HP Pavilion 15-ab000購入ガイド (2015年7月31日時点)
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

カラーバリエーションを取り揃えた、コストパフォーマンス型15.6インチノート

HP Pavilion 15-ab000 レビュー

最新Broadwell設計の15.6インチ・エントリーノート、Pavilion 15-ab000をレビューします。構成によって限定されますが、4つのカラーバリエーションが揃い、女性にも購入しやすくなった機種です。ネットやビジネス、文章作成ならPavilion 15-ab000エントリーモデルで十分です。設定を落としてでもゲームをやってみたいなら、NVIDIA GeForce 940M 2GB搭載のパフォーマンスモデルを選んだほうがいいでしょう。

USB3.0およびUSB2.0端子の装備、光学ドライブの装備、モニタ出力用にHDMI端子、LAN端子~と基本を押さえたインターフェースなので、万人向けのスタンダードノートといえるでしょう。堅固なユニボディ構造にも注目できます。

HP Pavilion 15-ab000 レビュー7月31日調査調査時点で、第5世代Core i3-5010U、Core i5-5200U、 Core i7-5500U が搭載可能となっています。いずれも超低電圧版のUシリーズ採用で、低消費電力仕様です。

Core i3-5010U 、Core i5-5200U 選択時は、単体GPUを搭載せず、内蔵GPUのインテル HD グラフィックス5500仕様。そして、Core i7-5500U 選択時では単体GPUのNVIDIA GeForce 940M が搭載されます。今回レビューするPavilion 15-ab000の構成(エントリーモデル)は以下の通り。

HP Pavilion 15-ab000

レビューしたHP Pavilion 15-ab000の構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ (1366×768)
  • インテル Core i3-5010U プロセッサー (2.10GHz)
  • 4GB (4GB×1)(DDR3L-1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 5500
  • 500GB ハードドライブ
  • 2015年7月31日調査
    予算参考:調査時点の最小構成価格:¥54,800(税抜)~
エントリーモデル スタンダードモデル パフォーマンスモデル
インテル Core i3-5010U
(2.10GHz)
インテル Core i5-5200U
(2.20GHz-2.70GHz)
Core i7-5500U(2.40GHz-3.00GHz)
HD グラフィックス 5500 HD グラフィックス 5500 NVIDIA GeForce 940M 2GB
500GB HDD (5400回転) 1TB HDD ( 5400回転) 1TB ハイブリッドHDD (8GB・5400回転)
ホワイト / ブルー ホワイト / ブルー / ピンク シルバー
15.6インチワイド・HDブライトビューディスプレイ (1366×768) 15.6インチワイド・フルHD非光沢(1920×1080)
DVDスーパーマルチドライブ BDドライブ

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2015年7月31日時点のレビューになります。供給状況による情報相違にはご注意を。詳しくはHPサイトをご覧ください。

ユニボディ採用!豊富なカラーバリエーション

ユニボディ採用Pavilion 15-ab0004種類のカラーバリエーションが用意されています。今回のPavilion 15-ab000実機では、ブリザードホワイト。中央にミラー調のhpロゴが配置されています。ほかのカラーは、ナチュラルシルバー、コバルトブルー、ピーチピンク。 ただし、構成により選べるカラーが限定されます。

ブリザードホワイト 公称の質量では約2.29kgですが、実機では2.187kgでした。構成により若干差があるようです。
幅384mm × 奥行261mm × 厚み24~28mm(最厚部)

ユニボディ構造Pavilion 15-ab000の底部はユニボディ構造。パーツを極力少なくし、剛性を重視したボディで、継ぎ目がないため隙間に入る汚れも抑えます。モジュールカバーがないので、メモリやストレージのアクセスは分解レベルとなります。

バッテリーが外せます2箇所のラッチ解除で、バッテリーが外せます。4セルバッテリを搭載。このエントリーモデルでは公称バッテリー駆動時間が約7時間。

45WのACアダプタ

ACアダプタ内蔵グラフィック仕様では45WのACアダプタが付属。(NVIDIA GeForce 940M 搭載時は65Wのようです。)
コネクタ先はL字型なので、Pavilion 15-ab000の後方にアダプタを置くことになるでしょう。また、ビギナーガイドブックの「速効!HPパソコンナビ特別版」が付属しています。

Pavilion 15-ab000消費電力今回の構成での消費電力をチェック。※フル充電、ディスプレイ輝度最大。
アイドル時では10Wあたり。CPUのMAX稼働のCINEBENCH R10ベンチマークテストでは20Wあたり。その他、ゲームベンチ中ではだいたい30Wあたりが多かったです。

Pavilion 15-ab000の装備インターフェース

インターフェース前面および背面には、端子の配置なし。

左側面~光学ドライブの内蔵

光学ドライブ左側面では、電源コネクタ、100BASE-LAN端子、USB2.0端子×1基、USB3.0端子×1基。

SDカードスロットUSB端子の下段に、SDカードスロットを配置。特にUSB端子使用時では、位置的に扱いづらいです。

近距離2つのUSB端子はわりと近距離の隣り合わせなので、USBメモリ等で幅のあるボディだと干渉する場合があります。当方ではUSB延長ケーブルで干渉に対応しました。

DVDスーパーマルチドライブ光学ドライブを搭載しています。エントリーモデルではDVDスーパーマルチドライブです。パフォーマンスモデルではBDドライブ搭載です。それにしても、左側面に配置しているのは珍しいですね。

右側面~HDMI端子装備

右側面では、電源ライト、HDDライトを装備、そしてヘッドセット端子、USB3.0端子×1基、HDMI端子、排気口、セキュリティロック・スロットを配置。

15.6インチワイド・HDブライトビューディスプレイ (1366×768)

15.6インチノートPavilion 15-ab000フルHD非光沢ディスプレイ (1920×1080)の選択もありますが、今回の実機(エントリーモデル)では、15.6インチワイド・HDブライトビューディスプレイ (1366×768)です。15.6インチノートとしては一般的な解像度です。

色度変移・色調変化視野角では、上および下からでは色度変移・色調変化が起きており、変則的な視聴では実用性にかけます。ゆえにエントリーで一般的なTNパネルだと推測できます。左右からの視野角はまずまずの良さですが、全般的に青みを感じます。極端な角度から視聴するディスプレイではないですね。なお、光沢ディスプレイのためメリハリがありますが、映り込みもあるので角度には気を使います。

WebcamディスプレイベゼルにHP TrueVision HD Webcam (約92万画素)が内蔵されています。

テンキー付きのキーボードとメタル風プリントのパームレスト

パームレストテンキー付きなのでホームポジションがやや左寄りになりますが、ビジネス用途では重宝できます。

Pavilion 15-ab000のキーボードキーボードとパームレストの様子。キーボードの地はそのままパームレストと一体なので、たわみはかなり軽減されているようです。パームレストのプリントは上部にかけてダークトーンになるグラデーションです。

HP Imprintアルミ素材風のプリントがされており、ヘアライン加工までリアルです。プリントは耐久性のあるHP Imprint(インプリント)技術が使われています。

パソコン解説

HP Imprint(インプリント)とは・・・・

ボディ成型時、デザインを加えたフィルムに樹脂を流し込み転写させる技術(成形同時加飾転写システム)。 単なる表面塗装ではないため、最終工程で表面塗装する一般的なPCに比べ、綺麗なプリント面を長期間保つことができる。この技術を提供しているのが日本の老舗企業「日本写真印刷株式会社(NISSHA)」だ。

電源ボタン、スピーカ、タッチパッド

バング&オルフセンキーボード上部にスピーカを配置。左端に電源ボタンを配置。右端にBang & Olufsenのロゴ。こだわった音楽鑑賞でない限り、娯楽に充分なサウンド・クオリティです。ただ、出力は大きくないので、音量を80%以上にあげると音割れが生じます。70%くらいまでが快適なレベルです。

バング&オルフセンとはデンマークの老舗オーディオメーカーおよびブランド。Pavilion 15-ab000のサウンド・システムに採用されています。

点灯します電源ボタンはLEDでマークが点灯します。

クリックボタンの位置一体型のタッチパッド。クリックボタンの位置が曖昧なので好みに分かれるタイプです。

キー配列

約19mmのフルサイズ基本はキーピッチ約19mmのフルサイズですが、一部変則的なものもあります。BackSpaceと半角全角キーがやや小さめですが、これは許容範囲。

ただ、カーソルキーの上下キーが小さくて、指の太いユーザーには扱いくいのが難点。

Pavilion 15-ab000キーストロークキーストロークはやや浅めですがさすがに打鍵感皆無というわけでもなく、薄型ノートが増えたこのご時勢では「こんなものかな」という印象。

Pavilion 15-ab000エントリーモデルのベンチマーク

HP Pavilion 15-ab000

レビューしたHP Pavilion 15-ab000の構成

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ (1366×768)
  • インテル Core i3-5010U プロセッサー (2.10GHz)
  • 4GB (4GB×1)(DDR3L-1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 5500
  • 500GB ハードドライブ
  • 2015年7月31日調査
    予算参考:調査時点の最小構成価格:¥54,800(税抜)~

この構成におけるベンチマークテストを行います。

Core i3-5010U プロセッサーと、インテル HD グラフィックス 5500

Core i3-5010U 第5世代インテル Core i3-5010U プロセッサー はBroadwell設計のUシリーズ。TDP15Wとかなりの低消費電力。2コア実装、HTテクノロジーによって4スレッド動作します。 Core i3-5010Uの内蔵グラフィックとして、インテル HD グラフィックス 5500が統合されています。

ストレージ・パフォーマンス~Crystal Disk Mark

Pavilion 15-ab000にてCrystal Disk Mark実機ではHGST製(ウェスタン・デジタルの傘下になった日立グローバルストレージテクノロジーズ)のHDDを搭載。

ゲームのベンチマーク

新生エオルゼアファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼアでは、ノートの標準品質で設定。1280×720 フルスクリーンでは、「やや快適」だそうです。

ドラゴンクエストXドラゴンクエストX ベンチマークテスト ver.1.10では、1280×720 ウィンドウ表示/標準品質で、「スコア3967」。評価:普通。

バイオハザード6バイオハザード6では1366 × 768フルスクリーンでテスト。プレイは不可のようです。

ベンチマーク比較

CINEBENCH R10および、ストリートファイター4のベンチマークテストの結果で性能を比較しています。レビュー実機 Pavilion 15-ab000とその他のPCと比較してみましょう。

レンダリングテストのCINEBENCH R10

解説:CINEBENCH R10 ベンチマークテストとは

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

ライトなゲームのストリートファイター4

解説:ストリートファイター4 ベンチマークテストとは

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

主に、搭載するグラフィックのパフォーマンスに影響されます。ただし、CPUの影響もわりと受けるため、「グラフィックとCPUの組み合わせ」でパフォーマンスチェックしたほうがいいでしょう。なお、ここでは1280 × 720ウィンドウ表示におけるFPSで比較しています。
HP Pavilion 15-ab000
2015年7月31日調査

HP Pavilion 15-ab000

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチワイドHD (1366×768)
  • インテル Core i3-5010U (2.10GHz)
  • 4GB (4GB×1)(DDR3L-1600MHz)
  • インテル HD グラフィックス 5500
  • 500GB ハードドライブ
CINEBENCH R10ベンチマークテスト
1分34秒
ストリートファイター4・ベンチマーク
50.94
HP Pavilion 15-p000
2014年11月調査
  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インチディスプレイ (1366×768)
  • Core i3-4030U プロセッサー
  • 4GB (4GB×1)
  • インテル HD グラフィックス 4400
  • 500GB ハードドライブ
1分47秒 47.00
DELL Inspiron 17R(5721)
※2013年
  • Windows 8 (64bit)
  • 17.3インチ光沢液晶(解像度1600×900)
  • Core i3-3227U (1.9GHz, 3MB キャッシュ)
  • 4GB (4GBx1) DDR3メモリ(1600MHz)
  • インテル HDグラフィックス4000
2分00秒 40.91
HP 15-af000
2015年7月10日調査

HP 15-af000

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • 15.6インディスプレイ(1366×768)
  • AMD E1-6015 APU (1.4GHz, 1MB )
  • 4GB (4GB×1) DDR3L-1333MHz
  • AMD Radeon R2 グラフィックス
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
6分14秒 38.17

グラフィックに関して言うと、「第3世代Core i3のHDグラフィックス4000 、第4世代Core i3のHDグラフィックス4400」よりやや処理能力が向上していると見てよさそうです。Pavilion 15-ab000の下位製品には、HP 15-af000がありますが、Pavilion 15-ab000エントリーモデルよりも大きくパフォーマンスが落ちます。

その他の機種のパフォーマンス比較はこちらで紹介しています。

購入ポイント

構成によって限定されますが、4つのカラーバリエーションが揃い、女性にも購入しやすくなった機種です。ネットやビジネス、文章作成ならPavilion 15-ab000エントリーモデルで十分です。ベンチマークテストの結果から、2D高精細コンテンツの娯楽でもエントリーモデルで十分です。エントリーモデルではブルーレイドライブの搭載がされていませんが、性能的には余裕で対応できます。

ストリートファイター4やドラクエ10くらいなら、ゲームノートとして使えなくはないですが、もう少し幅を広げるならNVIDIA GeForce 940M 2GB搭載のパフォーマンスモデルを選んだほうがいいでしょう。

Pavilion 15-ab000購入ガイドUSB3.0およびUSB2.0端子の装備、光学ドライブの装備、モニタ出力用にHDMI端子、LAN端子~と基本を押さえたインターフェースなので、万人向けのスタンダードノートといえるでしょう。堅固なユニボディ構造にも注目できます。詳しくはHP公式サイトにてチェック!

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー項目

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

2015年のレビュー更新