世界でトップシェアを誇るHPパソコン調査!HP Pavilion 15-n200(AMDモデル)購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP Pavilion 15-n200(AMDモデル)をレビュー

2014年5月時点のレビューAMD A6-5200 APU搭載-Pavilion 15-n200登場Pavilion 15-n200(AMDモデル)をレビューします。紹介する実機ではパフォーマンスモデル(15-n210AX)にあたり、A6-5200を搭載、単体GPUにRadeon HD 8670Mを搭載しています。インテル モデルのパフォーマンスモデル(15-n243TX)と比べると性能が劣りますが、さらに低価格で購入できます。

AMDの低価格のPavilion 15-n200(AMDモデル)

レビューしたPavilion 15-n200(AMDモデル)の構成

  • Windows 8.1 Pro(64bit)
  • 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)
  • AMD A6-5200 APU (2.0GHz, 2MB L2キャッシュ)
  • 4GB(4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • AMD Radeon HD 8670M
    ※切り替え機能:低負荷時⇒Radeon HD 8400
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • バッテリ駆動時間公称:約5時間

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2014年5月時点のレビューになります。仕様変更やカスタマイズの違いがあるため、詳しくはHPサイトをご覧ください。

手元の実機Pavilion 15-n200(AMDモデル)でベンチマークテスト

以下、ベンチマークテストの結果です。HD解像度で快適に遊べるのはストリートファイター4くらいで、それ以上の高負荷ゲームでは顕著に重くなります。エントリーノートでストリートファイター4が遊べるくらいなら、十分娯楽ノートとして通用すると思います。高精細2Dコンテンツ用なら言うまでもなく余裕です。

ベンチマークでは自動でハイパフォーマンスにならなかったので、Catalyst Control Centerにてグラフィック設定をハイパフォーマンス(Radeon HD 8670M)にしてあります。※そのままだと内蔵のRadeon HD 8400で動いていた。CPU性能ではCore i7-4500U と比べてかなり見劣りします。

CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

処理時間

2分14秒

当サイト調べによる比較参考データ(ノートPC)

  • (2014年)Win8.1 64bit + Core i7-4500U + GeForce GT 740M ⇒1分19秒
  • (2013年)Win8 64bit + Core i5-4200U + GeForce GT 750M ⇒ 1分38秒
  • (2013年)Win8 64bit + Core i3-3227U + HDグラフィックス4000 ⇒ 2分00秒
  • (2012年)Win8 64bit + A4-4300M + Radeon HD 7420G ⇒ 3分47秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-330UM + Radeon HD 5430⇒ 3分46秒
  • (2009年)Win7 64bit+ Core 2 Duo P8700 + RADEON HD 4670 ⇒ 2分33秒
  • (2007年)Vista 32bit + Core 2 Duo T7100 + GeForce 8600M GT ⇒ 4分18秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 69.77
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1366×768 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 58.87
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 44.09
RANK B ⇒ 一部の動作で重くなりますが、問題なく動作。

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 29.86
プレイは可能ですが、さまざまな場所でストレスを感じる。

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 ウィンドウ表示

SCORE = 1985
RANK C ⇒ プレイは可能だが、処理負荷によって動作が重くなる。

消費電力
パソコンの消費電力
  • アイドル時の消費電力 ⇒ 10Wあたり
  • ストリートファイター4のベンチマークテスト実施中 ⇒ 35Wあたり
前回紹介したPavilion 15-n200(インテルモデル)とほとんど変わらない。つまり消費電力に対する性能で比較するとインテルモデルのほうが優秀と判断できます。

Catalyst Control Centerで切り替え可能なグラフィック設定

AMD A6-5200 ことAPU 【 Accelerated Processing Unit 】とは CPUとGPUを一つの半導体チップにまとめた統合型プロセッサ。CPUとGPUがプロセッサ内部で交信できるため、高性能化しやすいし、低消費電力化につながります。AMD A6-5200 ではRadeon HD 8400が統合されています。

今回のPavilion 15-n200(AMDモデル)では、これとは別に単体GPUのRadeon HD 8670Mを搭載しています。ゲームのような高負荷寺ではRadeon HD 8400がではなく、より性能の高いRadeon HD 8670Mを使います。

Catalyst Control CenterハイパフォーマンスAMDのコントロールパネルであるCatalyst Control Centerにて、使うグラフィックを割り当てることができます。この場合、「ハイパフォーマンス」にすると、消費電力が上がりますが性能優先でRadeon HD 8670Mが使われます。どうやら自動切り替えではないようです。

Pavilion 15-n200(AMDモデル)のカスタマイズ例

osはWindows
  • Windows 8.1 (64bit)
  • Windows 8.1 Pro(64bit)
モニタ-ディスプレイ
  • 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)
CPUカスタマイズ
  • AMD A4-5000 APU (1.50GHz, 2MB L2キャッシュ)
  • AMD A6-5200 APU (2.0GHz, 2MB L2キャッシュ)
グラフィックカスタマイズ
  • AMD Radeon HD 8330 (A4-5000に内蔵)
  • AMD Radeon HD 8670M
メインメモリ
  • 4GB(4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • 8GB(4GB+4GB) DDR3L-1600MHz
  • 12GB(4GB+8GB) DDR3L-1600MHz
ストレージ、HDD-SSD
  • 500GB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
  • 1TB ハードドライブ (SATA, 5400回転)
光学ドライブのカスタマイズ
  • DVDスーパーマルチドライブ

2014年5/27時点のカスタマイズを見ると、インテルモデルよりバリエーションが少なくなっています。また、ハイブリッドHDDの選択がありません。インテルモデルとAMDモデルの各ハイパフォーマンスモデルで比較してみましたが、性能でいうとインテルモデル、価格でいうとAMDモデルが優勢です。

Pavilion 15-n200の購入ポイント

ハイパフォーマンスモデルでは、どちらのモデルもストリートファイター4がHD解像度で快適に動くため、現在のエントリーノートは全般的に高性能です。とにかく低予算であればAMDモデル、ミドル機を諦めてこちらのエントリーノートを検討したのならインテルモデルをオススメします。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP