世界でトップシェアを誇るHPパソコン調査!HP Pavilion 15-n200(インテル モデル)購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

HP Pavilion 15-n200(インテル モデル)をレビュー

Pavilion 15-n200シリーズのデザインやインターフェースはコンテンツTOPで紹介しましたが、ここではPavilion 15-n200(インテル モデル)をレビューします。手元の実機ではパフォーマンスモデル(15-n243TX)にあたり、Core i7-4500Uを搭載、単体GPUにNVIDIA GeForce GT 740M(2GB) を搭載した構成になります。HDDはキャッシュ用に8GBメモリを内蔵したハイブリッド・HDDが搭載されています。エントリー機とはいえど、侮れないスペックです。

Pavilion 15-n200(インテル モデル)購入徹底的に詳しくガイド※2014年5月時点のレビューになります。仕様変更やカスタマイズの違いがあるため、詳しくはHPサイトをご覧ください。

Pavilion 15-n200アイコン

レビューしたPavilion 15-n200(インテル モデル)の構成

  • Windows 8.1 Pro(64bit)
  • 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)
  • Core i7-4500U (1.80GHz~3.00GHz、4MBキャッシュ)
  • 4GB(4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • NVIDIA GeForce GT 740M(2GB)
    ※自動切り替え機能:低負荷時⇒インテル HD グラフィックス 4400
  • 1TB ハイブリッド・HDD (8GBフラッシュメモリ内蔵 / 5400回転)
  • バッテリ駆動時間公称:約5時間45分

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

NVIDIA GeForce GT 740M(2GB) を搭載していると、もはやエントリーモデルを超えているようなスペックです。 HD解像度であれば ストリートファイター4やバイオハザード5が快適に遊べる性能です。ラストレムナントになると快適とまでは行かないものの、プレイが可能な範囲です。

以下、ベンチマークテストの結果です。

CPU性能のベンチマークテスト
レンダリングテストのCINEBENCH R10

CINEBENCH R10 

3DソフトのCinema 4Dをベースとしたベンチマークソフト。レンダリングの処理時間で主にCPUのパフォーマンスをチェックできます。クロック数の高さだけでなくマルチコアの能力も発揮されます。なお、GPU(グラフィックス)性能の影響はごく僅かしかありません。

処理時間

1分19秒

当サイト調べによる比較参考データ(ノートPC)

  • (2013年)Win8 64bit + Core i5-4200U + GeForce GT 750M ⇒ 1分38秒
  • (2013年)Win8 64bit + Core i3-3227U + HDグラフィックス4000 ⇒ 2分00秒
  • (2012年)Win8 64bit + A4-4300M + Radeon HD 7420G ⇒ 3分47秒
  • (2010年)Win7 64bit + Core i3-330UM + Radeon HD 5430⇒ 3分46秒
  • (2009年)Win7 64bit+ Core 2 Duo P8700 + RADEON HD 4670 ⇒ 2分33秒
  • (2007年)Vista 32bit + Core 2 Duo T7100 + GeForce 8600M GT ⇒ 4分18秒
本格3Dゲームのベンチマークテスト
ライトなゲームのストリートファイター4
負荷レベル:ライト

ストリートファイター4

2009年に登場した対戦型格闘ゲーム(PC版)。3D描写ですが操作自体は2Dとなっています。登場当時はミドルスペック以上のパソコンが必須でしたが、現在、本格ゲームとしてはかなりライトな負荷になっています。ベンチマークテストでは、グラフィック設定をデフォルトのままで、ディスプレイ垂直同期をOFFにしています。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 101.60
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

1366×768 フルスクリーン表示

AVERAGE FPS 90.08
RANK A ⇒ 快適にプレイできる環境。より高度な設定も可能。

ミドル級負荷のバイオハザード5 「ベンチマークテストA」
負荷レベル:ミドル

バイオハザード5 「ベンチマークテストA」

2009年9月に登場したShooting Game(PC版)。NVIDIA社の3D Visionにネイティブ対応した初の立体視3D対応ゲーム。3D Vision処理でなければ、本格3Dゲームとしてはミドルクラスの負荷。グラフィック設定はデフォルトのまま。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 64.0
RANK A ⇒ 快適に動作します。

ラストレムナントでベンチマーク
負荷レベル:ミドル

ラストレムナント

2009年にPC版が登場したRPG。ロールプレイングなのでアクションゲームほどFPSに左右されませんが、最大70体による集団バトルが展開するなど高負荷なゲームです。DirectX 10で実施。

1280×720 ウィンドウ表示

AVERAGE FPS 48.75
標準設定ならストレスなし。高負荷なシーンでは動作が重くなる。

そこそこ負荷のあるバイオハザード6
負荷レベル:ややヘビー

バイオハザード6

2013年3月22日にPC版が発売。最大2560×1600もの高解像度が設定可能。家庭ゲーム機用よりも大量の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」を収録。テストではグラフィック設定をデフォルトのままで行っています。

1280×720 ウィンドウ表示

SCORE = 2897
RANK C ⇒ プレイは可能だが、処理負荷によって動作が重くなる。

消費電力
パソコンの消費電力
  • アイドル時の消費電力 ⇒ 12Wあたり
  • ストリートファイター4のベンチマークテスト実施中 ⇒ 37Wあたり

スペック詳細と切り替え可能グラフィック

GeForce GT 740Mのスペック今回搭載しているCore i7-4500U とNVIDIA GeForce GT 740Mのスペック。Core i7-4500U は2コア実装でHTテクノロジーによって4スレッド動作するCPUです。最大TDPが15Wと低消費電力のUシリーズ。

GeForce GT 740Mは「シェーダー数384基、バス幅64bit」とロースペックながら、先述のように一昔の本格ゲームがHD解像度で遊べる場合があります。

Pavilion 15-n200(インテル モデル)にGeForce GT 740M搭載させたらどうNVIDIA GeForce GT 740Mでは切り替え可能なグラフィックとなっており、Core i7-4500Uに内蔵しているインテル HD グラフィックス 4400と使い分けることができます。基本的には自動で切り替わり、低負荷時には低消費電力のHD グラフィックス 4400が使われます。NVIDIAコントロールパネルにて任意で設定することもできます。

Pavilion 15-n200(インテル モデル)のカスタマイズ例

osはWindows
  • Windows 8.1 (64bit)
  • Windows 8.1 Pro(64bit)
モニタ-ディスプレイ
  • 15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)
CPUカスタマイズ
  • Core i3-3217U(※Ivy BridgeのCPU)
  • Core i5-4200U (Haswell)
  • Core i7-4500U(Haswell)
グラフィックカスタマイズ
  • インテル HD グラフィックス 4000 (※Core i3-3217Uに内蔵)
  • インテル HD グラフィックス 4400 (Core i5-4200U /4500Uに内蔵)
  • NVIDIA GeForce GT 740M(2GB)
メインメモリ
  • 4GB(4GB×1) DDR3L-1600MHz
  • 8GB(4GB+4GB) DDR3L-1600MHz
  • 12GB(4GB+8GB) DDR3L-1600MHz
ストレージ、HDD-SSD
  • 500GB ハードドライブ
  • 1TB ハイブリッド・ハードドライブ (8GBフラッシュメモリ内蔵 / 5400回転)
光学ドライブのカスタマイズ
  • 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
  • ブルーレイROMドライブ(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)

2014年5/27時点のカスタマイズを見ると、前世代にあたるIvy Bridge設計のCore i3-3217Uが混じっているので、これは無視したほうがよさそうです。ストレージでは1TBがハイブリッド・ハードドライブであり、500GB だと通常タイプなので、起動を速くしたいなら1TBにしたほうがいいでしょう。

エントリーモデルといってもスペック的に長く持って行きたいのであれば、NVIDIA GeForce GT 740Mの搭載をオススメします。内蔵GPUへの切り替えが可能なので、GeForce GT 740Mを持て余して無駄に電力を使うことはありません。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP