HP(ヒューレット・パッカード)のパソコン調査!ハイパフォーマンスノート!HP ENVY17シリーズ
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

17.3インチ大画面のハイパフォーマンスノート!HP ENVY17シリーズ

HP ENVY17-j100 Leap Motion SE

HP ENVY17-j100 Leap Motion SE購入ガイドレビュー
HP ENVY17-j100

アルミ天板+パームレストの大画面17.3インチノート
HP ENVY17 j100

Haswell設計。Core i7 の構成が可能なミドルノート。アルミボディ、バックライトキーボード、サブウーファー内蔵の4スピーカー構成、ストレージベイ2基、指紋認証機能付きなどプレミアムな構成

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2014年2月時点。当ENVY17-j100 Leap Motion SE 実機に基づいた調査です。購入された製品と完全一致している保証はありません。仕様変更などはHP公式サイトでご確認ください。

世界で初めてLeap Motionコントローラーを内蔵した、HP ENVY17-j100 Leap Motion SEをレビューします。
このLeap Motionとは、タッチディスプレイやマウスに触れずに、空中にある手や指の動作(ジェスチャー)を認識して操作できる機能です。両手や10本の指を認識する高い精度を持っています。ただし、パソコン全般の操作が行えるのではなく、対応ソフトのみとなります。

2014年時点で、Leap Motionで可能なジェスチャーコントロールの用途は、ゲームや教育アプリ、ブラウジング、クリエイティブなどです。今後、どれだけ対応アプリが登場するか分からないので、将来を見込んだ購入となるでしょう。Leap Motionについては後ほどまた解説します。

HP ENVY17-j100 Leap Motion SEは、Haswell設計でモバイル インテル HM87 Express チップセットを採用しています。今回のENVY17-j100 Leap Motion SE 実機には、Core i7-4702MQとNVIDIA GeForce GT 750M (4GB) を搭載しており、ミドルハイエンドの構成となっています。サイズは幅416 × 奥行き274 × 厚み29.4~36.4mm。

バックライトキーボード、Beats Audioクアッドスピーカーとサブウーファー、USB3.0端子 × 4基装備、ストレージベイ2基、指紋認証機能付きなど、ENVYシリーズならではのプレミアムな構成となっています。

中央のhpロゴ-ENVY17-j100 Leap Motion SE
天板はさらっとした手触りの梨地で、カラーはナチュラルシルバー。アルミ素材の高級感がでており、中央のhpロゴはミラーになっています。

120WのACアダプタ
レポートしている実機ではGeForce GT 750M 搭載なので、120WのACアダプタが付属します。

17.3インチ・タッチディスプレイのフルHD解像度

大画面の17.3インチ
ENVY17-j100 Leap Motion SE は大画面の17.3インチ・タッチディスプレイで、フルHD解像度 (1920×1080) を搭載しています。上級者好みのディスプレイです。

MADE IN TOKYOのENVY17-j100 Leap Motion SE
ディスプレイベゼルにはbeats audioやMADE IN TOKYO、hpなどのロゴが見えます。上部中央には「HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)」を内蔵しており、このWebカメラの左右に1つずつ内蔵マイクが搭載されています。(デュアルマイク)

HP昭島工場

MADE IN TOKYO(東京生産)のメリット

  • その1: カスタマイズ注文でも「5営業日納品」という早さ。
  • その2: 輸送距離が短く、輸送リスクを削減=故障発生率を低減。
  • その3: 生産拠点が東京なので要望のフィードバックが早い。
  • その4: 国内生産なので、雇用・税金など経済面で日本に大きく貢献。

ENVY17-j100 Leap Motion SE は東京・昭島工場の生産モデルです。

ENVY17-j100 Leap Motion SE の色度変移
視野角では、左右からの角度はなかなか好感触ですが、上下からの視認では色度変移が顕著に現れます。極端な上下角度からディスプレイを見るケースはあまりないと思われるので、使用上で気になることはないでしょう。左右の視野角が良好であれば合格点だと思います。

装備端子のチェック

HEWLETT-PACKARDの印字
前面および背面には装備する端子はありません。前面はタッチパッドの位置に少し隙間があり、ディスプレイを開けやすくなっています。背面は斜めカットしたような形状で中央にHEWLETT-PACKARDの印字がされています。

左側面

薄型でスタイリッシュ
ディスプレイはここまで開きます。17インチノートといえばごっついイメージが有りましたが、それは昔の話で、ENVY17-j100 Leap Motion SE はかなり薄型でスタイリッシュです。では左側面の装備端子をチェックしましょう。

ENVY17-j100 Leap Motion SE HDMI出力端子左側面に、セキュリティロック穴、 排気口スリット、 HDMI出力端子、 ギガビットイーサネットLAN 、USB3.0×1基(電源オフUSBチャージ機能対応)、 USB3.0×1基、 SDカードスロット。 先端に電源とHDDの動作ライトを装備しています。

電源オフUSBチャージ機能というのは、パソコンを起動しなくても、対応のUSB3.0端子から周辺機器を充電できる機能です。ACアダプタにつながっていなかったら、バッテリーの電力が使われます。

右側面

光学ドライブ右側面に、ヘッドセット端子、 USB3.0端子×2基 、光学ドライブ、電源コネクターを搭載しています。
USB3.0端子が合計4基あるので、デスクトップ機の代替にもなるでしょう。

底面にサブウーファ内蔵!およびバッテリーの着脱

Beats Audioクアッドスピーカー搭載のENVY17-j100 Leap Motion SE 購入ENVY17-j100 Leap Motion SE は、Beats Audioクアッドスピーカーとサブウーファーを搭載したサウンドに強いノートですが、ステレオスピーカとサブウーファは底面に配置されています。

バッテリー
ラッチ解除でバッテリーを外せます。

大画面ノートならではの拡張性!HDDベイが2基

Leap Motion SEの中身はなにかな
ENVY17-j100 Leap Motion SE はバッテリーを外さないと、裏面カバーが外せない構造になっており安全です。

HDDはシリコンのマウンタによって装着
2.5インチHDDベイが2基用意されており、今回の構成では1基空いた状態です。SATA接続には独自のケーブルが使われており、購入後は2台目の増設ができません。必要であればHPの注文ではじめから2台搭載しておきましょう。HDDはシリコンのマウンタによって装着されており、ネジフリーの搭載です。

低電圧メモリのPC3L-12800
メモリスロット(SO-DIMM)が2基あります。低電圧メモリのPC3L-12800 (DDR3L-1600)規格が採用されています。メモリスロットの側には無線LANカードが装着されています。

Leap Motionで新感覚の操作を楽しむ

Leap Motionは、空中ジェスチャーで操作できる機能であり、両手や10本の指を認識する高い精度を持ちます。つまり非接触操作が可能な機能です。このような操作インターフェースを「ナチュラル・ユーザー・インターフェース(NUI)」といい、マイクロソフトも研究開発に乗り出しているらしいです。今後の展開が気になるところですね。

内蔵したのはENVY17-j100 Leap Motion SEが世界初Leap MotionコントローラーはすでにUSB接続タイプで存在していたのですが、内蔵したのはENVY17-j100 Leap Motion SEが世界初だそうです。

インストールされていたゲームLeap Motion
Leap Motionのネックは対応ソフトでないと反応しないということ。とりあえず、インストールされていたゲームを遊んでみます。アプリ起動するとパームレストに内蔵されているLeap Motionが自動で起動します。Leap Motionは2つの赤外線3Dカメラで映像を捉えて認識するシステムで、キネクトの200倍の感度があるらしいです。

Google Earth」がLeap Motionに対応
10本の指の動きを0.01mmレベルで検出できるらしく、弾いたり摘んだりというアクションを認識します。実際に操作してみるとかなり慣れが必要な作業でした。なんとなくコツを掴んできた気もしますが、自由自在とは言えず道のりは長そうです。

パームレストに手を置くと認識しないので、操作の間はずっと宙に浮かせた状態をキープしなくてはなりません。これは肩がこるので長時間操作には向かないです。ゲーム以外では、お絵かきツールなどクリエイティブアプリがあるのでお子様受けしそうな機能です。地図では「Google Earth」がLeap Motionに対応しています。決して必須とは言いがたい機能ですが、新しもの好きには興味津々です。

今回レビューしているENVY17-j100 Leap Motion SE の構成とその性能

実機ではCPUにはCore i7-4702MQを搭載、GPUにはNVIDIA GeForce GT 750M (4GB)を搭載しています。ベンチマークテストで性能をチェックしてみました。結果は、ストリートファイター4とバイオハザード5がフルHD解像度で快適に遊べるレベル。HD解像度であればバイオハザード6が標準的に動くという結果でした。

ENVY17-j100 Leap Motion SE 購入ガイド

レビューしたENVY17-j100 Leap Motion SE の構成

  • Windows 8.1 Pro(64bit)
  • 17.3インチフルHDブライトビュー・タッチディスプレイ (1920×1080)
  • インテル Core i7-4702MQ (2.20GHz~3.20GHz, キャッシュ6MB)
  • 8GB(8GB×1) PC3L-12800 (1600MHz)
  • NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
    ※自動切り替え機能:低負荷時⇒インテル HD グラフィックス 4600
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)

注目スペック

  • モバイル インテル HM87 Express チップセット
  • 指紋認証リーダー内蔵
  • HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)、内蔵マイク
  • バックライトキーボード(テンキー付き)
  • Beats Audio クアッドスピーカー+サブウーファー
  • Leap Motion 内蔵
CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

処理時間

39秒
デスクトップPC用の、第2世代Core i7-2600と同等です。ノートパソコンとしては強力な処理能力です。

当サイト調べによる比較参考データ(過去デスクトップPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4960X + GeForce GTX 770 ⇒ 24秒
  • (2012年)Win7 64bit + Core i7-3770 + GeForce GTX 660 ⇒ 34秒
  • (2011年)Win7 64bit + Core i7-2600 + Radeon HD 5770⇒ 38秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-860 + GeForce GTX 260⇒ 51秒
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 155.79
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1920×1080 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 95.58
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 101.4
RANK S ⇒ すべてのシーンで非常に快適に動作。

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 ウィンドウ表示

SCORE = 4436
RANK B ⇒ 標準的な動作が見込める。

1920×1080 フルスクリーン表示

SCORE = 2544
RANK C ⇒ プレイは可能だが、処理負荷によって動作が重くなる。

FF14のできるパソコンとは
負荷レベル:ヘビー

ファイナルファンタジーXIV

2010年9月に発売したPC版ファイナル・ファンタジーの2作目。登場当時としては先を見越した設定となっており、求められるパソコン性能のが非常に高いです。テストではヒューラン(男)で実施。

LOW(1280×720)

SCORE = 3081(やや快適 )

NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)を搭載していますが、切り替え可能なグラフィックスとなっています。低負荷時ではCPU内蔵グラフィックが有効化され、低消費電力を優先します。なお、NVIDIAのコントロールパネルから手動設定も可能です。

NVIDIA GeForce GT 750M
Core i7-4702MQは4コア実装でHTテクノロジーによって8スレッド動作するCPUです。NVIDIA GeForce GT 750Mのシェーダー数は384基でGT740と同じですが、バス幅が広くなっており128bit。

カスタマイズ選択例

レビュー時点における、ENVY17-j100 Leap Motion SE の選択可能パーツ。モニタ解像度とCPUは選べないようです。

osはWindows
  • Windows 8.1 (64bit)
  • Windows 8.1 Pro (64bit )
モニタ-ディスプレイ
  • 17.3インチフルHDブライトビュー・タッチディスプレイ(1920×1080)
CPUカスタマイズ
  • インテル Core i7-4702MQ プロセッサー 2.20GHz-3.20GHz
グラフィックカスタマイズ
  • NVIDIA GeForce GT 740M (2GB)
  • NVIDIA GeForce GT 750M (4GB)
メインメモリ
  • 4GB(4GB×1) PC3L-12800 (1600MHz)
  • 8GB(8GB×1) PC3L-12800 (1600MHz)
  • 16GB(8GB×2) PC3L-12800 (1600MHz)
ストレージ、HDD-SSD
1基目
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • 2TB ハードドライブ (1TB×2基) (SATA, 5400回転)
ストレージ、HDD-SSD
2基目
  • なし
  • 24GB SSD (mSATA) ※ISRT対応時
ISRTとは、SSDをHDDのキャッシュとして使用することで、システムの読み込みを高速化する技術。システムデータそのものはHDDに保存されているので、SSDの容量の少なさを心配することがない。
光学ドライブのカスタマイズ
  • DVDスーパーマルチドライブ
  • ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
  • ブルーレイディスクドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)

テンキー付きキーボードとパームレスト

ENVYシリーズならでは高級感だ、ENVY17-j100 Leap Motion SE レビュー
パームレストはアルミ製でENVYシリーズならでは高級感。テンキーを装備したアイソレーションキーボードです(105キー・キーボードでJIS標準準拠・OADG準拠配列)。そしてバックライト・キーボード機能が付いているので、暗所でも操作が可能です。

見たところ、使われているキーボードはENVY15-j100とまったく同じです。ENVY17-j100 Leap Motion SE の幅であれば、もっとワイドにキーボードスペースを使えそうですが、同じパーツを使うことで低コスト化を図っていると思われます。

Beats Audioのロゴマークが点灯する電源ライト、一体型のタッチパッド、Beats Audioのロゴ、キーボード上のスピーカを配置しています。このスピーカはクアッドスピーカーのうちの1つです(底面にもスピーカを搭載)。

ENVY17-j100 Leap Motion SE が採用しているBeats Audioテクノロジー(デジタル・シグナル・プロセッシング)によって独自のチューニングが施されています。デジタル音源を圧縮する際に失われた音質を回復し、迫力の重低音とクリアな高音域を実現しているようです。

指紋認証機能デバイスが搭載suるenvyパームレストの右側にLeap Motionコントローラがあり、既成品からさらに薄さ約3.5mmにすることで内蔵が可能となったといいます。このバー右隅に指紋認証機能デバイスが搭載されており、標準搭載となっています。

キーストローク は 約1.5mmのenvy主要なキーではキーピッチが 約18.7×18.7mmであり、フルサイズ。キーストローク は 約1.5mmなのでやや浅めのキータッチとなります。隅にあるキーは角が丸くなっているデザインです。ほとんど目立ちませんがエッジが赤いラインになっています。キートップは極わずかに凹んでいますが、顕著にフィット性を感じるには至りません。タイピング感は少しふわりとした印象です。

ENVY15-j100 とおなじのキーボード部品
基本箇所のキーピッチは約18.7×18.7mmでありフルサイズキーボードです。JIS標準準拠・OADG準拠配列[105キー]。 Fキーはコントロールキーとの兼用であり、優先設定しなかったほうをfnキーと組み合わせて使います。 fキーの印字が小さいので年配者にはやや見えづらいでしょう。半角/全角キーがやや小さいですが、端にあるキーなので操作性は妥協できる範囲です。sキーあたりに少々たわみを感じます。

このサイトからENVY17-j100 Leap Motion SE 購入backspaceキーが小さいのがやや気になる感じです。カーソルキーでは、上下キーが扱いにくく、左右キーが大きいがために、特に↑キーでは少し接触の心配をしなくてはなりません。反面、左右キーは扱いやすいです。ゲームで多用するならテンキーで代用したほうがいいでしょう。

ENVY17-j100 Leap Motion SE 購入ポイント

GeForce GT 750Mを搭載しておけば、ミドルクラスの本格ゲームが楽しめて、ゲームノートの入門機となるでしょう。付加機能としてクアッドスピーカ+サブウーファのサウンドで映像娯楽も楽しめる。HDDベイを2基搭載できる拡張性があり、大容量化が容易です。mSATAスロットにSSDを搭載すれば、ISRT対応で高速起動が可能となります。

Leap Motionですが、対応ソフトが必須なので将来を見込んだ先行投資となります。OS自体の操作はできないし、正直、無くてはならない機能とは言えません。これまでにないエンタテインメントを経験してみたい娯楽ユーザー向けとなります。導入すればちょっとした自慢話くらいはできそうですね。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP