世界でトップシェアを誇るHPパソコン調査!HP 14-r200を購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP 14-r200をレビュー!基本性能のコスパ14インチノート

高精細コンテンツに対応できる基本性能を持ち、コストパフォーマンスに優れた14インチノート!HP 14-r200をレビューします。ホームモバイルに使いやすいサイズであり、セカンドPCとしてもオススメです。

HP 14-r229TU スタンダードモデルにてレビュー

HP 14-r200をレビューHP 14-r200 シリーズには、ほかにHP 14-r228TUベーシックモデル 、HP 14-r237TU エントリーモデルがありますが、今回はHP 14-r229TU スタンダードモデルを取り上げています。サイト上で仕様を見ると、モデルによって「光学ドライブがない、メモリスロットの仕様が異なる」などの違いがあります。

HP 14-r228TU ベーシックモデル HP 14-r237TU エントリーモデル HP 14-r229TU スタンダードモデル
インテル Celeron N2840 インテル Celeron N2840 インテル Core i3-4005U
なし DVDスーパーマルチドライブ DVDスーパーマルチドライブ
1スロット (SO-DIMMメモリ)
DDR3L-1333MHz
1スロット (SO-DIMMメモリ)
DDR3L-1333MHz
2スロット (SO-DIMMメモリ)
DDR3L-1600MHz
HP 14-r200

今回レビューした構成: HP 14-r200 (HP 14-r229TU )

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 14インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ (1366×768)
  • インテル Core i3-4005U プロセッサー (1.70GHz)
  • 4GB (4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • インテル HDグラフィックス4400
  • 500GB HDD

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2015年2月時点のレビューになります。レビュー実機の調査であり、販売時期や供給状況により情報と異なる場合があります。詳しくはHPサイトをご覧ください。

天板スパークリングプラック

スパークリングブラック。HP Imprint反射でキラキラする黒曜石のような光沢を持つ、スパークリングブラック。HP Imprint(インプリント)という成形同時加飾転写によって、傷などに強い耐久性を持つ塗装となっています。廉価製品ということもあり、hpロゴもプリントです。

ディスプレイHP 14-r200における側面のデザイン。ディスプレイはここまで開きます。

2箇所のヒンジ

ヒューレットパッカーどの廉価製品ヒンジの構造。

基本を押さえている、装備インターフェース

HP 14-r200は超エントリーと言えど、基本的なインターフェースをしっかり装備しています。左側面には、「セキュリティロックケーブル用スロット、電源コネクター、排気口、VGA端子 、HDMI出力端子 、100BASE-LAN端子、USB3.0端子 × 1基 、ヘッドセット端子」を装備します。

光学ドライブ右側面には、USB2.0端子×2基、光学ドライブを装備。

HP 14-r200のsdカードはな前面にSDカードスロットを装備しています。この位置はかなり扱いやすいです。なお、HP 14-r200の背面には装備端子はありません。

底面のバッテリーとモジュールカバー

エントリーノート購入ガイド底面の様子。手前にスピーカを搭載していますが、ほとんど底面の位置なのでやや気になります。ただ、たかだかエントリーノートのスピーカということもあり、配置によるデメリットは感じられませんでした。

HP 14-r200のバッテリーガイド底面のラッチを2箇所解除することでバッテリが外せます。なお、節電に効果を発揮する 「HP ピークシフト」機能があるので、ACアダプタ時の給電時間をあらかじめ指定することで、効率のよい電源管理がおこなえます。

HP 14-r229TU スタンダードモデル詳しいよビス一本外せば、モジュールカバーが外せます。HP 14-r229TU スタンダードモデルでは、2スロット (SO-DIMM)装備します。今回は4GB (4GB×1) 1600MHzメモリの搭載ですが、8GB(4GB+4GB)も可能です。

なお、ベーシックモデルとエントリーモデル(Celeronプロセッサー搭載モデル)は1スロット。メモリ自体は1600MHzですが、仕様上 1333MHzで動作します。しかもユーザーがアクセスできるタイプではないようです。

ACアダプタ

45W スマートACアダプタ。ミッキー型プラグの電源ケーブルを接続します。ただ、電源ケーブルは太め(グローバル仕様)なので取り回しはよくないです。

14インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ (1366×768)

HP 14-r200は14インチ光沢液晶搭載で、解像度はこのサイズのノートでは一般的な1366×768。

視野角を見る限り、TNパネルだと思われます。少々の角度からなら支障なく視認できますが、特に上方からだと白く飛ぶ傾向があります。※写真ではバッテリーを外しているので、ヒンジあたりがスカスカになっています。

ディスプレイベゼル上部には、HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)とマイクを内蔵。

キーボード

パームレストもHP Imprintによるスパークリングブラック。光沢面であるため、指紋が付きやすいです。

HP 14-r200は廉価製品ということもあり、電源マークがプリント。サイズとしては扱いやすい。最近のノートパソコンとしては珍しく、クリックボタンが独立したタイプ。一体型タッチパッドが苦手なユーザーにはオススメできる仕様です。

アイソレーションタイプ。ENTERキーが2列目にあるので、若干の慣れが必要になるかも。指先が太いと、カーソルキーの「↑」はちょっと扱いにくいです。

ベンチマークテストとパフォーマンス比較

HP 14-r229TU スタンダードモデルでは、インテル Core i3-4005U プロセッサーを搭載しており、これに内蔵するグラフィックは、インテル HDグラフィックス4400です。

Core i3-4005UHaswell設計のCore i3-4005U はTDPがたったの15Wという低消費電力版のUシリーズ。2コア実装ですがHTテクノロジーによって4スレッド動作するCPUです。

CINEBENCH R10 ベンチマークテスト

CPUをMAXに稼働HP 14-r229TU のレビュー実機では、処理時間が2分00秒でした。CPUをMAXに稼働していても消費電力は19Wほど。

レンダリングテストのCINEBENCH R10

解説:CINEBENCH R10 ベンチマークテストとは

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

昔、当方で調査したパソコンでは、以下の様な結果がでています。 2008年のCore 2 Duo E8400デスクトップマシンよりパフォーマンスが高いです。

  • デスクトップ
  • (2008年)Vista 32bit + Core 2 Duo E8400 + RADEON HD 4650⇒ 2分31秒
  • (2006年)XP 32bit + Pentium D 915 + RADEON HD 3650 ⇒ 5分28秒
  • (2003年)XP 32bit + Pentium 4 /3GHz + GeForce 6600 ⇒ 7分36秒
  • ノート
  • (2009年)Win7 64bit + Core i5-450M + RADEON HD 5650 ⇒1分48秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core i7-720QM + RADEON HD 4570 ⇒1分33秒
  • (2009年)Win7 64bit + Core 2 Duo P8700 + RADEON HD 4670 ⇒2分33秒
  • (2007年)Vista 32bit + Core 2 Duo T7100 + GeForce 8600M GT ⇒4分18秒

ストリートファイター4

HP 14-r200のゲーミング性能1280*768ウインドウ表示で、44.22FPS。消費電力は24Wほどで済んでいます。快適な動作まではいかないものの、エントリー用途であれば過剰スペックと言っても過言ではないでしょう。

高精細コンテンツに余裕

Pioneer Visual Material

2D高精細コンテンツ:Pioneer Visual Material の再生

Pioneer Visual Material Movie01は「平均Rate 50Mbps、最大70Mbps/VBR」という通常のBDタイトルを超える転送レートの動画コンテンツです。 (※通常のBDタイトルの場合は等速36Mbps、最大Rate 40Mbpsで制限されています。)
これがスムーズに再生できれば、2D高精細コンテンツに十分対応できると判断できます。

コンテンツ対応HP 14-r229TU スタンダードモデル(インテル Core i3-4005U )では、読み込み時に30%あたりのCPU使用率でしたが、後は8%程度の使用率で動作しています。ブルーレイを超える2Dコンテンツの娯楽であっても、十分な性能があると判断できます。

ストレージパフォーマンス

ST500LT012実機ではST500LT012-1DG142のHDDが搭載されていましたが、パフォーマンスは上記の通り。※供給状況によりパーツメーカは異なります。

HP 14-r200は低予算で購入できるモデルとはいえ、基本を押さえており、本格ゲーム用途以外であれば概ね納得できる性能を持っています。また、低消費電力であるためホームモバイル用やセカンド用にも良いです。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

コスパ重要視、15.6インチスタンダードノート、HP 15-g000

基本機能を搭載した 15.6インチワイド エントリー・ノートPC。 天板とパームレストはスパークリングブラックで、摩擦に耐久性のある「HP Imprint」テクノロジーを採用。基本を押さえたスペックです。

基本を押さえた15.6インチ・エントリーノート!Pavilion 15-n200シリーズ

基本を押さえた15.6インチ・エントリーノートであり、多くのユーザーにコストパフォーマンスで応える製品です。低価格構成でも2D高精細コンテンツを楽にこなせるので、本格ゲームをやらないユーザーなら、どれを選択してもスペックに不満はありません。

Pavilion 15-pシリーズ!剛性を重視したユニボディ!

ややグレードの高い15.6インチ・エントリーノート!継ぎ目を極力なくし、パーツを極力少なし、剛性を高めたユニボディの構造。これで、隙間に入る汚れも抑えられるメリットがあります。