Star Wars Special Edition購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

ダークサイドに落ちたジェダイ(ユーザー)向けの15.6インチノート

Star Wars Special Editionレビュー

Star Warsパソコン-NVIDIA GeForce 940M搭載
Star Wars Special Edition ダークサイド・デザインの15.6インチ・フルHDノート、Star Wars Special Edition。Core i5-6200U、NVIDIA GeForce 940Mを搭載したライトミドル・スペック。
赤く点灯するキーボードバックライトが、ダースベイダーのイメージを彷彿。スターウォーズに関するコンテンツが1,000点以上収録されている、(ストーリーボード、壁紙、スクリーンセーバー、アーティストのコンセプトアートなどを収録)。Windows 通知音をスターウォーズ関連のサウンドにするなどファンが楽しめる仕様。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

Star Wars Special Editionのパーツ構成

見たところ、Star Wars Special Editionの筐体ベースはPavilion Gaming 15-ak000だと思われる。パーツ構成は固定となっており、第6世代Core i5-6200U、ローエンド単体GPUのNVIDIA GeForce 940Mを搭載している。Core i5-6200Uは超低消費電力版のUシリーズなので、通常版よりも処理能力は落ちる。

「強力なダークサイドのフォースを魅せつけるのか」と思いきや、本格ゲーム用にはやや弱いライトミドル・スペック構成である。それでも内蔵グラフィックのスタンダードノートよりは強力なので、例えるならダークサイドに落ちた「パダワン」仕様と言うべきか。ジェダイ・クラスのハイスペックモデルがあったらもっと面白かったかも。

Pavilion Gaming 15-ak000とパーツ構成で比較するとやや割高感がある。ただ、Star Wars のデザインとカスタマイズが売りのモデルなので、コスパで比べるのは野暮かもしれない。

構成

Star Wars Special Editionの構成

  • Windows 10 Home (64bit)
  • Core i5-6200U プロセッサー (2.30GHz-2.80GHz キャッシュ 3MB)
  • 15.6インチワイド・フルHD 非光沢ディスプレイ(1,920×1,080)
  • 8GB (8GB×1) DDR3L-1600MHz (最大8GB)
  • NVIDIA® GeForce® 940M 2GB (DDR3L)
  • 1TB ハードドライブ
  • DVDスーパーマルチドライブ

※¥119,800 (税抜)~ ※2015年11月14日調査時点。供給状況により異なる場合がある。詳しくはHP公式サイトへ
※レビュー時点では、「人気商品につき、おひとり様一台」となっている。 複数台ご注文の場合にはキャンセルの場合もあるとのこと。「製品のお届けについて  製品発送は2015年11月下旬~ 予定」と記載されていた。

銀河を恐怖に陥れるダークサイド・デザイン!

まず、PC・デジモノフェア 2015 にて展示されていた、Star Wars Special Editionにて紹介。

ダークサイド・デザインStar Wars Special Edition
15.6インチの非光沢ディスプレイ。解像度はフルHD(1920 × 1080)なので上級者向けの広領域。ディスプレイやベゼル、ボディなど、全般的に非光沢ベースの落ち着いたデザインでまとまっている。

Star Wars Special Editionでは、Windows設定をスターウォーズ仕様にカスタマイズできる「コマンドセンター」がインストールされている。Windows 通知音を、「R2-D2の声、ライトセーバーの音」など様々な独特サウンドに変更できる。例えばUSBメモリを挿したら、ブォォォォンとライトセイバーの音とか。

なお、スターウォーズに関するコンテンツが1,000点以上収録されているという。エピソード4、5、6の映画撮影用ストーリーボード、壁紙、スクリーンセーバー、ルーカス・フィルムのアーティストが制作したコンセプトアートなどを収録。そして特典として、「シリーズ最初のマーベルStar Warsコミックから抜粋した電子書籍と、映画の予告編がすべて収録されている」というマニアックぶり。

インプリントによる微細なデザインプリント

天板には、ダースベイダープリントに関して、「銀河を恐怖に陥れる、ダークサイドデザイン」がコンセプトらしい。 激しい戦いを彷彿とさせるバトル・ダメージパターンとのこと。HP Imprint(インプリント)された天板には、ダースベイダーがこちらを覗き込んでいる。

HP製品のプリント・クオリティは非常に良い。このようにグラデーションの多いデザインの場合、他社では網点が目立つ例が多々あるが、このStar Wars Special Editionはかなり自然である。

インプリントでは、ボディ成型時、デザインを加えたフィルムに樹脂を流し込み転写させる技術を用いている。 単なる表面塗装ではないため、最終工程で表面塗装する一般的なPCに比べ、綺麗なプリント面を長期間保つことができる。この技術を提供しているのが日本の老舗企業「日本写真印刷株式会社(NISSHA)」らしい。

ヒンジのあたりに「銀河標準語 オーラベッシュ・フォント」で、何か読めない字が刻印されている。ちなみに、このフォントがライブラリーに収録されているのでタイピングできるそうだが、地球人の我々にはあまり実用性はなさそう。

ユニボディつなぎ目の少ないユニボディであり、堅牢性が高い。

バトル・ダメージパターンパームレストのプリント。天板と同じくバトル・ダメージパターンとなっている。

Star Wars Special Editionストームトルーパーパームレスト右側には、雑兵のストームトルーパー。一応、銀河帝国のエリート兵士らしいけど。

スターウォーズのコラボパソンコン赤く点灯するキーボードバックライトが、ダースベイダーのイメージを彷彿させる。なお、LEDカラーのカスタマイズはできない。タッチパッドには薄っすらと3Dメッシュのような模様が見える。

Pavilion Gaming 15-ak000と同じ装備する主要端子はPavilion Gaming 15-ak000と同じく、「HDMI 出力端子×1基、USB3.0×2基、USB2.0×1基、100BASE-LAN端子、SDカードスロットの装備」。光学ドライブも内蔵しており、スタンダードなインターフェース装備となっている。なお、SDカードスロットはUSB端子の下にあるので、ちょっとアクセスしにくいかも。

Star Wars Special Edition アクセサリー(別売り)

Star Warsマウスダークサイドに落ちたいなら、別売りの専用マウスもゲットしよう。宇宙戦にも適応できるパッド入りケースもオプション販売されている。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

2015年のレビュー更新