HP購入に役立つ、初心者のためのパソコン・パーツ基礎知識。
レビュー兄さんの人気パソコン調査~HPHPデスクトップパソコンレビューHPノートブックのレビューHPのタブレットパソコンHPパソコン-Pavilion-ENVY

拡張スロットの知識(PCI Express スロットなど)

パソコン内部、マザーボードに実装されている拡張スロットの解説です。拡張カードをスロットに装着させることで、機能を追加できます。どのスロットを実装しているかは、パソコン製品によって異なります。

PCI Express スロット

PCI Express スロットグラフィックカードやサウンドカード、TVチューナーカードを搭載する拡張スロットが、PCI Express スロットです。略すときはPCIeと表記されます。PCI Expressは伝送路(レーン)を複数束ねていく構造になっており、PCI Express × 1から、~× 4、~× 8、~× 16のスロットが存在します。レーン数を束ねた分だけ転送速度も上がり、スロット部分が長くなっていきます。

グラフィックカードにはPCI Express ×16PCI Express × 16のスロットには高速転送が要となる「グラフィックカード」が搭載されます。PCI Express × 1のスロットには過度な転送速度を必要としないインターフェースカードやTVチューナ、サウンドカードなど、多くの拡張カードが搭載されます。

PCI Express × 4、PCI Express × 8のスロットは、PCI Express × 1よりも数の分だけ高速ですが、ニーズが少なく割愛するパソコンが多いです。

バージョン PCI Express ×1 PCI Express ×16
転送速度(片方向) 転送速度(片方向) ※ 1レーンの16倍
ver 1.1 250MB/s 4,000MB/s
ver 2.0 500MB/s 8,000MB/s
ver 3.0 1,000MB/s 16,000MB/s

PCI Express も時代とともにバージョンが上がっていき、1レーンの転送速度が向上しています。使用する分には互換性がありますが、異なるバージョンのスロットと拡張カードを組み合わせた場合は、低速の方に足並みを揃えます。
上記は片方向の転送速度なので、双方向での表記をするとこの倍の数字になります。

その他、拡張スロット

Mini PCI Expressスロットや、mSATAスロットマザーボードによっては、Mini PCI Expressスロットや、mSATAスロットを実装しています。これらはPCI Express規格の転用技術です。両方ともコネクタ部分が共通ですが、信号形式は異なっているため混用はできません。

Mini PCI Expressスロットでは、主にハーフサイズのワイヤレスLANカードが搭載されます。mSATA(Mini SATA)スロットでは、主にmSATA SSDが搭載されます。

公式:HPオンラインストア

メーカー直販 【hpノート&タブレットPCの一覧と、キャンペーン詳細はこちら icon

レビュー兄さんの人気パソコン調査TOP