世界でトップシェアを誇るHPの調査!HPユーザーによるHP Slate7 Extreme購入ガイド
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

スラスラかける高性能なAndroidタブレット

HP Slate7 Extremeレビュー!

解像度は1280×800-HP Slate7 ExtremeレビューNVIDIA Tegra 4を搭載した高性能なAndroidタブレットのSlate7 Extremeをレビューします。高いスキャンレート(DirectStylus)によって、スタイラスペンで手書きがスラスラと書けるのが特長です。バスレフ構造のスピーカーで、タブレットにしては高品質なサウンドであり、Tegra 4による3Dグラフィック性能も見どころです。高解像度動画も滑らかに再生できストレス知らずです。Slate7 Extremeは7インチ画面に IPSパネルを採用しており、かなり広視野角です。 解像度は1280×800なので、7インチ画面として適度な解像度だと思います。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

※2014年6月時点のレビューであり、最新情報はHPサイトでご確認ください。

デザイン

コンパクトサイズなタブレット
Slate7 Extremeのサイズは約200mm×120mm×厚み9.4mm 。幅12cmなので鷲掴みができるコンパクトサイズであり、実際測ると354gでした。USB充電器とケーブルはあわせて75gしかありません。ただ、USB充電器のプラグが折りたためないので、ここは持ち運びのときに邪魔くさいです。なお、セカンドACアダプターとして「HP 10W ACアダプター」が別売りされています。

Android購入ガイド
画面位置の切り替わりが速いです。タッチキーボードを表示してもまだ領域がそこそこあります。長時間使用していても、持てなくなるほど熱くはなりません。

クアッドコアのNVIDIA Tegra 4 を搭載!Slate7 Extremeの構成

レビューしたSlate7 Extremeの構成 は以下の通りです。レビュー時点ではカスタマイズ不可で販売されていました。4コアを実装するNVIDIA Tegra 4 を搭載しており、かなり強力なタブレットに仕上がっています。ただし、弱点は1GB (DDR3L)メモリ、 16 GB (eMMC) という容量の少なさ。やたらとアプリを同時起動するのは避けたほうがよさそうですね。また、ストレージ容量に関しては、microSD カードスロット (最大32GB)で補えば良いでしょう。公称されているバッテリー駆動時間は、約8時間。

Slate7 Extreme購入ガイドのレビュー兄さん

レビューしたSlate7 Extremeの構成

  • Android 4.2
  • 7インチ IPS・タッチディスプレイ(1280×800)
  • NVIDIA Tegra 4 (最大 1.80GHz) クアッドコアプロセッサー
  • 1GB (DDR3L)メモリ
  • 16 GB (eMMC)
  • 前面:VGA Webcam 、背面:約500万画素
  • 無線 IEEE802.11 b/g/n 、 Bluetooth® 3.0

装備インターフェース

  • フロント・デュアルスピーカー(バスレフポート付)
  • microSD カードスロット×1基 (最大32GB) ※高速データ転送非対応
  • microUSB×1基
  • HDMIマイクロ出力端子×1基
  • 3.5mmヘッドフォン出力(マイク入力対応)×1基
  • GPS、加速度センサー、デジタルコンパス、周辺光センサー、ジャイロスコープ

ソフトウェア

  • Google 日本語入力、Google Play、
  • Camera Awesome、NVIDIA DirectStylus、
  • TegraZoneゲーム、Write、Tegra Draw 他

バスレフ構造のデュアルスピーカー搭載

デュアルスピーカー搭載のhp-Slate7 Extreme買う
Slate7 Extremeの上下にスピーカーを搭載しており、デュアルスピーカです。下方のスピーカーにはバスレフポートが確認できます。上方のスピーカーにはバスレフポートが確認できませんが、実はmicro USB端子の空洞部分をバスレフポートにしています。ちなみに、上方スピーカーの下にVGA Webcamが内蔵されています。

DirectStylusの高いスキャンレート技術で、スラスラ書ける

Slate7 Extremeでは標準でDirectStylusペン(スタイラスペン)が付属しており、細いペン先(直径2mm)と反対側の太いペン先になっています。この細いペン先は極小文字のテキストリンクもクリックできるし、手書きメモアプリ「Write」で実際の手書きに近い感覚でメモを残せます。 Web画面に手書きメモを加えたり、部分的に切り抜きをする作業にもこのDirectStylusペンを活用します。

DirectStylusペン先はゴムであり、あまりにも強い筆圧だと滑り止めゴムみたいに引っかかってしまうので、バランスのとれた筆圧で書くコツが必要です。

DirectStylusと呼ばれる高いスキャンレート
細いペン先と太いペン先。太いペン先は竹を斜めにスライスしたような形状で、先端を使えば細い線を描けて、べったり接触すれば太い線が描けます。この繊細な感知は、DirectStylusと呼ばれる高いスキャンレート技術であり、Tegra 4の性能によるものです。試しに他のタブレットPCで細いペン先を使ったところ、感知できませんでした。

Slate7 Extremeでイラストを書く
筆圧設定をしたうえ、太いペン先で強弱を表現すれば毛筆のような手描きが可能です。これもDirectStylusと呼ばれる高いスキャンレート技術のお陰です。残念なのがカラーパレットの色数が少ないところで、さすがにプロ向けのツールほどではないです。

そこそこ素早く書いてもしっかり対応できており、デジタイザ内蔵のタブレットと同等レベルではないにせよ、静電式タブレットにしてはかなりやり手という印象です。

一旦収納したペン
付属のDirectStylusペンは本体に収納できるので、持ち忘れることはないでしょう。先端がゴムであるからか、一旦収納したペンがストンと落ちることはありません。

モバイル端末用の3Dゲームが遊べる

TegraZoneゲーム
ポータルアプリ(TegraZoneゲーム)から、ゲームタイトルをダウンロードできます。ピンボールゲームをプレイしてみましたが、かなりリアルな3D描写です。DirectStylusペンで操作するのも良し、指で操作するのも良しです。

使えるカメラ機能など付加価値

アウトカメラを搭載
Slate7 Extremeでは付加機能に500万画素のアウトカメラを搭載しており、デジカメ代わりに十分通用します。しかも搭載しているカメラアプリのCamera Awesomeが優秀であり、次のような撮影機能を持っています。

Camera Awesomeの機能一例:HDR撮影、追尾オートフォーカス、スローモーション(ハイスピード)撮影、水準器表示機能、パノラマ撮影、ISO調整、タイマー撮影、連続シャッターなど。

また、磁石が内蔵されており、冷蔵庫のようなスチール製の壁に張り付けることができます。冷蔵庫用のメモ書きにしたり、無線LANを使ってレシピの検索などに使えますね。磁力は弱い方ではありませんが、強力というわけでもないので落下のリスクは考慮したほうがよさそうですね。

Slate7 Extremeの装備端子

Slate7 Extreme購入ポイントを述べるならばこれチタン・シルバーカラーで、素材はおそらくポリカーボネート樹脂。これといって高級感のあるボディではありませんが、ある意味、気軽に使えるタブレットです。

上部に、電源ボタン、3.5mmヘッドセット端子 、HDMIマイクロ出力端子 、microUSB端子を装備しています。 右側面に「microSD カードスロット(最大32GB / 高速データ転送非対応 )、音量調整ボタン。左側面に装備端子なし。電源ボタンの下にはアウトカメラ(500万画素)を搭載。7インチ画面では小さくて見えにくいときは、HDMIマイクロ出力で大画面テレビやパソコンモニタに映し出すことができます。

Slate7 Extreme購入ポイント

1GB (DDR3L)メモリ、 16 GB (eMMC) という容量の少なさがデメリットでありますが、NVIDIA Tegra 4の強力なスペックが見どころです。500万画素カメラ内蔵なのでおまけ機能ではなく、わりと実用的です。

Androidタブレットだからネット中心になるかとおもいきや、DirectStylusペンがかなり便利でメモ帳として購入してもよさそう。それにPCであるため、紙ではできないことがたくさんできます。それにゲームが楽しめるし、オプションの外付けワイヤレスTVチューナーで通勤・通学の暇つぶしになります。Androidは無償オープンソースであるためコストダウンになり、HP Slate7 Extremeの価格がお手頃なのがいいです。 (レビュー時点では¥23,600 (税抜)~)

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【 hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP

お勧めのロジクールマウス


運営者情報/免責事項