HP 14-ac000 エントリーモデルを購入ガイド(2015年7月10日時点)
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

ネットブックの流れを組む14インチノート!Airmont マイクロアーキテクチャ採用のエントリーモデル

HP 14-ac000 エントリーモデル レビュー

HP 14-ac000 シリーズのうち、エントリーモデル(HP 14-ac005TU)をレビューします。このエントリーモデルでは第4世代のAtom系であるAirmont マイクロアーキテクチャが採用されています。一方、スタンダードモデルでは第4世代CoreシリーズのHaswellマイクロアーキテクチャ設計なので、根本的なテクノロジーが違います。

筐体が共通でも内部設計は別物ということですので、購入の際は「エントリーモデル」と「スタンダードモデル」を区別しておかなくてはなりません。見た目が同じでも中身は別物です。

HP 14-ac000 エントリーモデル レビュー
HP 14-ac000 エントリーモデル HP 14-ac000 スタンダードモデル
HP 14-ac005TU HP 14-ac006TU HP 14-ac007TU HP 14-ac008TU
インテル® Celeron® プロセッサー N3050 インテル® Core™ i3-4005U プロセッサー
インテル®HDグラフィックス インテル®HDグラフィックス4400
Airmont マイクロアーキテクチャ(第4世代のAtom) Haswellマイクロアーキテクチャ(第4世代Core)

レビュー実機ではHP 14-ac000 エントリーモデルなので、Airmont マイクロアーキテクチャ設計。搭載CPUはCeleron N3050で、Celeronブランドですが、設計自体はネットブックで培ってきたAtomの第4世代です。Celeron N3050は開発コード名ではBraswell(ブラスウェル)と呼ばれるものでBay Trailの後継製品にあたります。
プロセスルールがついに14nmと超微細な新テクノロジーですが、ロースペックの位置づけです。ウイルススキャンなどバックグラウンドで動作されると、若干操作に影響を感じます。

ネットや動画視聴、ビジネス用途であればこのエントリーモデルで十分ですが、編集作業とかするのであれば、上位のスタンダードモデル(Haswellマイクロアーキテクチャ設計のCore™ i3-4005U プロセッサー搭載)を選びましょう。

今回レビューした構成: HP 14-ac000 エントリーモデル

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 14.0インチワイド・HDブライトビューディスプレイ (1366×768)
  • Celeron プロセッサー N3050 (1.60GHz-2.16GHz, L2 キャッシュ 2MB)
  • 4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz (最大4GB)
  • インテル HDグラフィックス
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • 2015年7月10日調査
    予算参考:調査時点の最小構成価格:¥34,800(税抜)~

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2015年7月時点のレビューになります。仕様変更やカスタマイズの違いがあるため、詳しくはHPサイトをご覧ください。

HP 14-ac000の天板デザイン

ダイヤモンドカットホワイトシルバーの天板デザイン。ダイヤモンドカットの立体パターンが施してあり、指紋が付きにくくなっています。先端には少し突起があってディスプレイを開くときに指を引っ掛けやすい構造になっています。

電源45W ACアダプタと電源ケーブル。

8時間が公称値実機の重量は2039g、ACアダプタ&電源ケーブルを含むと2318gでした。公称値の約1.94kgとは100gほどの誤差。バッテリー駆動では8時間が公称値となっています。

HP 15-af000を置いて左側に15.6インチエントリーノートのHP 15-af000を置いてみた様子。

14インチ光沢ディスプレイと視野角

HP 14-ac000のディスプレイ14インチ画面にスタンダードな解像度を搭載(1366×768)。個体差はあるのかもしれませんが、若干青みかかった白の発光です。適切な色表現は別として、白の純度が低いため比較的眩しくない印象を受けます。光沢パネルなので、背景映り込みには若干注意が必要ですが、ちょっとした角度の視野角は良好です。

ディスプレイベゼルにHP TrueVision HD Webcam (約92万画素)を内蔵。

TNパネル上下からの視野は色度変移が激しい。低価格帯ノートでは定番のTNパネルっぽいですね。まず、こんな角度から使うユーザーはいないでしょうけど。

装備インターフェース!外部モニタ出力用にHDMIとVGA端子を持つ

前面の左隅にSDカードスロットを配置。かなり底面寄りにスピーカを配置。

左側面に、電源コネクタ、排気口、VGA端子、100BASE-LAN端子、HDMI端子、USB3.0×1、USB2.0×1、 ヘッドセット端子。

外部モニタ出力用にHDMIとVGA端子を持つので、新旧モニタに対応できます。またギガビットイーサーLANではないので、家庭内サーバーを使っているユーザーには向きません。

電源ライト、バッテリライト、USB2.0端子×1基、光学ドライブを配置。

背面には端子の配置はありません。ヒンジが2箇所。

パームレストとキーボード

パームレストには交差したヘアライン処理風のプリントが施してあります。HP Imprint 技術によって高耐久性のあるプリント転写です。ギラついていない程よい光沢になっています。

クリックボタンが独立設置なので、手応えのあるクリック感です。

電源ボタン。

概ねキーピッチ19mmのフルサイズキーボード。ただし、「Enterキーが2列目の配置、上下カーソルキーが小さい、BackSpace、半角全角キーが小さめ」という点では、変則的であり慣れが必要になります。キーストロークはやや浅め。

HP 14-ac000 エントリーモデル実機におけるパフォーマンス

今回レビューした構成: HP 14-ac000 エントリーモデル

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 14.0インチワイド・HDブライトビューディスプレイ (1366×768)
  • Celeron プロセッサー N3050 (1.60GHz-2.16GHz, L2 キャッシュ 2MB)
  • 4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz (最大4GB)
  • インテル HDグラフィックス
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • 2015年7月10日調査
    予算参考:調査時点の最小構成価格:¥34,800(税抜)~

HDDパフォーマンス

供給状況によって搭載されるサプライヤーは異なりますが、今回のHGST製500GB HDDのパフォーマンスをチェック。最近のHDDはだいたいこんなものでしょう。

2D高精細コンテンツ再生チェック

BDを超える2D高精細コンテンツ:Pioneer Visual Material の再生してみました。通常のBDタイトルの場合は最大Rate 40Mbpsで制限されていますが、この動画は「平均Rate 50Mbps、最大70Mbps/VBR」という通常のBDタイトルを超える転送レートの動画コンテンツです。 使用率50%なので滑らかな再生ができていますが、余裕とまでは行かないですね。2Dコンテンツがメイン使用であれば、充分な性能です。

高負荷時のパフォーマンスチェック

CINEBENCH R10 ベンチマークテストと、ストリートファイター4 ベンチマークテストで、性能チェックします。

HP 14-ac000 エントリーモデル

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 14.0インチワイド・ディスプレイ (1366×768)
  • Celeron プロセッサー N3050
  • 4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • インテル HDグラフィックス
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
CINEBENCH R10ベンチマークテスト
5分02秒
ストリートファイター4・ベンチマーク
11.05
Pavilion11 h000 x2イメージ

比較対象:HP Pavilion11 h000 x2

  • Windows 8.1 (64bit)
  • 11.6インチ(1366×768)
  • インテル Celeron N2920
  • 2GB DDR3L メモリ
  • インテル HDグラフィックス
  • 64GB SSD
2分52秒 23.49

Celeron プロセッサー N3050は、Bay Trailの後継となるBraswellで「22nm ⇒14nm 、TDP7.5W⇒6W」と主だった進展があるものの処理能力は控えめ。2コア実装2スレッドというのもやや心もとないです。ただ、このCPUは1W消費電力あたりのパフォーマンスアップに注力したものだと思われます。ネットや文書作成がメインのユーザー向けですが、バッテリーの持ちがよくなったことに注目できます。

DELL Latitude 15 3000
シリーズ(3550) 
※姉妹サイトから情報ピックアップ

比較対象:
DELL Latitude 15 3000シリーズ(3550)

  • Windows 7 Professional(32bit)
  • 15.6インチ非光沢ディスプレイ(1366 x 768)
  • Core i3-4005U プロセッサー (1.70 GHz,)
  • 4GB (4GBx1) 1600MHz DDR3L メモリ
  • インテル HD グラフィックス 4400
2分35秒 43.73
Pavilion 15-ab000の構成 (コバルトブルー)
2015年8月13日調査

HP Pavilion 15-ab000(コバルトブルー)

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイドHDブライトビュー(1366×768)
  • Core i5-5200U (2.20GHz-2.70GHz)
  • 4GB (4GB×1)(DDR3L-1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 5500
  • 1TB ハードドライブ
1分17秒 49.05

比較参考として、Core i3-4005UやCore i5-5200U を搭載したスタンダードなノートでは、これくらいの性能となります。Celeron プロセッサー N3050とはかなりの性能差があることが分かります。

HP 14-ac000 エントリーモデル 購入ポイント

購入HP 14-ac000 エントリーモデル はネットブックの流れを組んできたAtom系のCPU搭載製品。しかし、第4世代Atomともなると高精細2Dコンテンツに耐えうる性能です。ただし、セキュリティソフト等の常駐や、あれこれと起動したままの使い方になるとモッサリしてきます。サブPCならいいとして、メインPCとして買い換えるならもう少しサクサク動作してくれる「インテル Core i3-4005U プロセッサー搭載のスタンダードモデル」がオススメです。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

2015年のレビュー更新