HP Pavilion x2 10シリーズ購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

マグネットで着脱楽々!キーボードドック式タブレット、10.1インチ・ハイブリット

HP Pavilion x2 10-n100 レビュー

Pavilion x2 10-n100 購入ガイド
Pavilion x2パソコンアイコン キーボードドック式タブレットの、10.1インチ・ハイブリットノート。広視野角のIPSパネル採用している。インターフェースはすべてディスプレイ側に集約された「タブレット偏重」タイプ。マグネットヒンジで、キーボードドックとの着脱がかなり楽。約9時間30分の長時間駆動、静かなファンレス構造、衝撃に強いドライブレス構造。利用シーンに応じて、使いやすいPCスタイルが築けるハイブリット型。タブレットにしてはスピーカの配置が理想的。

Pavilion x2 10シリーズ・パーツ構成

Pavilion x2 10-n100 のパーツ構成

HP Pavilion x2 10-n100 シリーズでは、量販店モデルになっている。パーツ構成は固定。カスタマイズではオフィスソフトにおいて、「Office Mobile」か「Office Mobile プラス Office 365 サービスかの選択となる。CPUはAirmont マイクロアーキテクチャ設計で、タブレットPC向け (開発コードCherry Trail)のAtom x5-Z8300 が搭載されている。第4世代のAtomである。メモリは2GBなのでアプリを多重起動する使い方には向かない。ストレージは64GB (eMMC)あり、タブレット用途であれば充分な容量といえる。これから小型端末で活躍が期待される新しいインターフェースの、USB Type-Cが装備されている。
構成
  • Windows 10 Home (64bit)
  • インテル Atom x5-Z8300 プロセッサー (1.44GHz~1.84GHz, L2キャッシュ2MB)
  • 10.1インチ・ブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1280×800)
  • 2GB オンボード (1600MHz,DDR3L SDRAM)
  • 64GB (eMMC)
主な端子 Micro-HDMI ×1、USB3.0×1、USB2.0 Type-C×1、microSDカードスロット

※2015年11月14日調査時点。供給状況により異なる場合がある。詳しくはHP公式サイトへ

HP x2 10-p000 シリーズ

Pavilion x2 10-n100のダイレクトモデルとも考えられるHP x2 10-p000 は、同じ筐体モデル。 搭載するCPUがAtom x5-Z8350 プロセッサー に変更されている。 メモリが倍増され、4GB オンボード となっている。インターフェースではAコネクタのUSB3.0×1基が、USB3.1に更新されている。 カラーはカーディナルレッドとブリザードホワイト。
構成
  • Windows 10 Home (64bit)
  • インテル Atom x5-Z8350 プロセッサー
  • 10.1インチ・ブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1280×800)
  • インテル HD グラフィックス 400
  • 4GB オンボード (1600MHz,DDR3L SDRAM)
  • 64GB (eMMC)

シンプルなPavilion x2 10-n100のデザイン

マグネット・ヒンジからディスプレイを離してタブレットとして使う。固定用ラッチがないので着脱が非常に楽。マグネット式のドッキングだがキーボードドックはかなり軽量なので、重みで意図せず分離することはほとんどないと思われる。

タブレットは表面を裏側(天板側)に返してドッキングできるので、スタンドモードにすることができる。(キーボードをユーザーの手前ではなく、後方に置く配置)

最近のPCトレンドとしては、単体のタブレットは人気がないようだ。パソコンでは様々なことができるので、タッチ操作だけでは入力操作に限界がある。そこでリアルなキーボードが必須となるが、10.1インチモバイルノートを購入する感覚でゲットできる機種が、このPavilion x2 10-n100である。利用シーンによってはタブレットが便利なときもあるので、いいとこ取りなモデルだ。

ファンレス構造なのでほぼ無音。タブレット:約 595g の重量。「タブレット+キーボードドック」で約 1.15kg。ということは、キーボードドックがたったの約555g。キーボードドック自体はキーボードとタッチパッドだけで、他の機能はなくシンプル。接続端子などのインターフェースはすべてタブレットにまとまっている。

広視野角のIPSディスプレイで様々な角度からでも見やすい。ただ、光沢パネルなので映り込みにはやや気を使う。左右のベゼルにステレオスピーカがあり、理想的な配置である。チューニングにはデンマークの老舗オーディオメーカー「バング&オルフセン」のサウンドシステムを採用している。タブレットにしてはしっかりしたスピーカであり、好印象。

Pavilion x2 10-n100 のカラーパターン
ややパールカラーのブリザードホワイトと、サンセットレッドの2色がラインナップされている。

USB Type-C端子Micro-HDMI ×1基、USB3.0×1基、USB2.0 Type-C×1基、microSDカードスロットを装備。
新しい規格のUSB Type-Cは今後、小型端末機で主流になってくると思うが、今のところは先行投資というところ。

プラグ先が折り畳めるPavilion x2 10-n100の充電には、USB Type-C端子を使う。付属のアダプタは小型で持ち運びやすく、プラグ先が折り畳めるので邪魔にならない。

HP Pavilion x2 10-n100 のキーボードBackSpaceや半角全角キーが小さいなどの変則性があるが、10.1インチノート相応のキーボードと思えば、充分納得できる造り。

キーボードドックのついたタブレットというよりも、10.1インチ・モバイルノートを購入する感覚に近い。プラスアルファでシーンに応じてタブレットが使えるという、「2度美味しい機種」だ。また、キーボードドックを忘れても、端子等はすべてタブレット側にあるので、単体のタブレットとしても通用する。レビュー時点では「最小価格 ¥59,800(税抜)~」とわりとお手軽価格。詳しくはHP公式サイトにて。

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP