HP 15-af000の購入ガイド (2015年7月10日時点)
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

AMD E1-6015 APU搭載の、無駄に性能が高くない低価格15.6インチノート。

HP 15-af000 エントリーモデル レビュー

スタンダードな15.6インチノートの筐体に、低コストパーツのAMD E1-6015 APUを搭載した製品、HP 15-af000 エントリーモデルを レビューします。AMD E1-6015 APUといえばインテルAtomの対抗馬的なCPUで、これまでのネットブックの流れを組んできた低コスト&低スペックのプロセッサーです。

HP 15-af000 エントリーモデル レビュー現在のメインストリームと比べると低性能ですが、ネットやビジネスソフトなどライト負荷な用途であれば、事足りるパフォーマンスです。何よりも最小価格で¥33,800 (税抜)という格安なのが目の付け所となります。無駄に性能が高くない分、低消費電力というのもポイントです。筐体はスタンダードな15.6インチノート型なので、操作性においてはメインPCとして十分活用できます。光学ドライブも付いています。要点は「どこまで処理能力を求めるか」ですね。「ネットや文章作成しかしないよ」というなら、後はデザインだけ気に入ればよし。

HP 15-af000の画像データ

今回レビューしたHP 15-af000の構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイド・HDブライトビューディスプレイ(1366×768)
  • AMD E1-6015 APU (1.4GHz, 1MB L2キャッシュ)
  • 4GB (4GB×1) DDR3L-1333MHz
  • AMD Radeon R2 グラフィックス
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • 2015年7月10日調査 予算参考:調査時点の最小構成価格:¥33,800 (税抜)~

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2015年7月10日時点のレビューになります。供給状況による情報相違にはご注意を。詳しくはHPサイトをご覧ください。

ダイヤモンドカットの天板デザイン

hp天板デザイン写真ターボシルバーというカラーリング。HP Imprintという耐久性のある転写で、綺麗なプリント面を長期間保てます。

ダイヤモンドカッポリカーボネート素材の質感のままですが、天板はダイヤモンドカットの凹凸加工がされているため、この価格帯としてはデザイン性が高いです。軽くザラザラっとしてベタつきにくく指紋が付きにくいです。「これをゴールドカラーにすれば、ゴールドライタン!」なんて発想する人は、間違いなく おっさんです。冗談はさておき、エッジの先端には少し突起があるので、ディスプレイが開けやすくなっています。

パソコン解説

HP Imprint(インプリント)とは・・・・

ボディ成型時、デザインを加えたフィルムに樹脂を流し込み転写させる技術(成形同時加飾転写システム)。 単なる表面塗装ではないため、最終工程で表面塗装する一般的なPCに比べ、綺麗なプリント面を長期間保つことができる。この技術を提供しているのが日本の老舗企業「日本写真印刷株式会社(NISSHA)」だ。

ディスプレイ・チェック

hpヒンジ2箇所にヒンジがあり、通常の使い方であれば事足りる角度まで開けます。

ディスプレイベゼルにHP 15.6インチワイド画面に光沢液晶。このサイズでは一般的な解像度(1366×768)です。白の純度があまり高くなく、輝度を最大にしても微妙に青みかかった印象を受けます。良く捉えれば、ギラギラしていないので眩しくない印象です。ディスプレイベゼルにHP TrueVision HD Webcam (約92万画素)が内蔵されています。

色度変移視野角では少しくらいの左右角度なら問題ありませんが、上からや下からの角度からは色度変移がはっきり表れます。言うまでもなくTNパネルでしょうね。光沢液晶なのでメリハリがでますが、背景が映り込む場合は角度の調整が必要です。

ユニボディ2箇所のラッチを解除するばバッテリーが外せます。ユニボディで、内部にアクセスするためのモジュールカバーはありません。

HDD(東芝製)搭載されていたHDD(東芝製)のアクセス速度をチェック。サプライヤごとに個体差はあるものの、だいたいこんな感じですね。

スタンダードに装備する、HP 15-af000のインターフェース

搭載CPUはネットブック的なものであっても、HP 15-af000の筐体はスタンダードなので装備するインターフェースは基本を押さえています。

前面には端子の配置はなく、左右端の底面寄りにスピーカを配置。サウンドに粗悪感はありません。

背面にも端子の配置はなし。

右側面に電源ライトとHDDライト、SDカードスロット、USB2.0端子×1基、光学ドライブ、セキュリティ穴を配置。

左側面には、電源コネクタ、排気口、100BASE-LAN端子、HDMI端子、USB3.0端子×1基、USB2.0端子×1基、ヘッドセット端子を配置。このようにインターフェースは豊富とはいかないまでも、現在のパソコンライフの基本を押さえた装備となっています。

HDDを搭載しているため、しっかりと排気口が配置されています。SSD搭載にはサポートされておらず、さすがに無音動作とはいきません。たっぷりテータ保存することをスタンダードとして、構成しているのでしょう。ギガビットLAN端子装備ではないので、家庭内サーバーを構築しているユーザーだと通信では低速です。

45WのACアダプタを付属。コネクタ先はL字型で設置幅を抑えています。

テンキー付きキーボード。パームレストのプリント柄がかっこよい

アイソレーションキーボードに、ビジネス用途では多用するテンキー付きです。シルバーとブラックの落ち着いたカラーリングです。価格的にはクリックボタンが一体型でまとめられそうなんですが、意外にもちゃんと独立配置されています。そして、キーボードエリアが微妙に窪んでパームレストと一体型になったキーボードです。そのためたわみも少ないです。

価格の割にはデザイン性にこだわっていて、パームレスト全般には、金属表面のヘアライン加工のようなプリントが施してあります。一方向ではなく交差したヘアラインが特徴的です。半光沢なのでしつこくなく、擬似的ですが安いなりに高級感を演出しています。

電源ボタンもクリックボタンも使いやすい。タッチパッドエリアはパームレストの一部凹んだ部分であるため、一体型のようなガタガタした不安定さは無いです。滑らかに指が動き、操作性良好。

基本はキーピッチ約19mmのフルサイズですが、一部変則的なものもあります。BackSpaceと半角全角キーがやや小さめですが、これは許容範囲。ただ、カーソルキーの上下キーが小さくて、指の太いユーザーには扱いくいのが難点。

キーストロークはやや浅めですが、薄型ノートが増えたこのご時勢では「こんなものかな」という印象。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

2015年のレビュー更新