世界でトップシェアを誇るHPパソコン調査!HP Pavilion11 h000 x2 購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

Silvermont設計

HP Pavilion11 h000 x2 レビュー!Celeron N2910 搭載

11.6インチ・ハイブリッドノートであるPavilion 11 x2 シリーズのうち、Celeron N2910を搭載したモデルのPavilion 11-h000 x2をレビューします。(2013年12月の発売 / レビューは2014年2月)

Pavilion11 h000 x2購入ユーザーガイド製品のデザインは、HP Pavilion 11 x2 シリーズのコンテンツTOPで紹介したとおり。キーボードドックをワンタッチで分離し、タブレットPCになる製品です。IPSパネルなので視野角が広く、デュアルスピーカー を内蔵、耐久性のあるプリント面などの特長があります。

Pavilion11 h000 x2イメージ

レビューしたPavilion11 h000 x2 の構成

  • Windows 8(64bit)
  • 11.6インチワイドHD・IPSタッチディスプレイ(1366×768)
  • インテルCeleron N2910 (2M Cache, 1.60 GHz)
    4コア実装 / TDP 7.5W
  • 2GB (2GB×1) (1066MHz, DDR3L SDRAM) オンボード
  • インテル HDグラフィックス
  • 64GB SSD

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

Pavilion11 h000 x2に搭載しているCPUのCeleron N2910は、22nmプロセスのSilvermont設計であり、第3世代のAtom向けマイクロアーキテクチャです。開発コード名「Bay Trail-M」で知られ、命令実行効率を上げてAtomを強化したようなCPUであり、Cerelon N2000シリーズとして展開されています。2GBメモリ搭載であり、現在のノートパソコンとしては控えめな容量ですが、低消費電力を優先していると思われます。タブレットPCは2GBメモリというのが多く、タブレット仕様にあわせたのでしょう。低電圧のDDR3L規格が採用されており、オンボード搭載なので換装はできない機構です。

Celeron N2910の性能

Celeronといっても、Atom Z3000シリーズと同じマイクロアーキテクチャのSilvermont設計。つまりAtom系Celeronです。
インテルとしては、「Atom Z3000シリーズはタブレット向け、Cerelon N2000シリーズはネットブック(ミニノート)向けという位置づけがあるため、Cerelon N2000シリーズはAtom Z3000シリーズよりも消費電力が大きくなっています。
ゆえに、Celeron N2910を搭載するPavilion 11 h000 x2は、タブレットよりもネットブックに重点を置いた製品なんだろうと解釈できます。

Celeron N2910の性能とHP Pavilion11 h000x2
クロック数は1.6GHzと高くないですが、4コア実装で4スレッド動作するマルチコアです。統合型GPUとしてインテルHDグラフィックス)が内蔵されています。

最大レート40MbpsのBDを超える、Pioneer Visual MaterialのMovie01を再生してみました。この映像は最大70Mbps/VBRというBD以上の高精細コンテンツです。これがコマ落ちせず再生されたので、2Dコンテンツに関しては負荷が高くても十分処理できます。本格3Dゲーム以外ならまずスペックに不満はないでしょう。ただし、この時、メモリの使用率が65%あたりだったので、この状態でさらにアプリを多数起動となると厳しくなってきます。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

お勧めのロジクールマウス


運営者情報/免責事項