3-12800メモリ-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GT 635(2GB)
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • HP Pavilion Slimline 400-320jpレビュー
    2014年7月調査
29秒 113.59
Pavilion 15-n200アイコン

HP Pavilion 15-n200(インテル モデル)

1分19秒 101.60
Pavilion 500-140jp購入ガイド

HP Pavilion 500-140jp

  • Windows 8(64bit)
  • インテル Core i5 -4440 (3.30GHz)
  • 8GB (4GB × 2)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • Pavilion 500-140jp レビュー
    2014年2月調査
40秒 82.94
AMDの低価格のPavilion 15-n200(AMDモデル)

HP Pavilion 15-n200(AMDモデル)

  • Windows 8.1 Pro(64bit)
  • 15.6インチワイド(1366×768)
  • AMD A6-5200 APU (2.0GHz)
  • 4GB(4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • AMD Radeon HD 8670M
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • Pavilion 15-n200(AMDモデル) レビュー
    2014年5月調査
2分14秒 69.77
Pavilion 22-h140jp

HP Pavilion 22-h140jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 21.5インチワイドフルHD・タッチディスプレイ
  • Core i5-4590T プロセッサー
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800 1600MHz
  • インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
  • Pavilion 22-h140jpレビュー
    2014年7月調査
48秒 53.34
Pavilion 500-240jp画像写真

HP Pavilion 500-210jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • AMD A10-6700 APU (クアッドコア)
  • 4GB (4GB×1) PC3-12800メモリ
  • AMD Radeon HD 8670D
  • 500GB SATA HDD(7200回転)
  • Pavilion 500-210jpレビュー
    2014年6月調査
1分08秒 50.20
Pavilion 500-240jp買っとくか

HP Pavilion 500-240jp

  • Windows 8.1 (64bit)
  • Core i3-4130
  • 4GB(4GB×1)DDR3 SDRAM メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 1TB SATA HDD(7200回転)
  • Pavilion 500-240jpレビュー
    2014年6月調査
1分03秒 48.60
Pavilion Slimline 400-220jp購入ガイド

HP Pavilion Slimline 400-220jp

1分27秒 39.23

15.6インチ・フルHD解像度 (1920 × 1080)ディスプレイ

視野角比較-TNパネル15.6インチワイドフルHD非光沢・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色)。TNパネルだと思われますが、左右からの視野角は概ね良好。かなり上からでは白く飛んでしまいますが、基本的な使い方であれば問題ないでしょう。下からの視野角はやや色度変移が見られますが、気に障るほどではありません。非光沢画面なので目に優しく、長時間のビジネス用にも向きます。

カメラ内蔵HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)を内蔵。

ENVY15-k000の側面インターフェース

ENVY15-k000の前面には特に無し。形状が分かるように裏返した状態でも撮影。

背面も特になし。

左側面

ENVY15-k000の左側面に端子が集中します。
「電源コネクター、ギガビットイーサネットLAN端子、通気孔、 HDMI出力端子、USB3.0×2基(うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応) 、SDカードスロット」 を装備。排気口がダイレクトにあり、エアーフローがしっかりしているので長時間の高負荷にも安心。

※電源オフUSBチャージ機能:パソコンを起動しなくても小型機器のUSB充電用に使える機能

今回の構成では65W ACアダプターが付属。なお、NVIDIA® GeForce® GTX 850M搭載時は、90W ACアダプターが付属するようです。

右側面

ENVY15-k000の右側面には、「ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、USB3.0 × 1基、オプティカルドライブ、セキュリティロックケーブル用スロット」 を装備。

先端に電源とHDDライトを装備。

ブルーレイディスクドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)を搭載。

ENVY15-k000のキーボード

キーボードの地部分がパームレストをプレスした一体型なので、わりと地盤がしっかりしています。タイピングしてみると、一般的なエントリーノートよりもしなりが少ない印象を受けました。パームレスト部分はアルミ素材と思われ、ENVYシリーズならではの高級感を感じます。

ENVY15-k000ではBeatsAudio デュアルスピーカー+サブウーファーを内蔵していますが、キーボードの上にスピーカーの一部を搭載。(定格出力2W+2Wのデュアルスピーカー部分)。

電源ボタンでは右端にLEDライト内蔵。指先で簡単にログオンできる指紋認証機能を内蔵しており、 指先でログオン認証が可能です。IDやパスワードの入力が不要になり、操作性が大幅に向上します。

テンキーを装備したフルサイズキーボード。キーストロークはやや浅めですが、気になるほどではありません。

バックライトキーボード(テンキー付き)を標準で搭載しているので、暗い場所でも楽々操作できます。

半角全角キーやBackspaceがやや小さいが許容範囲。気になるところはカーソルキーの「上キー」であり、小さいので指が太い人だと指先を立てて押さなくてはならないのが気になります。

fキーの印字サイズが小さいところが気になる。年配者にはちょっと見えにくいですね。

底面

ENVY15-k000には、バッテリーのロック解除ラッチとイジェクト用のラッチがついています。リチウムイオンポリマー バッテリ (4セル)を搭載しており、今回の構成の場合は、公称駆動時間が約4時間30分となっています。底面にbマークがついていますが、これがサブウーファーだと思われます。

ミドルスペックで付加機能重視のユーザーさんには、ENVY15-k000が要チェック機種です!

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP